知らないと損する!ダニに噛まれた時の薬、リンデロンて本当に危険!?

ダニに噛まれると、とてつもない痒みに襲われますね。

掻いちゃダメだと分かっていても、

気が狂いそうに痒くなってついつい掻いてしまいます。

大人だったら加減もできるものの、

これが赤ちゃんや小さい子供だと、

思いっきり掻きむしってしまい余計悪化することに。

こういう時は、すぐに皮膚科にかかりましょう。

お医者さんではリンデロンを処方されることが

多いと思いますが、このリンデロンは

どういったお薬かご存じでしょうか?


【スポンサーリンク】

リンデロンてステロイドでしょ、

そんな怖い薬使いたくない!と思っている方、

結構多いと思います。

確かにリンデロンはステロイド外用剤ですが、

ステロイドというだけで

リンデロンを毛嫌いするのは少し待ってください!

ここではリンデロン及びステロイドについて

お話したいと思います。

 

リンデロンの種類

 

 

リンデロンとは、病院で処方されることの多い

ステロイドの塗り薬です。

一言でリンデロンといっても、その後に

アルファベットがつきいくつかの種類に分かれます。

そのアルファベットの違いにより、

ステロイドの強さや効能、

使用する場所が分けられています。

病院でよく処方されるのは「リンデロンVG」という

軟膏ですが、他に「リンデロンDP」「リンデロンV」

「リンデロンA」の全4種類があります。

ステロイドの作用の強さは

5段階にランクが分かれています。

 

Ⅰ群 Very Strongest(もっとも強い)

Ⅱ群 Very Strong(とても強い)

Ⅲ群 Strong(強い)

Ⅳ群 Medium(ふつう)

Ⅴ群 Weak(弱い)

 

このうち、日本で最も良く処方される

代表的なステロイド剤が

「リンデロンVG(強さ:Strong)」で、

ステロイド+抗生物質の効果があります。

このため、ダニに刺された痒みや炎症をステロイドで抑え、

化膿止め、細菌感染の治療に抗生物質が

働きかけてくれるのです。

 

大人の場合は症状に合ったものを処方されますが、

赤ちゃんや子供には、1ランク弱いものを

処方されるようです。

 

リンデロンの効能

 

 

リンデロンなどのステロイド剤は、魔法の薬か!

と思うほどものすごく早く効きます。

朝塗れば昼には改善、夜には完治したかと思うくらい、


【スポンサーリンク】

速効性があります。特に痒みはすぐに引いてくれるので、

アトピーや虫さされで掻いてはいけないのに掻いてしまう、

狂ったほど痒くて掻きむしってしまう子供には

本当にありがたい薬です。

当然、ダニ刺されにもばっちり効きますので、

とにかく痒い、掻いてしまうという場合には

皮膚科を受診してリンデロンを処方してもらうのが、

これ以上酷くならないための最善策だと思います。

 

一方で、ステロイドという言葉に非常に

敏感になってしまう人も少なくはありません。

ましてや小さい子供にステロイドなんて危ない!と

劇薬のように思っている人も多いと思います。

ではステロイドとは、一体どういったものなのでしょう?

 

ステロイドは危険?

 

 

ステロイドは「副腎皮質ホルモン」といい、

人間の体内で生成されているホルモンのことで、

炎症の抑制や免疫反応などの作用があります。

これを外用薬にして身体の外から塗ることで、

非常に効果的な治療ができるのです。

ここで注意したいのが、「外用薬」つまり

身体の外の局所的な使用ということです。

私達が皮膚の炎症や虫さされなどで処方されるのは

この外用薬で、何年も継続して塗り続けるものでは

ありません。

一方、漠然と「ステロイドは危険」というイメージが

持たれているのは、内服や点滴などで長期間にわたり

身体の中に使用している場合の「内服薬」としての

ステロイドの副作用です。

長期間の使用の場合は、確かに全身的副作用として

感染症にかかりやすくなったり、

糖尿病、白内障などがありますが、

私達が一時的な皮膚の疾患で処方されるステロイドは

塗り薬なので、こんなことにはなりません。

お医者さんの指示どおり、適切に薬を塗れば

すぐに症状は良くなります。

副作用も心配ありません。

むしろ間違った思い込みでステロイドを避けて

子供に辛い思いを強いるよりは、

私は積極的にステロイドを塗って

すぐに炎症を抑えてあげたいです。

 

まとめ

 

1.リンデロンは強さによって5段階に分かれており、

病院でよく処方されるのは「リンデロンVG」である

2.リンデロンVGにはステロイド+抗生物質の成分が

含まれており、痒みによる炎症を抑え、

細菌感染の予防効果がある

3.局所的なステロイドの使用では

全身副作用は起こらないので、

気にせず使用して大丈夫

 

お医者さんの指示に従って正しい使用をすれば、

すぐに痒みは治まります。

間違った知識でステロイドやリンデロンを恐れず、

さっと塗ってさっと完治しちゃいましょう!

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*