生まれる前にやっておこう!ベビー服の水通し 洗剤は?いつまで続ける?

出産準備中に、関連図書やサイトなどで

必ず目に入ってくる言葉「ベビー服の水通し」。

水通しって何?何かの儀式?いつまでにやればいいの?

やらないと大変なことになるのかな?

など、初めて目にする人には疑問がつきません。

でも、特別なことではないのです。

難しいことでもありません。

以下に、ベビー服の水通しについて紹介していきます。

 

水通しの意味と理由

 

 

水通しとは、赤ちゃんの着る肌着やベビー服を、


【スポンサーリンク】

赤ちゃんが着る前にあらかじめ洗濯しておくことを言います。

なぜ着る前に洗濯するのかと言うと、

生地を柔らかくして汗の吸収率を高め、

赤ちゃんの肌トラブルを防ぐのが目的です。

ベビー服は、初めは糊がついている場合もあり、

硬かったり着せにくかったりします。

赤ちゃんの柔らかい肌に傷がついてしまわないか、

かぶれたりしないか心配ですよね。

また、赤ちゃんはとても汗っかきなので、

新品の服をそのまま着せるより先に洗って

繊維を立たせ、吸収率を上げておく方が良いでしょう。

 

私は、頂き物の日本製の真っ白なベビー服を

水通しするか迷ったことがあります。

ですが念のためにと手洗いしてみると、

真っ白な服なのに透明な水が真っ黒になったのです。

ゾッとしました。目に見えない汚れが、

繊維の中にはたくさんあるんだとはっきり分かりました。

日本製だから、新品だから、

ベビー服だからと過信せず、必ず水通しはしてください。

生まれたての赤ちゃんの肌は、

思っている以上に柔らかく繊細なのです。

 

水通しのやり方は?手洗いか洗濯機か?

 

 

水通しは、洗濯機でも手洗いでもどちらでも大丈夫です。

洗剤は、先述のように汚れがかなりついているので


【スポンサーリンク】

使用した方が良いと個人的には思います。

ただし、「無蛍光」と書かれたものをおススメします。

蛍光増白剤は、衣類を真っ白にするためのもので、

赤ちゃんの肌には刺激が強いと言われています。

赤ちゃん用品売り場に置いてある赤ちゃん専用の

洗濯洗剤には蛍光増白剤は入っていませんので

そこから選ぶか、一般的に売られている無蛍光のものを

購入すると良いでしょう。

また、柔軟剤は使用しません。柔軟剤は衣類に残るので、

肌トラブルの元となります。

これも、柔軟剤入り赤ちゃん洗剤がありますので、

どうしても柔らかさが欲しいという方はそれらを選ぶか、

クエン酸を入れてみてはいかがでしょうか。

 

水通しは、いつまでにやっていつまで続けるの?

 

 

何歳までは水通しをしないといけない、

という決まりはありませんが、基本的に

新品の服は何歳になっても洗っておいた方が

良いとは思います。見た目はキレイですが

やはり初めの段階からあなたの手元に届くまで、

何人もの手に触れられており、

何度も機械を通っています。

梱包の状態も滅菌状態でなされているわけではないので、

ピカピカ清潔とは断言できません。

 

赤ちゃん専用洗剤は、

1歳くらいまでという方も多いようです。

私の場合は、赤ちゃん専用洗剤は1歳半まで、

それ以降は無蛍光の一般的な洗剤を

大人と共用で使っています。

(衣類も一緒に洗うようになりました)

 

まとめ

 

1.ベビー服の水通しとは、

赤ちゃんが袖を通す前に一度洗っておくこと。

洗濯機でも手洗いでもOK

2.洗剤は無蛍光のものを使用し、柔軟剤は使わない。

柔軟剤代わりにはクエン酸がおススメ

3.水通しは何歳までと決まってはいないが、

安全のため新品の衣類は洗う方が良い

 

生まれてくる赤ちゃんが気持ち良く安全に

ベビー服を着られるための準備なので、

気負うことなくルンルン気分で準備しましょう!

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*