ビーガンは体に優しい!これなら健康的にダイエット、ぜひ試してみよう

ビーガン、なんだか気になる言葉です。

ベジタリアンとビーガンって

どこが違うのかな?

ベジタリアンは結構前からある言葉、

ビーガンは最近聞く言葉。

 

イギリスには英国ベジタリアン協会

という協会があります。

発足は1847年!

 

ベジタリアンは

「健全な、新鮮な、元気のある」


【スポンサーリンク】

という意味のラテン語が由来です。

 

そういえば、イギリスでは

ベジタリアンの人がたくさんいます。

実際に私の周りの友人でも何人かいます。

ロンドンではレストランだけでなく、

カフェにでさえ、

「V」マークがついている

メニューがありますが

これはいたって普通のことになっています。

ベジタリアンの人が選ぶメニュー、

たくさんあります。

飲み物にしても、

普通の飲み物のソイミルク(豆乳)

バージョンのものが

それぞれあるので選びがいがあります。

最近は、グルテンフリーや

マクロビと合わせて

健康に関する食材やメニューが

流行っている感がありますね。

 

そして、ベジタリアンの中に

「ビーガン」があります。

ビーガンは食用・衣料用・その他の

目的のために

動物を搾取したり苦しめたりすることを

できる限りやめよう、とする生き方、

これを定義としています。

 

とにかく動物に苦しむを

与えたくないという考えから、

乳製品・卵など

デイリー食品も摂りません。

 

ベジタリアンは菜食主義者の総称、

ビーガンは卵や乳製品などの

動物性食品さえも一切口にしない

完全菜食主義者のことです。

 

日本における食生活を振り返ってみれば、

日常に一汁一菜、など、

まさにベジタリアンの

食事をしていました。

ごはんを中心にお味噌汁、

野菜や芋などの煮物、炒め物、

それに豆腐や納豆などの豆料理を食べると、

栄養バランスが取れた食生活になります。

お寺の精進料理も

そのエキスパートではないでしょうか。

 

加えて、見逃せないポイントは

カロリーが低いところですね。

 

欧米型に変化してきた日本の食生活。

脂肪の摂取が増えて

ビタミン・ミネラル・

植物繊維が減っています。

このような生活で高血圧・糖尿病、

最終的に動脈硬化の促進により

脳卒中や心筋梗塞などを

引き起こす要因となります。

いわゆる「生活習慣病」です。

 

普段の食生活が健康に

大きな影響を及ぼすことは

誰でも知っていることです。

彩りも美しくおかずを多く

テーブルに並べるのが嬉しい和食ですが

和食は結構手間がかかったりします。

 

今は買ってすぐ食べられるものが

スーパーマーケットに溢れていますし、

簡単に安価で食べられる

ファストフードのお店の数も多いですね。

添加物もたくさんでしょう。

美味しいものは

カロリーが高くて当たり前、

なんて変な言い訳をしているのは

何を隠そう私です 笑)

 

イギリスに住んでいて1年か2年に一度、

日本へ一時帰国します。

そうすると、自分がイギリスで食べている

食事の量が多いことに気付かされます。

パスタでもごはんでもまず、

主食(炭水化物)の量が多い。

日本の実家でお茶碗に

ごはんを盛ってもらうと

その少なさに、いかに自分が

普段たくさん食べているかが分かります。

私の場合、ほとんど外食せず

食事を作っています。

ローストなどもしますが

メインは和食です。

残食も捨てないので

カロリー摂取しすぎなのは

食べる量のせいだと思います。

 

イギリスでは10歳、11歳まで

親が子どもの学校の

送り迎えをしますが、

それも去年から無くなったので

歩く距離が激減。

そして年齢とともに基礎代謝も

下がってきているので

同じ生活パターンをしていて自然、

お腹周り、体重が増えてきました。

 

代謝が落ちると、

疲れやすくもなりますね。

夜になるとなんだか眠たくなって

ソファで寝てしまうことも。

健康オタク(風)の夫には

運動不足、食べ過ぎ、

全てお見通しです。

 

イギリスは大きな人が多く、

渡英直後はびっくりしたものでした。

けれどどんな大きい人も

洋服のサイズが豊富に揃っているのです。

太って着るものがな~い、

このワンピース欲しいけど

ワンサイズだからダメだわ、

なんて状況はイギリスにはありません。

 

そんな中で自分が多少太ってきても、

周りのイギリス人を見て

あれ?私、そんな太ってないじゃない?

と勘違いもするのです。

周りの外国人の友達にも太ってないわよ、

とは言われますが、

いやいやそれを信じては

いけないのです 笑)

 

私の場合はたぶん、

食事内容より食事の量。

これからもずっと健康で暮らすためには、

またこれからも楽しいことを

楽しめるような年の取り方をするには

今のこの贅肉は絶対よくありません。

 

ダイエットした~い!

健康的に痩せた~い!

