十五夜の意味はご存知ですか?子どもに教えたくなる豆知識。

「十五夜は満月を見て、月見団子をお供えして、

農作物の収穫の感謝と来年の収穫を願う行事です。」

 

さて、この文章の中に間違いがある事が分かりますでしょうか?

 

十五夜がお月見をする日だという事はご存知だと思います。

お月見とは満月を見る事ですよね。

 

しかし、ここで驚愕の事実をお伝えします。

実は、十五夜は必ずしも満月ではないのです。

 

では十五夜は何の日なのでしょうか。

ここでは、十五夜のちょっとした豆知識をご紹介したいと思います。

 

十五夜はいつだかご存知ですか?

さて問題です。十五夜は何月何日を指す日だかご存知ですか?


【スポンサーリンク】

8月15日と答えたあなた、少し惜しいです。

 

正解は「毎年違う」です。

そうなんです。十五夜は毎年違うのです。ご存知でしたか。

 

8月15日は旧暦の十五夜です。

今は新暦(グレゴリオ暦)なので毎年9月〜10月上旬頃になります。

毎年違う日が十五夜となっているのです。

 

2011年は9月12日  

2012年は9月30日  

2013年は9月19日   

2014年は9月27日   

2016年は9月15日

2017年は10月4日

 

なぜ十五夜という呼び名なのでしょうか。

十五夜とは、本来は満月の事です。なので、十五夜は実は毎月来ます。

旧暦の8月15日を中秋の名月といってお月見をする日になっています。

 

十五夜の15という数字は新月から満月になるまでに日数を差しています。

実は月の満ち欠けの状態によって、呼び名がついているのです。

 

旧暦は太陰太陽暦といって月の満ち欠けで日付が決まっていました。

新月と時が1日、満月が15日、新月になるとまた1日です。

 

1日頃 新月

2日頃 繊月(せんげつ)

3日頃 三日月

7日頃 上弦の月

10日頃 十日夜の月(とおかんやのつき)

13日頃 十三夜の月(じゅうさんやのつき)

14日頃 小望月(こもちづき)

15日頃 満月【十五夜】

16日頃 十六夜の月(いざよいのつき)

17日頃 立待月(たちまちづき)

18日頃 居待月(いまちづき)

19日頃 寝待月(ねまちづき)


【スポンサーリンク】

20日頃 更待月(ふけまちづき)

23日頃 下弦の月

26日頃 有明月(ありあけづき)

30日頃 三十日月(みそかづき)

 

一番有名なのは「三日月」ではないでしょうか。

これは新月から三日目の夜の月の事を差します。

 

月の満ち欠けで日付が決まるなんて

なんだかとってもロマンチックなお話ですよね。

 

昔は日常生活と自然がとても深く関係していたんですね。

 

十五夜が満月ではない理由

冒頭でお話したとおり、十五夜は必ずしも満月ではありません。

 

新月から満月までの日数が毎回15日となる訳では無いので

十五夜は必ずしも満月ではないのです。

 

旧暦では8月の十五夜が一番月が綺麗で美しいとされていました。

 

新暦になった事と、技術の進歩により、

自然の仕組みが色々わかってきて、ズレが生じてきたのですね。

 

古今和歌集や、万葉集などに月を想って書いた歌が多い気がします。

十五夜が満月であるか、そうではないかという事よりも

月を味わう粋な心を忘れたくはないですね。

 

十五夜の意味を知っていくと、暦や月の満ち欠けなど

勉強になる事が非常に多く、お子様との学習にも良い日ですね。

 

ちなみに、子ども向けに十五夜の由来ついて説明したいなら

こちらの記事を参考にしてみてください。


【十五夜】お供え物の意味って?月ってとても神秘的!!
みなさんは十五夜にお月見をしていますか? お月見をする際のお供え物といえば、「お団子」と「ススキ」ですね。 他にも秋の果物...

 

月見団子を食べながら、月の満ち欠けで暦が決まっていた事や

月は太陽の光で照らされているということなど話してみてはいかがでしょうか。

 

十五夜をきっかけに科学に興味を持つ良い機会となれば良いですね。

 

(洋 柑寿喜)


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*