クロスケの家発見!トトロ好きなら行っておきたいトトロの森の魅力

夏の暑さも落ち着いて、外遊びで楽しみたい!

秋のシルバーウィークに、子供も一緒に楽しめる旅行先はないかな?

そんな時に子供の好きなアニメの舞台になった場所へ

旅行へ行こう!というのはどうでしょう。

 

子供なら、誰もが見たことがあるといってもいいスタジオジブリのアニメ。

幼稚園や保育園の歌の時間に、となりのトトロの「さんぽ」を習うお子さんも多いのでは?

 

となりのトトロは1988年4月に公開された長編アニメーション。

2016年で28年目となりますが、

いまだ、根強い人気のあるアニメです。

 

サツキとメイの姉妹が引っ越してきた舞台は


【スポンサーリンク】

都心から離れた緑の豊かな郊外。

そこで不思議な生き物、トトロと出会い、

二人は不思議な体験をすることになるのですが…

 

この緑豊かな郊外に行ってみたいと思いませんか?

 

埼玉県に狭山市には公式に、トトロの森があります。

大分県佐伯市にも、トトロの森が。

どんな楽しみ方ができるのか調べてみました。

 

1埼玉県狭山市のトトロの森

75df87a40f9841bc1472a6525d7db454_s

 

武蔵野の里山の景色の残る狭山丘陵地。

実はここは、ナショナルトラストと呼ばれる場所。

寄付によって自然を残そうといった運動で買い取られた土地。

その多くは雑木林でできています。

 

ただの雑木林ではなく、人間の手が入ることにより、

自然の動植物が人間と共存できるように作られた場所。

 

50年前の日本は上手に自然とつきあってきました。

それが里山です。

 

ナショナルトラスト、トトロの森は、

将来にわたり取得した土地を守り、

豊かな自然や、文化財を守り、

次世代へ引き継ぐ役割を担おうと作られました。

たしかに、となりのトトロの舞台になる場所は里山。

 

メイが大木の根元に落ちるシーン。

のちのち、その大木が神社の御神木であると

お父さんが説明してくれます。

神社は地域の文化財ですね。

 

お隣のおばあちゃんの家は農家です。

畑を耕すカンタ。猫バスの駆け抜ける田んぼ。

ただ自然が豊かなだけではなく、人間の手が入ってできた風景です。

 

cc3412b0c7202d5a5d65eea7c96229b0_s

 

できる限り、人の手によって健康的な自然を残そう。

とする運動のため、

行く時には公共交通機関の利用を呼びかけています。

 

・健康的な自然?と思われた方のために。

里山は、人の手によって整備されることが、保存のカギ。

 

光をさえぎる木を切ることで、他の木の成長を助けたり、

根元に生える、植物に光を届ける役割があります。

 

雑草の下草を刈ったり、生育の早い竹を切ったり間引いたりして

天然の林の成長を助ける役割を人がしています。

 

なので、人の手の入った森のほうが、

自然のサイクルをより上手にまわし、

健康的な自然にしてくれるのです。
①まず、行きたいのはクロスケの家

c0ec8be8d84bd54eceba68b5c288348e_s

 

ここは、サツキとメイの家の

大家さんである、おばあちゃんちのような古民家です。

クロスケの家では大きなトトロが座敷でお出迎えしてくれます。

 

映画の中で、サツキとメイが引越してきて、

一番最初に出会った不思議な生き物。

まっくろくろすけ。

 

くろすけの家の中にはまっくろくろすけが隠れています。

 

おばあちゃんが言っていましたね。

まっくろくろすけの別名はススワタリ。

古い家や暗いところが好きだと。

 

その言葉を思い出しながら探してみては?

 

実を言うとトトロの森は、

1号地から現在40号地まであり、

とても広大なものとなっています。

 

cfde35e1737d5cef44b6c9c5da04c4af_s


【スポンサーリンク】

 

 

なので、

②『公益財団法人トトロのふるさと基金』のホームページから、

散策マップをダウンロードしてから行こう!

秋の季節なら、コナラやブナの多い雑木林で

どんぐり拾いを楽しむのもいいでしょう。

 

トトロがおみやげにくれたどんぐりは

どれだったかな?

 

同じどんぐりがみつかるはずです。

 

いきものふれあいの里センターで、

狭山丘陵地の自然について学ぶのも

良い体験になると思います。

 

2大分県佐伯市のトトロの森

53406bf03506bc034c1a7cac4de889b1_s

 

山あいの集落にあり、小川も流れていて、

サツキとメイの住む家の入り口を思い出させます。

 

3歳ぐらいの子供も川に入って遊べるそうで、

木陰では涼しく遊べます。

 

大分県佐伯市の地名に轟(ととろ)があります。

今は廃止になりましたが、

実際に「ととろ」の名のついたバス停があります。

 

①ととろのバス停

88d8767f9a81e0defae7f057950d2548_s

 

このととろのバス停にはパネル展示が。

サツキが初めてトトロに出会った場所はバス停です。

映画の中では停留所しかありませんが、

このととろのバス停には、待合室があります。

ここにパネルが展示されているので、楽しめますよ。

 

ととろのバス停から上流へ少し行くと、

トトロの森公園があります。

 

②トトロの森公園

 

となりのトトロに出てくる様々なキャラクターの看板が。

 

大小さまざまなトトロ石も並んでいます。

こちらは、ご近所に住む方が作られたそうですが、

行ってみると、けっこうびっくりするようなことに

なっているそうです。

 

元祖トトロの森と似ているということと、

山深い土地なので、

本当にトトロが出てきそうな場所だ!と思う方も。

 

人によっては、イメージと違う!

と、思われる方もいるそうなので、

近くのジビエ料理の味わえる

カフェ&レストランと合わせて行くのもおすすめです。

 

 

まとめ

d674da5580c03335f575fca5236cd8b2_s

 

となりのトトロに限らず、

宮崎駿さんの監督作品は

自然との共生を考えさせられる

ものが多いようです。

 

埼玉県狭山市の狭山丘陵地は

実は東京都も含まれていたりします。

 

都心から近く首都圏にお住まいの

方なら行きやすいと思います。

 

大分県佐伯市のトトロの森は

九州の方は行きやすいですね。

 

どちらにも共通するのは、

自然の中で癒されそう!

ということです。

 

サツキとメイのように子供の頃の気持ちに戻って

自然とふれあい、子供とふれあえる

楽しい旅行ができるでしょう♪

 

行く前に、もう一度となりのトトロを

見ておくと、

旅先で、「この場所、あのシーンに似てる!」

なんていう発見もあると思います。

 

(みみみ3)

 

関連記事

ジブリ大好き 家族旅行!千と千尋の神隠し編
紅葉の楽しめる季節におすすめの ジブリアニメの舞台になった場所。 今回は「千と千尋の神隠し」 のモデルになった場所を...

 

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*