お弁当のおかずレパートリーはリメイク・アレンジで解決!

近年の健康志向によって、

お弁当のヘルシーさ、栄養バランスなどの良さが再認識されています。

 

とはいえ、悩むのはお弁当のおかずのレパートリーですよね。

 

私は年少さんの息子に月に1,2回お弁当を持たせているのですが

年少さんだと食べられる量がまだ少なく

幼稚園の方からもお弁当は適量でできるだけ

子供の好きなものを入れるように言われています。

 

少し好き嫌いがあるので毎回違うものばかりを入れられず

気づいてみればいつも同じものばかりのお弁当になってしまっています。

 

そこで、私もお弁当の悩みを解決すべく


【スポンサーリンク】

レパートリーの増やし方について考えてみました。

 

bentouokazu_01

 

流行りの「常備菜」を活用しよう!

共働き家庭が増えているため

ご飯準備を時短すべく急速に流行したのが常備菜を作ることです。

 

常備菜があれば朝晩の忙しい時間帯でも

手早くご飯準備を済ますことができます。

 

常備菜自体も「少し火にかけた後、保温調理」でほったらかしたり

「マリネ液につけておくだけ」

「材料を全部お鍋に入れて煮るだけ」

というような、簡単な調理方法で完成するレシピが

インターネット上のレシピサイトにたくさん公開されています。

 

私がよく作るのは子供が大好きな

「ミニトマトのはちみつ漬け」と「さつまいもの甘露煮風」です。

 

「ミニトマトのはちみつ漬け」は

湯剥きしたミニトマトをはちみつにつけて冷蔵庫で保存するだけ。

 

「さつまいもの甘露煮風」は

さつまいもを輪切りにして少し水にさらした後

大きめのフライパンにさつまいもをしきつめ

お砂糖とお水とみりんを入れて火にかけておくだけです。

 

どちらも本当にとっても簡単。

 

ミニトマトはそのまま夕食に出したり、お弁当にも入れています。

さつまいももそのまま出しますが

温め直してバターをのせてもおいしいです。

 

 

夜ご飯の残りをリメイク・アレンジ!

夜ご飯の残りをリメイクすれば

時短でレパートリーも増やせて一石二鳥ですよね。

 

鶏の唐揚げを夜ご飯に作ったら

翌日のお弁当では甘酢を絡めてから入れればチキン南蛮になりますし

コストコで売っている甘辛チキンソースをかけると韓国風唐揚げに早変わりです。

 

ハンバーグは煮込まずにシンプルに作っておくとアレンジの幅が広がります。


【スポンサーリンク】

夜ご飯は大根おろしとポン酢で和風にしたり

デミグラスソースをかけたり

 

お弁当には照り焼きにしたりケチャップをかけたりと

ソースを変えるだけでいろいろなハンバーグを楽しむことができます。

 

 

時間がなくて間に合わない!朝ごはんのおかずをアレンジ

常備菜は用意していない

夜ご飯の残りもなかった!

 

そんなときは朝ごはんのおかずをアレンジして

お昼も美味しく食べてもらいましょう。

 

厚揚げの煮物を作るときに、お弁当に入れる分だけ厚揚げをよけておきます。

小さめの一口大に切ってからフライパンで各面を焼けば

香ばしい焼厚揚げの出来上がり。

お醤油を少しだけ垂らしてしその葉を添えておけば

お弁当箱内の抗菌作用の役目も担ってくれます。

 

 

冷凍食品も常備しておけば安心

お弁当用の冷凍食品も特売日に購入して持っておけば

ちょっとした心の支えになります。

 

冷凍食品は、お弁当のためだけに作るのは大変なおかずを選ぶと

レパートリーが増えて特別なお弁当にすることができます。

 

今お弁当を作る機会は月に1,2回程度なので

冷凍食品に頼らずに全てのおかずを手作りで入れてあげたいという思いがあり

できるだけ冷凍食品は使いたくないと思っていましたが

お弁当の日をすっかり忘れてしまっていて朝気づいたときにお世話になりました。

 

以前子供と一緒に選んだ

ハンバーグとナポリタンがひとつのカップに入っている冷凍食品で

子供も喜びましたし

私も朝の時間がない中とても切羽詰まっていたので

1品だけでも色味のあるメインのおかずを入れることができ

すごく助かりました。

 

冷凍食品ばかりのお弁当になってしまうのは

できるだけ手作りのお弁当をもたせたいという

私の本意には反するので絶対にしませんが

彩りがよくなって豪華にもなるので

メインの一品に迎え入れるのもたまにはいいのかなと思っています。

 

お弁当用の冷凍食品は

いくつか小分けになって袋に入っていることがほとんどなので

次回以降はリメイクしてお弁当に入れると良いでしょう。

 

お弁当に限ったことではないですが

飽きずに料理を食べてもらうには

見た目にも味にも新鮮さが必要だと思います

 

常備菜が1週間もつと言っても

1週間同じものを食べるのはつらいものもあるでしょう。

できるだけリメイク・アレンジするのりしろを残した

シンプルな常備菜やご飯おかずを作っておくと楽です。

 

リメイクとアレンジを上手に使ってレパートリーを増やして

お弁当作りがんばりましょう!

 

 

 

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*