尿路結石の方必見!結石を排出するウラジロガシ茶を知っていますか?

ウラジロガシとはブナ科の広葉樹で

その葉を乾燥させてお茶として飲むことで

 

尿路結石という、腎臓で結晶化してしまった「石」を

尿道を通って身体の外に排出させる効果がある

 

と言われる薬草が元となり

抑石茶や流石茶などの愛称で呼ばれています。

 

実際に葉のエキスを抽出したものが排石促進剤として

「ウロカルン錠」という薬にもなっていて、病院でも使用されています。

 

もともとは民間薬として四国の徳島県で飲まれていたようですが、

1966年に学会で発表されたことをきっかけに知れ渡り


【スポンサーリンク】

現在までその薬草としての地位は不動のものとなっています。

 

どうやって飲むの?

市販されているものは、通常のお茶と同じように

ティーパック化されているものがほとんどのようですから、

煮出すかきゅうすなどを使ってホットで飲むのが一般的です。

 

排尿時に尿と一緒に石を出すことを目的としているため、

ウラジロガシ茶を飲むことだけではなく、他の飲み物も普段より多めに摂取することで

尿の量を増やし、より石を出しやすくすることもポイントとなります。

 

ただ、薬草特有の風味を持つため万人が好む味とは断言出来ませんが

苦手だと感じる場合はレモンを加える、味の濃い烏龍茶と混ぜて飲むなど

工夫を取り入れても良いそうですよ。

 

どこでも売っているものなの?

ドラッグストアなどの健康食品、またはお茶の並びに置いてあることがありますが

一口にウラジロガシ茶と言っても色々な種類が存在するため

ネットショッピングなどを利用し、自分に合ったタイプを選ぶ方が


【スポンサーリンク】

選択肢が広がっておすすめです。

 

値段はピンキリですが、ウラジロガシの多くは国産ですので、

購入前に調べて納得のいくものを買えるようにしたいですね。

 

副作用はある?

はっきりとした副作用の報告は今のところ無いようですが、

利尿作用を高める効果もあるとのことですので

しっかりとトイレに行ける時間と場所を選ぶべきだと思います。

 

尿意を何度もこらえなければならない状況では、

逆に膀胱炎などに繋がっては元も子もありませんし

寝る直前に日中と同じ量を飲むことも

尿意で目覚めて睡眠を妨害してしまう可能性があるため注意したいところです。

 

また、タンニンという渋み成分が含まれているため、

濃い目の緑茶を飲んだときの様な渋さを感じてしまうかもしれません。

 

タンニンには鉄分の吸収をさまたげる、便秘を引き起こすなどの副作用もあるそうですが

薬ともなる成分を摂取しているのですから

注意書き通りに用法・用量を正しく守って飲むことで

副作用を引き起こすリスクはあまり高くないと思います。

 

飲み始めてから合わない、身体に不調を感じるような場合は

一旦飲むことを止めて、医療機関に相談するなどした方が安心です。

 

まとめ

 

ウラジロガシは、いわゆるドングリの仲間!別名流石茶として知られる

古くから日本人に信頼された薬草のひとつです。

温かいまま飲み、ウラジロガシ茶以外の水分もよく摂取するよう心掛けましょう。

味の好みはブレンドで調整も出来るので、自分に合った飲み方を見つけてくださいね。

ウラジロガシ茶のほとんどは国産!あとは値段や量など、自分のこだわりで選んでみましょう。

目立った副作用はありませんが、暴飲などは絶対にせず

副作用を引き起こさない様に注意しましょう!

 

私たち日本人の漢方や薬草との付き合いは長く、それは現代にも繋がっています。

 

ただ、人には合う、合わないの問題もあるため、

無理や過信しすぎること無く、生活の一部として上手に取り入れていくと

良いかもしれませんね。


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*