同時調理で簡単時短!フライパンひとつで3つのおかずが一気にできる!!

朝ご飯にお弁当、夕飯の準備など、

どんなに時間があっても足りないのが

調理です。

玉子焼きを作って、

ウインナーを焼いて、

ソテーも作って、

ナポリタンも作らなきゃ…

その都度フライパンを洗ったり

キッチンぺーパーで拭いたり、

つい面倒だからと


【スポンサーリンク】

フライパンを買い足すと

今度は洗い物も置き場所も

増えてしまって嫌になりますよね。

一括でおかずが作れる家電は高いし…

と悩んでいるアナタに朗報です!

フライパンひとつで2つも3つも

おかずが作れる方法があるんです!!

 

1種類ずつ作るという先入観を捨てる

個人的なことを申しますと、

私は料理が苦手です。

嫌いではないのですが、

どうにも要領が悪くて

時間がかかりすぎて

ものすごく疲れるのです。

疲労の割に、出来たおかずは

豆腐の味噌汁と生姜焼きと

納豆と冷ややっこだったり…

 

最近は簡単調理のレシピも

たくさん出ていて

ネットでも気軽に見られる時代となり、

本当に料理下手な私にとっては

ありがたいのですが、

・お肉を炒める→フライパンを洗う

ジャガイモとニンジンを焼く→

フライパンを洗う→卵を焼く

こういった動きが一回の食事につき

必ずあり、出来あがった頃には

最初のお肉が冷えてしまって

マズそうなんですよね。

 

しかしこれは、無意識に

「フライパンでは、

1種類のおかずしか作れない」

という先入観が働いていたからなんです。

ですが最近は、ほんっと便利な

キッチングッズが出ておりまして、

フライパンの中に仕切りがあって

それぞれの部屋に

なっているものもあれば、

シリコン製の別焼き用グッズなんかも

あったりして…

そうです、1フライパン1おかず

なんて誰も決めてなかったんです!

スペースのある限り、いくらでも

違うおかずを作っちゃっていいんです!

 

特別なグッズがなくてもOK


【スポンサーリンク】

だけどもうフライパンは持ってるし、

わざわざ同時調理用に

わざわざ買い足すのも…

と悩まれる方にも安心!

専用のフライパンや

キッチングッズがなくても、

例えばアルミホイルを敷いて

真ん中を折って壁にしたり、

大きめの抜き型を持っている人は

それで仕切りを作ることも

できるんです。

また、少量ずつなら

フライパンの上で間を空けて

それぞれ炒めても良いんですよね。

 

具材によっては

火の通る時間も違いますが、

それぞれの部屋を

作ってあげることで

フライパンをいちいち洗うことなく

時間差で火にかけることが可能です。

 

1.先にジャガイモだけを焼いておき、

ジャガイモをひっくり返す時に

別の場所にお肉を載せ、蓋をする

2.お肉をひっくり返す時に

空いている場所に

ブロッコリーとコーンを入れ、

また蓋をする(今度は短めに)

3.全てを一気にお皿に盛る

4.お肉の残り油でソースを

ジュジュッと作り、かける

 

こうすることで全ての具が

温かいまま食べることができ、

最後にまとめて

フライパンを洗うことができますね。

 

フライパンは焼くだけじゃない!

フライパンは焼いたり炒めたりの

イメージが強いですが、

実は他にもたくさんの

用途があるのです。

フライパンでプリンを作る

「蒸し器」の役割や、

スコーンを焼く「オーブン」の役割、

パスタを茹でる「お鍋」の役割、

お米だって炊けちゃう「炊飯器」

の役割も!

フライパンは、

キッチンツール界の

オールラウンドプレーヤーなのです。

フライパンの可能性は未知数ですね!

 

まとめ

 

1.1フライパン1おかず

という先入観を捨てる

2.特別なグッズがなくても

同時調理は可能

3.フライパンは、焼く・炒める

の他にも蒸したり

茹でたり炊いたりできる!

 

これでサクサク調理が進みますね!

めざせ料理上手&時短マスター!

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*