便秘気味の人に朗報!美味しいオリーブオイルの飲み方でお悩み解消!

ここ数年、美容にいいということで話題になっている

オリーブオイル。

しかし美容だけでなく、

便秘にも効果があるということは知っていましたか?

 

我が家ではよく食卓に顔を出します。

自家製ドレッシングだったり、

豚や魚をソテーしたものにそのままかけたり

とても万能で料理への取り入れやすさも魅力の一つです。

 

今回はこのオリーブオイル

苦手な人でも美味しく摂取できる方法を


【スポンサーリンク】

書いていきたいと思います。

 

オリーブオイルが苦手な方でも大丈夫!美味しい飲み方☆

私はいつも完成した料理にさらっとかけたり、

野菜スープに少量入れたり

サラダにそのままかけたりと

割とオリーブの味を楽しんで食べています。

 

一時期グリーンスムージーにはまっていた頃には

スムージーにも入れていました。

しかしオリーブオイルの独特な香りや味が苦手だという方は

結構いますよね。

 

そんな方に紹介したいのが、

「ドレッシング」と「納豆」に混ぜるという方法です。

まずはドレッシングから。

自家製ドレッシングに混ぜても、

市販のドレッシンングに混ぜても大丈夫です。

自家製の場合にんにくを入れると

オリーブの香りが緩和されてよりたべやすくなります。

 

私がよく作るのはオリーブオイルに

マヨネーズと粉チーズ、ニンニク、

醤油を混ぜ合わせたものをよく作ります。

 

あとは醤油、いりごま、みりん、酢を少し煮詰めてから

オリーブオイルと混ぜても美味しいです。

和風の中にオリーブオイルの洋風な香りが合わさって

ちょっとおしゃれな和風ごまドレッシングになりますよ。

 

ポイントはいりごまをたくさんいれることです!

ごまの風味が良くて、

冷や奴やワカメサラダにとてもよく合います。

納豆は発酵食品で食物繊維も豊富です。

 

そのためオリーブオイルと合わせることで

便秘解消の相乗効果が期待できます。

味もまろやかになり納豆が苦手な人でも

食べられてしまうほどです。

大豆製品との相性は良く、

みそ汁や豆腐などにも合うんです。

腸内環境を整えてくれるヨーグルトなどの乳製品と

合わせてみても快便が期待できそうですね。

 

オリーブオイルは便秘に効くの?

便秘に悩まされている女性は

世の中の半数にものぼります。

程度こそ差があれ、

20年以上も便秘で苦しんでいる人もいます。

そのままにしておくと

長期化する傾向があるとも言えます。

 

便秘でお通じが2週間出ていなく、

お腹がパンパンして苦しい。

便秘で不快だけど、

便秘薬に頼るのには抵抗がある。

などなど、

便秘解消をしたいと思っていても

どうしたら良いのか分からないでいる女性は

世の中にたくさんです。

 

そこでオリーブオイルです。

便秘に効くのでしょうか?

答えはイエス。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸が鍵となっています。

 

便秘解消ならエキストラヴァージンオリーブオイルがおすすめ!

オリーブオイルにも2種類あります。

 

・エキストラヴァージンオイル

オリーブの実から絞ったもので

品質がとても良いオリーブオイル

 

・ピュアオリーブオイル

ヴァージンオイルと精製オリーブオイルを混合させ

オリーブ特有のくせを無くしたもの

調理などによく用いられる。

 

便秘が気になる方は

「エキストラヴァージンオイル」が最適です。

その理由はオリーブオイルの抽出法に秘密がありました。

 

a

オリーブオイルの栄養価

オリーブオイルとは、

オリーブの果実から絞って採れる油のことです。

ほとんどの植物性油は加熱処理をする必要がありますが

オリーブオイルは果肉を絞って放置しておくだけで

油が採れるため加熱する必要がないという特徴があります。

 

とくにエキストラヴァージンオイルは

精製オイルを混ぜずに

生の果実から非加熱で抽出され

そのまま商品になるため

より高い健康・美容効果を期待できるのです。

 

