ゴキブリ・虫除け対策に!ハッカ油が効果アリ!

暖かくなってくるとどこからともなく虫が沸いてきますね。

私も虫が苦手なので過ごしやすくなって嬉しくなる反面、

 

窓を開ける時は虫が家に出るんじゃないかとビクビクしています。

ところで私はハッカ油を掃除に使っています。

 

いい香りがして掃除が楽しくなるのが目的だったのですが、

このハッカの匂いが虫除けにも効果があったのです。

 

掃除にも使えて虫よけもできるなんて一石二鳥ですね。

今回は虫除けのためにハッカ油をどのように使用すればいいかをまとめました。

ハッカ油とは

ハッカ油とは、ハッカソウというミントを乾燥させてそこからとった油のことです。

つまりミントのアロマオイルということですね。


【スポンサーリンク】

 

匂いもミントのツーンとした爽やかな香りがします。

さっぱりしたい気分の時にはもってこいです。

 

私はいつもこのハッカ油を近所のドラッグストアで買っています。

使いきりやすい量でいいですね。

 

夏にはお風呂に入れても入れてもいいし、水拭きのバケツに垂らしたりも使えるので、ひと瓶すぐに使い切れますよ。

 

このままだと使いにくいので一滴ずつ出すのに、スポイトが便利です。

 

 

 

ゴキブリ撃退!ハッカ油スプレーを作る。

・ハッカ油 20滴

・無水エタノール 90ml

・水 10ml

 

以上をスプレー容器に入れてよく振ります。

これだけで完成です。

水とエタノールは9対1にしましょう。

これを掃除の時にあちこちに振りかけながら掃除をします。

 

・布に吹きかけて家電製品を拭く

・床を拭く

・棚の上を拭く

・網戸にも吹きかける

・台所の三角コーナーにも

 

ゴキブリや虫はこのミントの匂いが嫌いなので、近寄ってこなくなります。

おまけに部屋中にミントの香りがしてなんとも爽やかな気分になれるでしょう。

掃除をしたという達成感も得られるのでオススメです。

 

無水エタノールとは?入手場所について

無水エタノールとは、アルコールのことです。

注射の時に拭く消毒液がありますね。

あれをさらに濃くしたものになります。

 

注射の消毒液のアルコール度数70パーセントなんですが


【スポンサーリンク】

この無水エタノールはアルコール度数が99パーセントのものです。

 

注射用の消毒液は腕を拭くとすぐに揮発してしまいますね。

無水エタノールはさらに濃いので、さらに揮発しやすくなります。

 

「無水エタノールを使ったことがないけど、どこで手に入るの?」

という方もいらっしゃるかと思います。

 

掃除の他にも玄関に飾るアロマスティックなども作れますので、一家に1本持っておきたいアイテムです。

 

 

 

我が家でハッカ油を使ってみたら・・・

我が家でも早速ハッカスプレー作って掃除してみました。

家の中で一番虫が気になるのがキッチンですよね。

なのでキッチンで使ってみました。

 

結果・・・エタノールの力で台所がぴかぴか、

おまけにミントの香りでいつも以上に掃除した場所がさわやかに感じられます。

そこへ子供がやってきて

「お掃除してるの?手伝うー」

とやってきました。

 

そうしてミントのにおいに気がついたのか、クンクンにおいを嗅いで、

「あれ?コレ良いにおい!気持ちいいねー」

と喜んでいました。

 

旦那にも好評。

今ではハッカ油にはまって、お風呂のお湯にもよく入れています。

我が家の必需品となりました♪

 

まとめ

ハッカ油と無水エタノールで手軽に虫撃退スプレーが作れることがわかりました。

おまけに家がとてもいい匂いになるので、おすすめです。

 

みなさんもぜひおすすめですのでお試しくださいね!

今年の夏はハッカ油スプレーで掃除して、虫を撃退しましょう。

(tumura)

 

関連記事

ライフスタイルのちょっとした変化で大掃除がいらなくなる?!
いつの間にか、たまっていたホコリ 子供が汚すトイレマット テレビ裏のほこり。 そんな時に、「大掃除までほっておこう」 ...

【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*