お月見の由来を保育園の子供にも教えられるわかりやすさのコツ

お月見とは、満月を眺めて、愛でて味わうこと。

 

保育園や幼稚園では、秋になると「お月見会」があるところも多いと思います。

秋になると「十五夜(じゅうごや)」があるからですよね。

満月は毎月見れるのに、何故わざわざ十五夜(じゅうごや)という日にお月見をするのでしょうか。

 

 

子供「ねぇねぇママ。

お月見ってなぁにー?

どうしてお月見をするのー?」

 

ママ「えぇとねぇ・・・

お月見かー。ママにはちょっとわからないかなぁ・・・」


【スポンサーリンク】

 

子供「そっかあー・・・(呆れ)」

 

と答えてしまってはお母さんのプライドが・・・

そんなことにならないよう、小さいお子様にもわかりやすくお月見を説明するポイントをお教えいたします。

 

「お月見」の由来とは

「お月見」の風習は中国から伝わった事がはじまりだといわれています。

 

中国では中秋節(ちゅうしゅうせつ)という月を祭る日に、

月餅という月にみた立てた丸いお菓子を食べると幸せになれるとして、

縁起が良いとされてきました。

 

十五夜が「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」と言われるのもこの為です。

さらにこの日は、満月が一番明るく綺麗に美しく見える日とも言われています。

詳しい中秋の名月の由来についてはこちら

【十五夜】お供え物の意味って?月ってとても神秘的!!
みなさんは十五夜にお月見をしていますか? お月見をする際のお供え物といえば、「お団子」と「ススキ」ですね。 他にも秋の果物...

 

この風習が次第に庶民に伝わることで、日本独自のお月見文化を確率していきます。

 

縁側に魔除けのすすきを飾り、豊作の象徴として月見団子を供え、

農作物の豊作の祈願と、収穫の感謝をする行事となっていきました。

欠ける事のないまんまるい満月は豊作の象徴だったのです。

 

近年ではお月見のお供え物といえば「月見団子」ですが、

昔は「芋名月」とも呼ばれていました。

 

まだ稲作が一般的となる前、日本人の主食は里芋だったのです。

そのことから月の形に似ているという事ともあり里芋を供えていました。

 

余談ですが、子供はこの日、どこの家のお供え物も盗んで食べて良い食べて良いとされていたそうです。

「お月見泥棒」といい、お月見のお供え物を盗まれた家は、翌年豊作になると言い伝えがありました。

少し驚きの縁起担ぎですね。

 

小さいお子様にお月見を説明には

次の3点がポイントです。


【スポンサーリンク】

 

・一年で一番きれいな満月を見て楽しむ。

・農作物の収穫に感謝し来年の収穫を願う。

・お団子を食べて食べ物に感謝する。

 

これらを「昔からの言い伝え」という形で説明してあげると、お子様にも分かりやすいですね。

 

例えば

・「昔からの言い伝えでね、

今日は一年で一番きれいな満月の日って言われているんだよ。」

 

・「とれた野菜やお米などの食べ物に感謝してありがとう、

来年も食べ物が食べれますようにって願うんだよ。」

 

・「お月様に似ているお団子を食べて元気をもらおうね。」

 

「ありがとう」という感謝の気持ちと

「元気でいようね」というメッセージをお子様に伝えられるといいですね。

 

今回はお月見を例にとって子供にもわかりやすい説明の仕方でしたが

子供は聞きたがり屋。

疑問におもったことをすぐ聞いてきます。

 

そんなときに自分の説明がわかりずらかったら

しだいに質問するのをやめて

子供の好奇心を奪ってしかねません。

 

そうならないためにも、私が意識している相手にわかりやすい伝え方を伝授します。

 

子供にも伝わるわかりやすさとは

子供にも伝わるわかりやすさのポイントは

「相手を知ること。」

 

 

これはどういうことかというと

子供は知っていることが大人よりも少ないからです。

つまり、子供は言葉を覚えていないから説明しても伝わらないのです。

 

実際に私達のまわりでも相手の言っている意味がわからなかった

経験をしていると思います。

例えばスターバックスでコーヒーを注文するとき

 

「サイズはショート、トール、グランデ

いかがになさいますか?」

 

んんん?

トール?グランデ?

Mサイズはないの?

 

初めての注文でとまどいませんでしたか?

 

ちなみに

スモールとトールは英語

グランデはイタリア語から来ているそうです。

 

私達はアメリカ人でもイタリア人でもありません。

言葉を知っていないからわからなかったのです。

 

このように子供にわかりやすい説明には

最低限こどもが知っている言葉から始まります。

そのために必要なことが相手を知ることなのです。

 

 

わが子が知っているものを思い浮かべてください。

好きなおもちゃ、テレビ番組、アニメ、保育園で勉強していること

 

わかりやすさは相手を知ることから。

相手を知って

「どういう言葉を使えば子供に伝わるのか」

を考えましょう。

そうすればわが子にも十分言いたいことが伝えられる説明が

自分自身で考えられるようになるでしょう。

 

(洋 柑寿喜)

 

関連記事

十五夜の意味はご存知ですか?子どもに教えたくなる豆知識。
「十五夜は満月を見て、月見団子をお供えして、 農作物の収穫の感謝と来年の収穫を願う行事です。」 さて、この文章の中に間...

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*