びっくり予防法!二日酔いにラムネが効くんです。摂る量もご参考に!

ラムネが二日酔いに効くんですか?

あのラムネ菓子?

 

まったく知りませんでした!

 

例えば、森永のラムネ。

ビー玉が入っているラムネ飲料の

デザインが可愛い

あの緑の容器のラムネです。

森永のウェブサイトを見てみると、

「日本で40年以上続いている

ロングセラーブランド」


【スポンサーリンク】

大人にも子供にも人気の

ソーダのような清涼感を味わえ、

噛むと「シュワ~」とお口の中で

広がる発泡感が特徴です、

と載っています。

 

たしかにロングセラーですね。

懐かしのお菓子という印象が強いです。

1本70円か80円といったところでしょうか?

 

ここ数年、一時帰国の時に何十本か買い、

これ日本のミント味のキャンディ、といって

うちの道場の子供たちにあげるんです。

イギリスに持って帰るのに軽いし、

入れ物も可愛いし、

ミントの味がキツ過ぎず美味しいので

みんなにウケてます。

なんたってリーズナブル♬

 

このラムネが二日酔いに効くんですか?

ラムネと二日酔い、

なんか凄いギャップを感じます笑)

 

とっても興味津々なのでちょっと調べてみました。

 

 

ラムネが二日酔いに効くメカニズム

 

森永ラムネ菓子には

「ぶどう糖90%」

と書いてあります。

昔はこの表記こそ無かったものの、

ラムネは主成分がブドウ糖です。

実はこのブドウ糖がポイントなのです。

 

まずは二日酔いのメカニズムからお話しします。

二日酔いはアセトアルデヒドという成分が

体内に残ることで起こります。

アセトアルデヒドはブドウ糖や

二酸化炭素や水分に分解されますが、

分解するには

大量のエネルギーを必要とします。

お酒を飲みすぎるとその分解が追いつかず、

分解されないままのアセトアルデヒドが

体内に残ることに。

そして二日酔いになってしまいます。

反対に言えば、

分解可能なだけのお酒を飲んでいれば

二日酔いにならないということです。

これがなかなか難しかったり

するのでしょうが、、、笑)

二日酔い覚悟で飲みたい時もありますよね。

 

 

そこでブドウ糖の登場です。

二日酔いをなるべく早く治すためには、


【スポンサーリンク】

アセトアルデヒドを早く分解する必要があります。

これにはブドウ糖の摂取が一番なんです。

ブドウ糖はエネルギー補給のために摂取されるので

ドラッグストアなどで買えます。

美味しくて手軽に買えるものとして

ブドウ糖90%のラムネ菓子を食べる、

それが二日酔いに効くということが分かりましたね。

 

ラムネはいつ、どのくらい食べたらいい?

 

ラムネを酒のおつまみにしましょう!

と言ってもいいくらい、

ラムネは二日酔いになってから

食べるだけではなく、

お酒を飲む前、

そして飲んでいる最中に食べても

効果があります。

ブドウ糖は単糖類、

これ以上分解することのできない分子です。

ですので吸収が早く、

摂取してから15~30分で

効果が現れると言われています。

そしてこの効果は

2~3時間しか持続できませんので

こまめな摂取が必要です。

 

と安心しきって

ラムネがあるからいくらでもお酒を飲んでいい、

これは単純すぎです。

ラムネを食べすぎでブドウ糖を取りすぎ、

血糖値が一気にあがってしまったり、

糖尿病などのリスクが高まる可能性があります。

 

個人差がありますが、

ラムネは5~10粒を目安にしましょう。

 

 

ということでブドウ糖90%のラムネが

二日酔いに効くことが理解できました。

まさか、二日酔いに悩む大人対象に

ラムネを作ったわけでもないでしょうから、

いったい誰が最初に見つけたんでしょうね。

よっぽど二日酔いに

苦しんでたんでしょうか笑)

年末年始になるとなぜか

ラムネ菓子の売上げがあがるそうです。

これは懐かしのお菓子という印象を

ガラっと変える事実ですね。

 

ブドウ糖は集中力アップ、

エネルギー消費の多いスポーツの

栄養補給にも効果があるので、

ラムネは剣道のメンバーには

メリットが多いはず。

日本好きな人ばかりだし、

日本のラムネ菓子で剣道の疲れも

吹き飛ぶかもしれません。

子どもにだけでなく

全員に買ってきてあげようかな。

これから一時帰国時は

ラムネの箱買いでしょうか笑)

 

皆さんも久しぶりに

ラムネを買ってみませんか?

可愛いラムネで

飲み会の主役になっちゃいましょう♬

(楽しくて飲みすぎ注意!)

 

ここまでお読みいただき

ありがとうございました。

 

(椿)

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*