放っておくと大変なことに!生活のリズムを整える必要性

朝が辛く、昼間も冴えない

そのわりに夜に目が覚めて

ネットの芸能情報や

海外TVドラマを見だして

ついつい夜更かし

 

あなたは

「なんとなくリズムが狂ってるなー」

なんて感じてませんか?

 

どんよりな毎日から抜け出して

元気でエネルギーに満ちた


【スポンサーリンク】

毎日を過ごす方法はないものでしょうか?

 

朝や昼間が辛いのは睡眠の質の問題

毎日同じ時間のサイクルで

生活している人は

健康なイメージがあります。

その一方で、毎晩夜更かししたり、

遊びまわったりしても

すごく元気な人もいます。

 

あなたも経験していると思いますが、

授乳期の赤ちゃんがいる場合は

早寝早起きなんて言ってられませんよね?

 

寝不足場合は寝るのが一番ですが

もし、あなたがガッツリ睡眠をとっても

疲れた感じが取れなくて

スッキリしないのは

 

まずは睡眠の質を改善することに

気を使いましょう。

 

食事の取り方、内容に気を付けて自分の体に気をくばる

 

就寝前の食事や遅い夕食というのは

やはり睡眠に悪影響を与えます。

 

私の場合は夜は8時までには

必ず食事を終えること

それまでに食事がとれなくて

どうしてもおなかがすく場合は

なるべく胃や腸に

負担のないものにして食べ過ぎない

ということを心掛けています。

 

脂っこいものを避ける

お肉とご飯はなるべく一緒に取らない

お肉なら野菜とお肉だけ

ご飯を食べるならお肉類は控える

その方が消化に負担がかかりません。

 

睡眠時に胃腸への

負担をかけないことが一番です。

 

食事に気を付けると同時に

 

睡眠前のストレッチも効果的です。

私は首周りとふくらはぎを中心に

ストレッチしてから

就寝してますが、

これで朝の寝覚めがかなり改善します。

 

これで少々寝不足気味でも

乗り切れるはずです。

 

朝が辛くて悲鳴をあげたい!くらいの日が続いて

あなたがここまでのことをやって

体に色々気を使っているにも関わらず

朝と昼間のパワーが出ずに辛い場合は

 

心の原因を探りましょう

鬱まで行かなくても精神的ストレスは

極端に身体のエネルギーを奪います。

 

私の経験ですが、

半年ほど前に職場での

人間関係のトラブルで

かなり激しく衝突したことがありました。

 

その後すぐにその人が退職して

顔を合わすこともなくなって

すっかり忘れていたのですが

 

それ以来、

朝が起きるのがあまりにも辛くて

どうしてしまったのか

と思う日が続きました。

最初は精神的なものという認識はなく

病気かなにかかなと考えました。

 

そんなある日ふと、

会社でのトラブルが原因かなと閃いて

その時の感情を癒すメソッドに

取り組みました。

自分では全く気が付かなかったのですが、

鬱に近い状態だったと思います。

 

それ以来すっかり

元の元気に戻ってます。

 

気づかないうちに

精神的なダメージを受けている

可能性もあるので

自分でできる、

自己カウンセリングや心理セラピー


【スポンサーリンク】

も学んでおいて損はないと思います。

 

生活のリズムを整える? みんな意味の勘違いしてない?

 

生活のリズムというのは毎日同じ時間に

起きて寝てということように

思われていますが、

仕事や家族のことが絡むと

なかなか毎日同じ

サイクルで生活することは

難しいと思います。

 

夜遅くても朝は

必ず同じ時間に起きるようにする

などの方法もありますが

誰もが出来るわけでは

ありませんよね。

ご主人が夜勤などの

シフトがある場合もあります。

 

時間にこだわるのでなく

 

1.食事 体に取り入れるもの、

時間帯に気を遣うこと

2.運動やストレッチで

血液の循環を改善すること

3.精神的なストレスや

ダメージを癒すこと

 

というように

自分の内側のリズム(波長)を

安定させていく

ということではないかと思います。

 

これは、自分のことを

どれだけ大切に扱っているか

ということにも繋がると思います。

 

精神的なストレスやダメージを癒す方法

他の記事でも書きましたが、

自分の感情に

意識を向けたりということは

ほとんどの人はしていないし、

やり方も知りません。

 

人間は心と体があって

お互いが深くつながっています。

身体が辛いのは

体に原因があるというのは

ごく普通の考え方ですが、

それだけでは解決できないことも

多いように思います。

 

自分では気づかない感情や

精神的ダメージがある場合

身体に症状が出て、

それを教えてくれていることも多いです。

 

最近では腰痛のほとんどが

メンタルからという

ジョン・E. サーノ博士の説は有名です。

 

自分の感情、自分の気持ちと

しっかり向き合う

というのは

現代人には欠かせないことに

なってきています。

 

でも私の経験上、

「心療内科」はお勧めしません。

もちろん先生によって

対応が違いますので一概に言えませんが、

私の場合は抗うつ剤を

色々処方されるだけで

根本的な解決は

なにも得られませんでした。

 

自分で解決できない場合は

保険の適用はありませんが、

臨床心理士の方に

カウンセリング受けることが

良いかと思います。

 

厚生労働省のWebサイトに

「心のメンテをしよう」

http://www.mhlw.go.jp

というものがあります。

自分の感情と

そのメンテナンスの

基本的なことが学べます。

 

他にも「セドナメソッド」や

「フォーカシング」などのメソッド

はネット上でも

いろいろ情報が得られます。

 

是非、こういった心のことを学んで

新しい習慣を取り入れてもらいたいです。

 

まとめ

 

1.朝や昼の辛さは睡眠の質が問題

2.しっかり睡眠がとれるよう

寝る前のストレッチ

食事に気をくばろう

3.精神的なダメージからの

症状かを疑ってみる

4.生活のリズムは

自分の内側のリズム、

食事、運動、心を整えよう

5.精神的なダメージや

感情を癒す方法学ぶことが大切

 

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*