タイムは万能?美味しいだけでないうれしい効能

皆さんはお家で

ハーブを使うことがありますか?

ローズマリー、

オレガノ、

セージ、

バジル、

ミント、

コリアンダー、

これらのハーブはお肉料理に、

多くの家庭が使っているのでは


【スポンサーリンク】

ないでしょうか?

 

馴染みのあるシソ、クレソン、ルッコラ、

これらもハーブですね。

 

それではタイム・thymeはどうでしょうか?

 

タイムはシソ科です。

ピリッとしたスパイシーな風味で、

後味はすっきりしています。

万能香辛料と言われるタイムは、

特別食材を選ぶことがないですが、

やはり相性のよい食材はお肉ですね。

 

鶏肉のトマトソース煮込み、

ポークソテー、

ハンバーグ、

肉や魚の臭みとり、

など、様々な使われ方があります。

 

料理のレシピを見ていたら

タイムが使われていた、

普段の味付けが甘辛や塩胡椒などと

マンネリしていたので

レパートリーを増やすために

家庭菜園でハーブを育て始めたので

それがきっかけに、

レストランで食べたメニューに

使われていたので真似てみたり、

 

タイムを使って良かったことは、

料理に深みが出た、

肉料理の臭みが取れた、

シンプルな料理がレベルアップした、

など、風味がよくなるので、

良いことずくめですね。

 

我が家のローストチキンはタイムを使って

 

我が家の人気メニューの1つは

ローストチキンです。

まずチキンにバターを塗る、

シーソルトや胡椒を振りかける、

ガーリックや玉ねぎなど野菜を添える、

最後に生の「タイム」やローズマリーを

チキンの表面のところどころに刺す、

そしてオーブンへ。

 

ハーブを使うのと使わないのとでは、

味の奥行きが全然違ってきます。

ローストチキンにタイムなど

ハーブは欠かせません。

 

お料理が美味しくなるタイム。

それではどんな効能があるのか

知っていますか?

 

タイムの嬉しい効能とは

 

まず第1の効能としては、抗菌・殺菌作用に

とても優れている点でしょう。

サポニンという成分が入っていて、

気管支炎や喘息に有効で

痰を取り除いてくれるのです。

風邪やインフルエンザ、

胃腸炎などの感染症にもいいと

言われています。

 

第2の効能ですが、免疫力を高めてくれ、

弱った体を助けます。

身体全体の働きを促進して、食欲を増進させ、

精神的な疲労を取る作用があります。

 

このような効能があるタイム、

風邪が流行りだす時期、

春先の花粉症が辛い時期、


【スポンサーリンク】

 

または、

人混みの場所に行く前、

悩み事のある時、

夏バテかな?と思う時、

などに摂ると、効能を

実感できるかもしれませんね。

2

身体に優しいタイムティーの取り方

 

効果的に免疫力をあげるには

ハーブティーがおすすめです。

洗った生のタイムを耐熱ポットに入れ、

そこに熱湯を注いで3分ほど待つだけで

出来上がりです。

お好みでミントやローズマリーを

一緒に入れても良いです。

せっかくですから効果的に飲みましょう。

基本的に毎食後3回飲むと良いのです。

1度に3杯でなく、

等間隔で3回に分けたほうが効果的です。

早朝の空腹時や寝る前に飲むのも効果的です。

3

私の場合、朝起きてすぐはちょっと無理ですが、

夫が仕事へ、息子が学校へ出かけた後、

そして家事がひと段落した時に、

1人優雅なme timeのお供にいただいています。

 

実際の効能もさることながら、

気持ちが落ち着くのでメンタルにも

とっても嬉しいです。

なんと言っても、

自家製(大げさですが笑)なので

安心感があり、

自分のために一手間かけた

という感じが好きです。

 

このように色々な効能があるタイムですが、

妊婦さんや授乳中、高血圧の人は、

長期常用や多量引用は避けてください。

4

キッチンをリフレッシュ。タイムでお気に入りスポットを作ろう

 

タイムは見た目も可愛いですね。

生のタイムをポットで買って、

お料理やお茶で使うまで

キッチンに置いて、

自分のお気に入りスポットを作るのは

いかがですか?

その場合は日陰でも育ちますが、

なるべく日当たりの良いところに

置くほうが元気に育ちます。

気分も違ってくるでしょう。

 

タイムの花言葉は、

勇気、活気、清潔感、

あなたの姿に感動する、です。

 

タイムや他のハーブを上手に生活に取り入れて、

健康で活気のある毎日を過ごしましょう!

 

ここまでお読みいただき、

ありがとうございました。

 

(椿)

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*