でも意志の弱い私は

ダイエットにトライしたことさえ

ありません。

 

そこでビーガン、です。

 

先に述べたように、

菜食主義のごはんは体にも優しい。


【スポンサーリンク】

 

著名人にも菜食主義で

有名な人たちがいます。

例えば、

スティーブ・ジョブスに

アインシュタイン。

アインシュタインは、

「ベジタリアンの生き方が、

健康を保つ上での良い効果を

上げていることは間違いない。

この生き方は多くの人にとって

最も役に立つもの、というのが

私の見解だ」と

たびたび公言していたそうです。

 

国内でも、

市川海老蔵、

理由は芸術家に菜食主義者が多いから、

だそうです。

 

そして、杉田かおるやサンプラザ中野。

この2人はダイエットのために

ベジタリアンになりました。

 

杉田かおるは体調不良もあってスタート、

3ヶ月で10kg減量に成功。

糖尿病予備軍、慢性頭痛、冷え性を

克服さえしたそうです。

サンプラザ中野は

4ヶ月で20kgに成功。

 

体の中から綺麗にする

ビーガンダイエット。

 

私は普段の食べる量が問題なので、

ビーガンにして食べる量はそのままに、

野菜をモリモリ食べてみたら

どうかしら?!

 

家族でランチを外でする時、

夫と私はサラダを頼むことがあります。

こちらのサラダは

大きなプレートに野菜や

他の食材がたくさん盛られていて、

その1プレートで満腹になります。

 

もともと野菜が大好きなので

この感覚で野菜をたくさん食べれば、

食事を我慢することもなく

ダイエットになるのでは?

 

ということで

ビーガンダイエットについて

調べてみました。

 

ビーガンダイエット、その方法は?

 

では、どのようにするのか紹介します。

 

野菜が基本ですが、

動物性たんぱく質を摂りませんので、

大豆などの豆製品から

植物性たんぱく質を摂取します。

また、カルシウムは海藻、

切り干し大根などで摂ります。

私のお気に入りのフムス。

どんな野菜にも本当に合います。

ひよこ豆をペースト上に

したものですが、

動物性たんぱく質が

一切含まれていません。

好きで普段からよく食べていますが、

このフムスも大きな味方に

なるので嬉しいです。

 

そして、下記を摂らないようにします。

・肉、魚、卵、乳製品

・食品添加物

・加工された調味料

(精製塩、白砂糖など)

 

添加物を使った食品が

たくさんありますが、

その過程で動物性のものが

含まれていないとも限らないため、

ビーガンではこれらを摂りません。

例えば、白砂糖。

黒砂糖を精製するために

骨炭というものが使われますが、

これに牛など動物の骨が使われているため

摂らないようにしているのです。

徹底してますね。

 

今は健康に関する情報がたくさんあります。

ビーガンレシピもインターネットや本など

たくさんあります。

 

ビーガン用の卵・牛乳やバターの

代替品も簡単に手に入ります。

大豆ミートなどを使って唐揚げ、のように

ボリューム感のあるメニューも作れます。

 

ビーガンダイエットのメリット

 

ビーガンダイエットをしてみると、

こんなメリットがあります。

・減量できる

個人差はありますが、特に運動を

しなくても1ヶ月ほど続ければ

5kgほど落とすことは比較的容易。

 

・健康になる

野菜ばかり摂ってて大丈夫なのかしら、

と心配される人もいるかもしれませんが、

たいがいの人が体調が良くなった、

むしろ健康になったと言います。

 

・お肉がなくてもよく、食費を抑えられる

お肉を食べないと元気がでない、

ということが単なる思い込みだと

気づく人も多いようです。

そしてお肉を買わない分、

食費が抑えられます。

 

ここで書いていることは

個人差があります。

お肉や魚を食べる

大きな効果もありますので

お肉や魚が健康に悪い

ということではありませんので

間違いのないようお気をつけくださいね。

 

ここまで書いて思い出しました。

夫が東京で1人暮らしをしていた時、

夜な夜な鍋を食べて

5kg痩せたという話です。

その鍋は豆腐、しらたきや

野菜などを入れた、

まさしくビーガン!

そしてダイエットのために

それを食べていたと言うので

正真正銘の

ビーガンダイエットだったんです 笑)

 

例えば、1ヶ月だけビーガンになってみる、

と短期の目標を立ててみるのも

良いかもしれません。

体調が良くなっていくのを実感したら

そのまま続けていくのも良し、

少しだけお肉やお魚を

食べる日を入れながら

ゆるめに続けていくのも良いですね。

 

ビーガンダイエットは、

昔ながらの日本の食生活に

戻るかのような

シンプルで体に優しいダイエット法。

怪しいサプリメントや

過激なダイエットで起こり得る

体への負担が無いのが

すごく安心ではないでしょうか。

 

痩せるだけでなく、

体調も良くなるなんて

こんな素晴らしいダイエットは

なかなか他には無いかもしれませんね。

 

ここまで長文お読みいただき、

ありがとうございました!

 

(椿)

 

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*