かわいい名前に騙されるな!雪虫の生態と大量発生の理由とは!?

雪虫、なんて聞くと何となく

あぁ冬の訪れを感じる虫かしら…風流ね」

と思ってしまうかもしれませんね。

 

私も調べるまではそんなイメージでした。

確かに北海道では雪虫が舞うと、そのすぐ後に初雪が降るそうです。

 

しかしこの雪虫、実はそんなかわいらしい雪の妖精とは言い難いんです。

近年、雪虫の大量発生の頻度が増えてきているそうです。

この雪虫って一体何者なんでしょうか?

 

雪虫の名前と生態

 

雪虫は、北海道では10月頃の冷え込みが強くなる時期に現れる虫です。


【スポンサーリンク】

雪虫が見られると、その10日以内には初雪が降ると言われています。

この雪虫、正式名称をトドノネオオワタムシと言って、アブラムシの仲間なのです。

もうアブラムシと分かっただけでかわいくも何ともないですね。

 

そして雪のように見えるのは、お尻の部分についた綿のようなものです。

これが雪虫が飛んだ時に、雪が舞っているように見えるのです。

とはいっても自力で行きたいところへ行けるわけではなく、風に乗って飛ばされ

辿り着いたところで儚く死んでゆくそうです。

 

雪虫は、とても弱い虫なのです。

人間の体温で弱り、飛ばされて弱り、お前いったい何のために生まれてきて

何のために死んでゆくの…そう問わずにはいられないほど、儚く弱い虫なのです。

 

雪虫の一生は、以下のとおり。

春、ヤチダモの木(実家みたいなもの)に生みつけられた卵から孵る。

この時はメスの幼虫のみが生まれる。

 

5月、成虫になったメスはトドマツの木(新居みたいなもの)に渡り

木の根元で生活し、そこでもメスのみの幼虫を産む。

秋から冬にかけて成長しながら、木の根元でアリと共同生活を送る。

 

そして最後に残った世代が、翅を持った成虫となり晩秋に再びヤチダモへ向かって飛び立つ。

この時に見られるのが雪虫です。

 

ヤチダモに辿り着くと、そこで生殖機能を持ったメスとオス(すでに成虫)を産む。

なんとこのオスメスには口がないのです。

交尾をするためだけに生まれ、交尾をしたら死んでゆく宿命なのです。

なんともシュールですね。

 

そしてヤチダモに生みつけられた卵は、春に孵るというのが雪虫のサイクルです。


【スポンサーリンク】

合理的なのか不器用なのか分からない生態、それが雪虫…。

 

恐怖の大量発生の理由は?

そんな雪虫、2~3匹程度がふわふわ舞っているだけなら確かに風流ですが

そんなかわいいものではありません。

数万匹?数十万匹?どれくらいの数なのか分かりませんが

雪虫が大量発生し町中を飛び回る図は、吹雪さながら。

 

これが桜なら最高ですが、吹雪いているのは雪虫です。まさに地獄絵図。

こんなにも大量発生したのは、はっきりとした原因は分かっていないそうですが

恐らく2015年は気温がわりと高い日が続き

雪虫が成長しやすかったため大量に発生したのだろうということでした。

 

現在は北海道や東北にのみ生息している雪虫ですが

近年の地球温暖化により今後どんどん南下してくる可能性もあるということです。

そうなったら他人事ではありませんね。

 

雪虫の飛ぶ日に外出する場合 

雪虫の綿部分はロウのようなもので触るとベタベタしていて

これが車やメガネ、服などについて大変なのです。

こんな大量発生の日は家から出ないことが一番ですが、どうしても外出しないといけない場合は

帽子、ゴーグル、マスク、合羽などのツルツルした上着を着て外出するのが良いそうです。

まるで花粉症対策ですね。確かに、花粉並みに厄介です。

また、バイクや自転車に乗ると雪虫がぶつかって潰れてしまうため

ゆっくり歩く方が良いみたいです。

 

服についた場合は手で払うと潰れてベターッと筋になってしまうので

やわらかい布で払いましょう。知れば知るほど厄介な虫ですね。

 

冬の訪れを伝える風物詩・雪虫。

外出時には完全防備でゆっくりと歩行し

乗り物に乗る場合は充分気をつけて運転してくださいね。

 

まとめ

1.雪虫とは、北海道及び東北に生息しているアブラムシの仲間

2.気温が高い日が続く(地球温暖化)のが原因で大量発生の頻度が上がっている

3.雪虫の飛ぶ日に外出する場合は、顔や服の中に入らないよう完全防備でゆっくり歩くこと


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*