焦げ付き鍋が重曹を使ってピッカピカの新品に大変身!!

お気に入りで買った鍋。

綺麗に使ってるつもりだったのに

いつのまにか焦げ付きがついてるって事ありませんか?

 

焦げ付きって簡単に取れなくて、「まっいいか」なんて放置しておくと

ますます焦げ付きが酷くなってきて、泣く泣く鍋を始末しなくちゃいけない経験は

誰にでもあると思います。

 

そんな悲しい経験は、重曹で解決です!

では、詳しく見てみましょう。

 

重曹が使える鍋の素材は?

重曹は弱アルカリ性です。

なので、アルミの鍋は使えません。変色したり腐食して穴が開いたりします。


【スポンサーリンク】

テフロン加工のものも特殊コーティングが剥がれてしまう可能性があるので

なるべく使わないようにしましょう。

使える鍋はステンレス、土鍋、ホーロー、鉄です。

 

次は、いよいよ落とし方です。

 

鍋の内側の焦げ付きの落とし方

準備する物は重曹大さじ1杯、水1リットル、ゴム手袋、スポンジです。

次は手順です。

⒈鍋に水を入れ、重曹を入れ、蓋をして極弱火で加熱します。

重曹は水から入れてください。

お湯に入れると発泡して吹きこぼれてしまうので、注意してくださいね。

⒉沸騰したら、そのまま10分ほど加熱します。

⒊火を止めて、蓋を開けてそのまま放置。

⒋粗熱がとれたら、ゴム手袋をつけてスポンジで焦げ付きを洗います。

⒌重曹が残らないように、きれいにすすいで終了です。

 

重曹と水は、鍋の大きさで、調節してください。

 

続いて、1番気になる外側です。結構、こびりついてますもんね。

 

鍋の外側の焦げ付きの落とし方

まず簡単な方法の、つけ置きの方法です。

準備する物は重曹、40〜50℃のお湯、鍋が入るくらいのビニール袋、ゴム手袋、スポンジです。

 

⒈ゴム手袋をします。

⒉シンクの中にビニール袋を広げます。

⒊お湯9:重曹1の割合でビニール袋に入れてかき混ぜ、鍋を入れます。


【スポンサーリンク】

外側の焦げ付きが浸かるように、入れてください。

⒋30分ほどつけ置きします。

⒌スポンジで洗って、重曹が残らないように、きれいにすすぎます。

 

軽い焦げ付きならとれそうですが、頑固なのはちょっと…と言う場合はこちらです。

 

頑固な焦げ付きは、煮洗いです。

準備する物は重曹、水、焦げ付きの鍋が入るぐらいの鍋、鍋が浮かないように鍋に入れる重石

ゴム手袋、スポンジです。

重曹はコップ1杯の水に大さじ1杯くらいが適量です。

 

⒈一回り大きい鍋に水と重曹を入れる。

焦げ付き鍋を入れた時、こぼれない量を入れてください。

⒉焦げ付き鍋を入れて、火にかけます。お湯が沸騰してから5分ほど煮続けます。

⒊5分後火を止めて、2時間放置します。

周りが重曹が飛んで白くなりますが、簡単に拭き取れますので、大丈夫です。

⒋2時間後、スポンジで洗います。

⒌脇は落ちても、底が落ちてない場合があります。その時はもう一度新しい重曹水で煮て、2時間放置をします。

⒍水できれいにすすぎます。

 

ちょっと手間はかかりますが、きれいになりますよ。

さらにひと手間は、これです。

 

細かい部分の重曹ペーストパック

重曹2:水1の割合で重曹ペーストを作ります。

これをとっての付け根などの細かいところに塗ります。しばらく置いて汚れが浮いてきたら

スポンジでこすり洗います。

後はきれいにすすいでくださいね。

 

まとめ

1.重曹が使える鍋の種類鍋はステンレス、土鍋、ホーロー、鉄

2.鍋の内側の焦げ付きの落とし方は水と重曹で加熱

3.鍋の外側の焦げ付きの落とし方の簡単な方法はつけおき洗い

4.鍋の外側の頑固な焦げ付きは煮洗い

5.細かい部分の重曹ペーストパック

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*