アイランはトルコの国民飲料!塩味ティストが意外にも美味しい♬

日本が誇る和食。

2013年12月にはユネスコ無形文化遺産に

登録されたのが記憶に新しいですね。

 

では世界三大料理は何か、と聞かれて

すぐに答えられますか?

答えはフランス料理、中華料理、

そしてトルコ料理です。

 

日本人にとって中華料理はもちろん、

フランス料理は長い間親しまれています。

ではトルコ料理は?


【スポンサーリンク】

 

トルコと言えば、首都はアンカラ。

イスタンブールはヨーロッパで

最大都市の1つであり、

カッパドキア・エフェス・パムッカレ

三大遺跡などがあり、

大変古くから栄えてきた歴史のある国です。

 

そんなトルコが

世界三大料理の1つに入っています。

早速、5つの特徴を見ていきます。

①ケバブに代表される肉料理

②サルチャ(トマトペースト)を使ったトマト煮込み

③豊富な海の幸

④パンが美味しい

⑤ヨーグルトは実はトルコが発祥

 

トルコは国民のほとんどがモスリムなので

豚肉は食べませんが、

羊肉、鶏肉そして牛肉はよく食べます。

そして、地中海に面した土地柄から、トマトや玉ねぎ、

そしてオリーブオイルを使った料理が多く、

また、黒海・マルマラ海・地中海と

三方海に囲まれたトルコは

イワシが有名だったりと海の幸を楽しめるのです。

 

2011年の東日本大震災の支援活動で出会った

トルコ人女性。

エルトゥールル号が遭難した時の

日本人への恩を忘れず

多くのトルコ人が親日家ですが、

彼女もその1人でした。

 

そして私たちが義援金集めをする際には

友達に声をかけて手作りのトルコ料理や

お菓子をたくさん寄付してくれました。

そしてある時、彼女がトルコ人コミュニティ開催の

イベントに招待してくれました。

 

たくさんのトルコ人で賑わうホールには

トルコの刺繍が綺麗な布や服・おもちゃなどの

販売に加えてトルコ料理がありました。

オープンキッチンの中では

7名くらいの女性が料理しています。

その中から友人お勧めを何品か買いました。

ラム肉グリルや野菜がオリーブオイルと

トマトソースで煮込まれたものなど。

屋台感覚で目の前で作られるのを見ながら

食べたトルコ料理はとっても美味しかったです。

日本人の口にとっても合うと思いました。

 

そして、⑤ヨーグルトは実はトルコが発祥、

これご存知でしたか?

 

 

ヨーグルトと言えばブルガリア、

と思っている人も多いのではないでしょうか?

私もその1人でした。

諸説はいろいろありますが、

トルコ人はヨーグルトをよく使います。

日本人のように健康食やおやつと食べるのではなく、

スープとして料理に使ったり、

料理の仕上げのソースに使ったりします。

 

ヨーグルトの発祥の地とも言われるトルコ。

ここトルコにヨーグルトを使った飲み物があります。

’’アイラン’’という名前を聞いたことがありますか?

 

一言でいうと、塩味バージョンの飲むヨーグルト、


【スポンサーリンク】

それがトルコの”アイラン”です。

アイランはこってりしたトルコ料理とともに

いただくととっても爽やかで、

甘い飲み物とは違う飲んだ後の甘ったるさがないのです。

 

塩味飲むヨーグルトのアイランを作ってみよう

 

飲むヨーグルトが塩味?

日本人には親しみのないこのアイラン。

トマトジュースやこんぶ茶のように

塩気があるというと

皆さん、想像できるでしょうか。

 

もともと、ヨーグルトに塩を加えて

長期保存しようとしたことが

起源と考えられています。

今ではトルコではお茶のように

普通に飲まれているらしいです。

トルコのお店で注文すると、

グラスの上部にはパフパフの泡が

たくさん乗っています。

マクドナルドにさえあるといい、

日本でいうところのお茶やコーヒーと

同様のようです。

 

そしてその作り方はいたって簡単です。

水とヨーグルトを混ぜるだけ!

ヨーグルト200ml

水200ml

塩小さじ1

・ミキサーに材料を全部入れます。

・泡立つくらいに混ぜます。

・ミキサーでなく、

泡立て器で泡立てても大丈夫です。

 

ヨーグルトが少し多いくらいが美味しいです。

水の代わりになんと、きゅうりの汁を使ったり、

にんにくを入れることもあるようです。

 

 

健康や美容のヨーグルト効果を期待できますし、

爽やかにぐびぐび飲め腹もちが良いので

食べ過ぎ防止にもなりそうですね。

 

オリジナルアイランに挑戦!

 

ラッシーについても記事を書いていますが、

アイランでもいろいろなバージョンが作れます。

 

<香辛料を加える>

香辛料を入れて風味をつけるのもアリですね。

例えば、胡椒。

黒胡椒を入れて風味を楽しんだり、

辛味が欲しい時は白胡椒という風にです。

 

 

<炭酸水を使う>

夏など暑い日は水の代わりに炭酸水を使って

スカッとするアイランが作れます。

レモンやライムを添えると

さらに爽やかになりますね。

 

<烏龍茶を使う>

お茶+乳酸菌の究極のヘルシーアイランはいかがですか?

麦茶でも緑茶でもなんでもイケます。

 

このように甘くないアイランには

色々なものが合ってしまうのです。

胡麻もきっと風味の違うアイランを作れそうですね。

 

いかがでしたでしょうか?

日本にあるように各国にも

それぞれの食文化があります。

飲み物1つとってみても、

その国の生活やそれぞれの意味がわかったりで

面白いですね。

これを機会にちょっとだけ

トルコを体験してみませんか?

 

ここまでお読みいただき、

ありがとうございました。

 

(椿)

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*