肝心なのは下ごしらえ!冷凍の仕方ひとつでお肉料理を美味しく

毎日のメニューを考えるママ。

今日も1週間分の買い物に行って、

数種類のお肉を買ってきました。

 

さて、あなたはどうやって

お肉を保存していますか?

鮮度を失わないために、

週後半に食べるお肉は

冷凍保存してる人が多いでしょう。

 

冷凍する場合、どのようにしていますか?

お肉が入ったパックを


【スポンサーリンク】

そのまま冷凍庫に入れますか?

お肉を保存袋に入れて冷凍していますか?

 

冷凍保存する時に

ちょっとだけ手間をかけるだけで、

料理時に楽チンで

美味しいおかずができます。

ちょっと遅めに家に帰った時、

仕事で疲れている時に

ささっと作れる

美味しいおかずは嬉しいですね。

 

今回は、冷凍保存のコツについて

ご紹介してまいりましょう。

 

使える!下味冷凍レシピ

 

上手は冷凍保存には

「下味冷凍レシピ」がズバリ、

お勧めです。

 

焼いたり、煮たりの手間はいりません。

買ってきたお肉に下味を先につけちゃう、

それだけがコツなのです。

下味冷凍レシピのメリットは、3つ!

 

①時短になる

買い物をした後、そのまま

ちょっとの時間を下味つけに使うだけで、

使う時の手間がとても省かれます。

 

下味のついたお肉を解凍し、

そのまま調理できますので、

お肉を切る手間、

そして包丁やまな板を

洗う手間もありません。

 

私が特に嬉しいのは、

下味がもうついているので、

帰宅直後の忙しい時間に、

和風、中華、洋風何にしようかと

メニューを考える必要がないところです。

 

②保存期間が長くなる

下味つけをすることで

お肉の水分が逃げにくくなり、

長期冷凍保存が可能になります。

 

③美味しくなる

下味をつけて保存しておくので、

お肉に味がしっかり浸透して

美味しくなります。

 

それでは実際に下味冷凍レシピを

ご紹介しましょう。

 

・豚こま切れ肉

 

冷凍する量 400g

保存期間 1ヶ月

 

酒・水・片栗粉 各大さじ1

しょうが絞り汁 大さじ半分

塩 小さじ半分

サラダ油 大さじ半分


【スポンサーリンク】

 

①ボールにサラダ油以外の

全ての材料を入れ混ぜる。

②最後にサラダ油を

加えてさらに混ぜる。

③冷凍用保存袋に

調味液ごと入れます。

④薄く平らにして中の空気を抜き、

口を閉じて冷凍する。

 

解凍したら、

焼いた仕上げにお醤油を足して生姜焼き、

色々な野菜と一緒に甘辛煮、

また焼きうどん、焼きそばに

使ってもとっても美味しいです。

・豚厚切り肉

 

冷凍する量 2枚×2

保存期間 1ヶ月

 

塩小さじ1

胡椒少々

オリーブオイル大さじ1

 

①豚ローストンカツ用肉を筋切りする。

②両面に塩・胡椒をふる。

③全体にオリーブオイルを塗る。

④冷凍用保存袋2袋に2枚ずつ、

重ならないように入れる。

⑤中の空気を抜き、口を閉じて冷凍する。

 

解凍したら、

そのままソテーして

やわらかポークソテー、

ひよこ豆と一緒にトマト煮込みなどは

いかがですか?

 

・鷄むね肉

 

冷凍する量 2枚

保存期間 1ヶ月

 

カレー粉 大さじ2.5

塩麹 大さじ5

はちみつ 小さじ2

しょうが汁 1片

玉ねぎすりおろし 半個分

 

①全ての材料をボールに入れ混ぜる。

②鷄むね肉は脂を切り取り、

厚みを均等にしておく。

③冷凍用保存袋に調味液と

鶏肉を入れます。

④中の空気を抜き、口を閉じて冷凍する。

 

解凍したら、

そのままフライパンで焼くだけで

美味しいカレー風味チキンソテー、

鶏肉を焼いて、野菜とご飯を

混ぜるだけで美味しいチャーハン、

パン粉をつけて焼くだけでも

美味しいです。

 

いかがでしたでしょうか?

保存の時に一手間かかりますが、

使う日には楽チン、

食べても美味しいこの

「下味冷凍レシピ」、

ぜひご活用ください。

 

下味をつけることに慣れていくと、

味付けにバリエーションがでてきて、

ご飯のレシピも増えていきますよ!

 

ここまでお読みいただき、

ありがとうございました。

 

(椿)

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*