結局水分補給って何でするのが正解なの?お茶と水どっち??

最近、ウォーキングにハマって、

歩き回っている30代子持ち主婦です。

子供を学校へ送り出したら、

「さぁ歩くぞ!」と、自分の時間を、

気持ちの良い汗をかいて

楽しんでいます。

15分も歩けば、汗がダラダラ。

40分ほど歩くのですが、

タンブラーに入れた水で、

こまめに水分補給しながら


【スポンサーリンク】

歩いています。

そこで、ふと

「水分補給って、お茶と水、

どっちが体に良いんだろう?」と、

気になり出しました。

お茶も体に良い気もするし、

水も良い気がするし。

気になるー!!という事で、

気になり出したら止まらない私が、

徹底的に調べましたのでご覧ください!

 

水分補給にお茶を飲んでいるんだけど…正解?

お茶といっても、

色々な種類がありますよね。

・緑茶

・紅茶

・烏龍茶 などなど

このようなお茶たちには、

カフェインが含まれていて、

利尿作用があります。

なので、

飲んでも体の外に出ていく水分が、

普通より増えてしまうんです。

そのため、水分補給には

向いていない飲料となります。

たくさんお茶を飲むと、

おトイレが近くなりませんか?

これは、カフェインのせいなのです。

運動や、健康のためには、

カフェインの含まれるお茶は

1日2~3杯くらいにすると、良いですよ。

 

じゃあ水分補給に水を飲んでいる私は正解?

お茶の話を交えて結果を言うと、

水の方が、水分補給に向いています!

カフェインが入っていない、

水の方が向いているんですね。

他にも

・お湯

・白湯

・麦茶

・牛乳

・お酢

なども水分補給に向いています。

麦茶はお茶ですが、

カフェインが入っておらず、

夏場は体冷やしてくれる効果があるので、

水分補給に向いていますが、

やっぱりコスパを考えると


【スポンサーリンク】

「水またはお湯」が

一番おすすめです!

カロリーは0ですし、お湯にすると、

冷えを予防してくれますし、

代謝を上げてくれたりと、

良い事ばかりなんです。

 

効果的な水分補給の方法は?

1日に必要な水分量は

水分=体重×20~30ml

と、言われています。

体重が55kgの人の場合は、

1650mlの水分を摂ると良いとされます。

しかし、

体は1度に250mlくらいしか

水分を吸収できません。

なので、少ない量を、

こまめに飲むようにすると効果的です。

また、寝ている間に、

体内の水分がたくさん失われるので、

夜の寝る前と、朝に起きた時に、

コップ1杯分の水かお湯を飲むと、

体にとても良いです。

水分が不足すると、

代謝の低下や、便秘の原因になります。

水分補給をちゃんとするだけで、

腸活にもなるわけです。

こまめな水分補給で、

良い状態の体を保つようにしましょうね。

 

まとめ

・お茶より水の方が

水分補給に向いている

・1度に250mlしか

体は水分を吸収できない

・こまめに水分補給をして、

代謝の低下や便秘を防ぐ

 

水の方が、

水分補給には向いている事が

分かりました。

1年中必要な水分補給。

私も、

朝、お湯を飲むようになってから、

お通じが良くなりました。

ウォーキングでも、

こまめに水で水分補給していて、

体に良いという事が

分かってよかったです!

白湯も体に良いとされているので、

これからは、朝、お湯を沸かして、

日常的に白湯を

取り入れていこうと思います。

そして、

外ではタンブラーに入れて

持ち歩くようにします。

冷え性の方や、お通じの調子の悪い方は、

いつものお茶やコーヒーなどを

少な目にして、

水をこまめに取り入れるのが良いですよ。

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*