亜麻仁油の効果と副作用を知り、ブームにのって健康美人に!

今ブームの亜麻仁油。

スーパーの油コーナーでは、売り切れ続出。

なぜ?なぜに油が?油だけに、だだ火がついただけなのか⁈

 

貰い火に注意しながら、亜麻仁油の正体を暴いていこう!

 

ところで亜麻仁油ってなに?

亜麻科植物の種子から抽出される黄色っぽい食用油で、空気に触れると固まってしまう性質がある。

魚に含まれるオメガ3のDHAやEPA、α−リノレン酸が豊富に含まれています。

 

大さじ一杯辺り110kcalで、酸化に弱く、空気に触れると過酸化脂質に変わってしまいます。

 

良いのか悪いのか、よくわからない…なので

 

亜麻仁油の効果とは?

⒈アトピーなどのアレルギー緩和、免疫力アップ

⒉うつや認知症予防


【スポンサーリンク】

⒊糖尿病、血圧抑制による生活習慣病の予防

⒋ガン予防

⒌保湿効果や代謝促進で美肌、美容効果

⒍食物繊維によるダイエット効果

さすが、人気モノだけに多種。

 

亜麻仁油には「必須不飽和脂肪酸」いわゆるオメガ3が絶妙なバランスで含まれているらしい。

このオメガ3は血流改善やコレステロール値の低下、アレルギー抑制などの魅力的な効果と

脂肪の分解促進や合成抑制など、高いダイエット効果もある。

 

なんとも、ただの油ではなかったんですね。

 

これだけいい亜麻仁油、これが出火の原因か?

では、ここから消火活動開始!

 

効果のあるものには、副作用がつきもの。亜麻仁油にはどんな副作用があるのか、更に見てみよう。

 

亜麻仁油の副作用はこれ。

⒈血液改善作用がある。血液サラサラ効果ですね。

身体の為にはいい作用ですが、転んでケガをしたり手術の時は血液が止まりにくくなります。


【スポンサーリンク】

 

⒉軟便になる。下痢もあり得る。

食物繊維が豊富なので緩んでしまうわけですが。

腸の運動が活発になるので、妊婦さんは要注意です!

早産になる危険性がある為、摂取禁止をしている産婦人科もあります。

 

と、ちょっとこわい感じです。

そろそろ、鎮火の見通しがたってきたかな?

 

でもこの副作用は、過剰摂取の場合で、適量を摂っていれば大丈夫。

亜麻仁油の適量はどのくらいなのかな?

それは1日あたり3g!

大さじ一杯弱になります。

この大さじ一杯弱の摂り方は、熱を加えると酸化してしまうので、そのままで食物にあえる。

亜麻仁油だけの摂取は、ただの油なので効果もなにもありません。

効果を期待する為に、良質なタンパク質に合わせて、納豆・ゴマ・わかめ・酢の物・大豆などと

一緒に摂取すると効果が発揮します。

 

お魚にはオメガ3が含まれているので、お寿司や刺身など、お魚を沢山食べた時は

摂取しない方がいいです。過剰摂取になってしまいますので。

 

くれぐれも摂取量にご注意を!

まとめ

⒈亜麻仁油とは亜麻科植物の種子から抽出される黄色っぽい食用油

⒉亜麻仁油の効果はアレルギー抑制や病気予防、アンチエイジングと幅広い

⒊亜麻仁油の副作用は血液サラサラと軟便

⒋副作用にならない、適量は3g

 

ということで、まだまだ鎮火の見通しがつかない亜麻仁油。

適量摂取で、一件落着⁈

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*