少しの手間で安全に!!かぼちゃの切り方は、硬い皮に逆らわない!?

秋の味覚、かぼちゃ。

天ぷらにしても煮物にしてもサラダにしても

スープにしても美味しいですよね。

だけどいざ調理に取りかかってみると、

かぼちゃの皮の硬いことよ…(涙)

丸ごとが無理なら、半分にカットされてるものを…と

半分サイズを買ってきても、結局硬くて切れない!!と

泣きそうになることありませんか?

今回は、やっかいだけどめちゃウマすぎて

憎み切れないかぼちゃの皮の攻略法を紹介します!


【スポンサーリンク】

 

包丁を使って切る

 

 

包丁でざっくり切る方法です。

いやコレができないから困ってんじゃん!!と

お怒りの奥様、コツがあるんです!

以下に手順を載せますので、お試しください。

 

1.ヘタを包丁でくりぬいて穴を空ける

(反対側も同様)

2.空いた穴に菜箸をグッと差し込んで、抜く

3.穴に包丁の先を合わせ、

皮のくぼみに沿って包丁を下ろす

4.一気に切ろうとせず、何度も切り込みを

入れていきながら全体を半分に切る

 

または、

1.ヘタを避けて、ヘタの隣に

包丁の頭を入れて切っていく

2.一気に切ろうとせず、何度も切り込みを

入れていきながら全体を半分に切る

 

どちらにしても、ポイントは

「一度で切るのではなく、半分ずつ切っていく」

ということです。

コツさえつかめば

力の入れ加減なども分かりそうですが、

手首を痛めないようお気をつけください。

そして紹介しておいてナンですが、

私はこのやり方でも手が痛いです。

じゃあどうやって切るのかと言いますと…

 

レンジを使って柔らかくする

 

 

以下手順です。

 

1.かぼちゃを水で洗う

(水に濡らすのが目的なので、拭く必要はナシ)

2.ラップで包む

3.レンジで600W 4~5分チンする

4.取り出して、皮が軟らかくなっていたら

そのまま切る

 

私はこっちの方法です!

なぜなら私の作るかぼちゃ料理は

煮物かかぼちゃスープのみなので、

レンジですでに柔らかくなってくれてる方が

調理しやすいからです。


【スポンサーリンク】

かぼちゃの天ぷらや、焼肉の添え野菜として

かぼちゃを薄切りする場合は

硬い方がいいと思うので、ヘタをなんとかして

切る方が合っていると思います。

 

そして包丁バージョンとレンジバージョンの

両方を紹介している動画がありますので、

ぜひ参考にしてみてください。

ついでに煮物のワンポイントアドバイスも

載っていてお得です!

 

 

かぼちゃトリビア

 

 

・かぼちゃは栄養満点!

かぼちゃにはβ‐カロテンがたくさん含まれています。

かぼちゃの黄色は、β‐カロテンの色です。

β‐カロテンには抗発ガン作用があり、

体内でビタミンAに変わり、髪をツヤツヤにしてくれたり

視力・皮膚・粘膜などの維持や呼吸器系統を

守ってくれる要素があるのです。

また、カリウムや食物繊維、

ビタミンC、Eも含まれており、

栄養満点の緑黄色野菜なのです。

そして皮には実よりも栄養が多く含まれているため、

できれば皮を捨ててしまうのではなく、

皮ごと食べてくださいね。

 

・美味しいかぼちゃの選び方

西洋かぼちゃの場合は、皮にツヤがあるキレイなもの。

日本かぼちゃの場合は、表面に白く粉がふいたものが

良いかぼちゃです。

下の部分が黄色くなっているものがありますが、

別に悪い状態ではありません。

しかしその黄色は中身の色と同じなので、

濃いオレンジ色を選ぶようにしてください。

軸は、太くてしっかり乾燥しているもの

コルク状になっているもの)を選んでください。

形はきれいに左右対称になっているもの、

ずっしりと重くて皮の硬いものを選びましょう。

皮、硬くてイヤだけど…

良いかぼちゃの証拠なんですね(笑)

 

・かぼちゃの保存方法

カットされていない(丸のまま)場合は、

常温で2ヶ月ほどもちますので涼しくて

風通しの良い場所に保管しておけばOKです。

カットされている場合は、中の種とワタを取り除き、

ラップでぴたりと包んで冷蔵庫で保管すれば、

1週間ほどもちます。

 

まとめ

 

1.包丁で切る場合は、一度に切ろうとせず

必ずかぼちゃの真ん中に包丁を入れること

2.レンジで加熱すると、難なく切れる

(煮物や原型がなくなっても良い料理におススメ)

3.かぼちゃは栄養満点で、保存性に非常に優れた野菜である。

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*