冷凍食品をお弁当に入れてから自然解凍する時間を知っておこう!

「冷凍食品」ってすごい便利ですよね。

お弁当をはじめ、

毎日の生活に重宝します。

主婦の強い味方です。

 

しかもおいしい!

悔しいですが、

チャーハンは自分で作るより

おいしいです。

 

私はニチレイの

チキンライスの長年のファンです。


【スポンサーリンク】

始めて食べたときは

感動すらしました。

 

ほうれん草の胡麻和え、

春巻き、オムレツ…。

今や、何でもそろいます。

冷凍食品だけで、

1食分のお弁当ができちゃいますね。

 

中には、レンジで温めずに

自然解凍だけでできるものまで!

我が家でも日ごろから

冷凍庫にストックしてあります。

 

そんな便利な自然解凍の冷凍食品は

レンジでチンすることなく、

お弁当に入れている間に解凍される、

という優れものです。

しかし、衛生面が大丈夫か

不安になりませんか?

私は不安でした。特に夏は。

 

家族や自分の健康を考え、

きちんと調べました。

これを知れば、

安心してお弁当作りに

励むことができますよ。

 

お弁当に入れる場合の解凍方法は?

さて、冷凍食品といえばお弁当、

お弁当といえば冷凍食品ですよね。

毎日のことなので、

調理時間ゼロの冷凍食品には

助けられますよね。

私事ですが、

ふたをパカッとあけたときの

かぐわしい香りが好きです。

 

さて、食材を冷凍庫から出して、

お昼にちょうど食べ頃にするには、

6時間前に入れるのが目安です。

6時間という時間は、

大体朝6時に冷凍食品を入れ、

12時には美味しく食べられるようにと、

食品会社が最初から設定したものです。

 

雑菌は繁殖しない?

「温かいところにずっと置いてたら、

雑菌が繁殖するんじゃ?」

と思いますよね?

とりわけ夏は心配です。

 

そんな心配をされている方は

ご安心ください。

食品衛生法で、

冷凍食品についての基準が

きちんと定められています。

 

作る工場の検査は

定期的に厳しく行われます。

もちろん、食品自体の検査も

きちんとされていますよ。

 

自然解凍の冷凍食品の

雑菌の繁殖度を調べる検査では、

「35℃で9時間」で調べています。

詳しく述べますと、

35℃に設定した装置に9時間置き、

  • 細菌数が01gを上回っていないか
  • 色、食感、風味に問題はないか

という2つの点を厳密にチェックします。

 

当然、基準に達した食品だけが

市場に出回ります。

雑菌のことは心配なく、

安心して食べることできますね。


【スポンサーリンク】

 

もう一つ、安心情報をお届けします。

実は、冷凍食品は

保存料を使用していません。

 

一般的に保存料は、

雑菌の繁殖を防いで、

食品の保存性を高めるために使われます。

が、―10℃以下で保存すると、

雑菌は繁殖せず酸化も防ぐことが

実証され、その旨は

食品衛生法にも記載されています。

そのため、さらに低い―18℃で

出来立てを急速冷凍する冷凍食品は、

保存料が必要ないのです。

うれしいですよね。

 

ところで、自家製のおかずを

お弁当に入れる人もいますが、

我が家ではしていません。

向上できちんと検査されたものと違って、

家庭で雑菌を検査するのは

無理だからです。

 

電子レンジで解凍する場合、どう変わる?

自然解凍は加熱する回数が少ないので

風味が落ちず、

よりおいしく頂けるのがコンセプトです。

なので、やはり自然解凍が

おススメなのですが…。

 

どうしてもすぐに食べたい!

というときには、

レンジの温めモードで

短時間加熱します。

思うよりもずっと早く

解凍するので、

すぐ停止ボタンを押せるよう、

目を離さないようにしましょう。

 

また、レンジで温めるときは

容器に入れてふたをして温めれば

風味が落ちづらいです。

おススメのグッズは、

シリコン製の落し蓋ですよ。

 

耐熱性に優れているので、

落し蓋のみならず、

ラップがわりに容器にふたをして、

レンジで使えます。

ラップの節約になりますし、経済的です。

 

ちなみにですが、

自然解凍ができる

冷凍食品のパッケージには、

‣「自然解凍が可能」

‣「凍ったまま盛り付ける」

‣「解凍まで室温約〇℃ 約〇時間」

など記載があるので、

購入するときに注意してくださいね。

スーパーの冷凍食品の売り場が

年々広くなっていると思うのは

私だけでしょうか?

 

まとめ

これまでのことをまとめますと、

‣お昼に食べ頃にするには、

6時間前にお弁当に入れる

‣冷凍食品は法律にのっとり

厳密に検査されているため、

雑菌は繁殖しない

‣レンジで温めることもできるが、

シリコン製の落し蓋を使えば経済的

以上でした。

 

これを知ったら、

お弁当を作らなくていい日でも、

つい冷凍食品でお弁当を作って

ピクニックに出かけたくなりますね。

私はお天気のいい日は

本当にそう思います。

冷凍食品おそるべし。

 

冷凍食品を味方につけて、

人生バラ色にしていきましょう。

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*