ぶきっちょさんでもできる!!柿の皮の簡単で安全な剥き方とは!?

秋の代表的な味覚、柿。

私は柿が大好きです。硬い柿も、

少し柔らかい柿も、熟柿も大好物です。

熟柿の場合はお尻からスプーンを刺せば

簡単に皮は破れますが、

まだ若い柿は皮も突っ張って硬いですね。

また、柿のヘタは硬くて硬くて

包丁を使っても太刀打ちできません。

柿の皮の剥き方に

苦労されている人はいませんか?


【スポンサーリンク】

柿の皮は、少しコツを掴めば

簡単にきれいに剥くことができますよ!

以下に、柿の皮の簡単な剥き方を

ご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

柿の皮を剥くときは、ヘタに逆らわない

 

 

柿は、まずお尻を上に(ヘタを下に)置きます。

柿のお尻にはうっすら十字線が入っているように

見えるくぼみがありますので、

その線に沿って包丁を入れましょう。

不思議と、この切り方をすれば

硬い種に当たることもないのです。

ヘタのところまでいくと

それ以上は切れませんので、

無理に切らずにそこで包丁を止めます。

4つに切れ目が入ったら、

あとは手や包丁でぱっくりと割れ、

きれいにヘタごと離せます。

ヘタの方から包丁を入れて、

リンゴと同じように皮を剥けばOKです。

以下に、柿の皮の剥き方動画がありますので

参考にしてみてくださいね。

 

 

私はいつもこの切り方です。

私にとっては、これが一番手っ取り早くて

安全に皮を剥ける方法です。

また、8等分のくし切りにした時は、

包丁をまな板と並行に滑らせるようにして

皮を切り取るときれいに剥けます。

 

 

でも、他にも切り方はあるようです。


【スポンサーリンク】

 

ピーラーを使ったり、そのまま剥いたりも

 

 

簡単皮剥き器、ピーラーを使う場合は、

まずヘタの葉っぱをちぎり落としてから、

刃をひっかけてお尻にかけて剥いていくのが安全です。

お尻側から剥くと、丸くて刃がひっかからず

滑って手を切る危険がありますのでご注意を。

また、りんごの一本剥きが得意な方はむしろ、

ピーラーよりも包丁でくるくると

柿を回しながら切る方が簡単かもしれません。

慣れている器具、方法で切るのが一番ですね。

どちらの場合も、ヘタの葉っぱだけちぎって

硬いヘタは残して最後に切り落とすか、

もしくは初めに包丁の先端で

ヘタをえぐり取ってから皮を剥くか、

やりやすい方でヘタを処理すると良いでしょう。

 

番外編 すごすぎる剥き方

 

 

柿の切り方でお花を作ったりする

職人技を披露される方も多いですが、

こちらは柿の皮でお花を表現している

素晴らしい動画です!

これなら、頑張って練習すれば自分にもできる…かも!?

と期待させてくれる分かりやすい剥き方で、

かつこれを出されたお客様は「すごーい!!」と

感嘆の声をあげてくれること間違いなしです!

ぜひ、ホームパーティーや女子会で

チャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

 

まとめ

 

1.柿の皮を剥く時は、硬いヘタを

包丁で切ることは避ける。えぐり取るか、

柿をカットして最後に切り落とすのが良い

2.ピーラーを使う場合は、ヘタの葉をちぎって

ヘタ側からお尻にかけて剥くのが安全

3.りんごの一本剥きのように

くるくると回しながら剥くのも良い

 

慣れた方法が一番安全ですが、

「こんな剥き方もあったんだ!」という新発見があれば、

ぜひ新しい切り方にもチャレンジしてみてください!

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*