 

自然の下剤ともいわれるほど

オリーブオイルは腸にとても良い刺激を与えてくれます。

市販の下剤は一時的に便秘を直すことしかできず

使い過ぎると腸が自力で動かなくなってしまうため

便秘を解消するための最終手段であり、

あまり体に良いとはいえません。

 

その点オリーブオイルは自然由来でもあり、

時間をかけて腸内の環境をととのえてくれます。

 

オリーブオイルにはオレイン酸という

不飽和脂肪酸が主成分となっています。

このオレイン酸が便秘解消にとっても便利なんです。

それでは、なぜオレイン酸が便秘解消に効果があるのか

もう少し詳しく説明しましょう。

 

オレイン酸の便秘解消効果

オレイン酸が腸に到達すると、

腸内が刺激され活発に動き始めます。

このぜん動運動により

腸内に溜まった排泄物が押し出されるようになります。

 

そしてオリーブオイルが便と混ざり合うことで柔らかくし

通りを良くすることにより

スルッと便が出やすくなるというわけです。

もう一つのポイントは、

小腸で吸収されにくいため少量でもしっかりと

効果が期待できるのです。

 

オレイン酸恐るべし…

こんなにたくさんの素敵な効果があるなんて驚きですね。

 

オリーブオイルには女性にとっても嬉しい効果がまだあります。


【スポンサーリンク】

a

 

お肌や老化防止に役立つ成分もたっぷり!

先ほど紹介したオレイン酸による効果で

抗酸化作用があります。

抗酸化作用とは、

老化を進行させる活性酸素を抑えることです。

体内の酸化をどれだけ抑えられるかが

老化防止の鍵になってきます。

 

お肌の調子が整い、

アンチエイジングも期待できるため、

進んで食事に取り入れていきたいですね。

オリーブオイルには他にも

ビタミンE、ビタミンA、ポリフェノール

など美容効果が高いとされる成分もたくさん含んでいます。

 

他の油と違い美容に良い効果がある栄養を備えているのも

オリーブオイルの特徴です。

便秘だけでなく美容も

そんな二兎追うものは二兎追とも得れるのが

 

a

油なのに、こんなに体に良いことばかりなら

たくさん摂ってしまおう!!

そう思われた方、ストップです!

 

気をつけたい摂取量と調理法

たしかに栄養豊富でしかも

ダイエット効果のあるものといえど

オリーブオイルは「オイル」というだけあって

カロリーが高いです。

 

ダイエットになる、

美肌効果があると摂り過ぎてしまうと

逆効果になってしまいます。

 

1日の摂取目安は「大さじ1杯」程度です。

これより多くなってしまうと

カロリーオーバーに繋がったり

少な過ぎると効果を発揮できなくなってしまいます。

 

そしてもう一つ気をつけたいこと、

それは「加熱をすると栄養価が下がる」ということです。

加熱することでオリーブの良い香りが

食材を引き立たせてはくれますが

美容効果などの期待している効果は

低下してしまいます。

 

もし炒め物や揚げ物で使用する場合は

ピュアオイルの方が丁度よく風味も出て

味がまとまりますよ。

エキストラヴァージンオイルを

加熱するのはもったいないと

考えた方がいいでしょう。

 

a

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

料理で使用したことがあったり、

なんとなく体に良いのだろうなくらいは

知っていたという方は多いと思います。

しかし、その想像を上回るほどの

健康効果があったのではないでしょうか。

オリーブオイルを美容目的に摂取していることで

有名なスーパーモデルのミランダ・カーも

毎日1日スプーン1杯のオリーブオイルを

飲んでいるそうです。

 

三十路を過ぎ、一児の母でありながら

誰もが羨む美貌をキープし続けるのは

なかなか大変なことだと思います。

しかしそれを支えているのが

オリーブオイルなのではないでしょうか。

日常的に摂取することにより、

彼女のような魅惑ボディに近づけるかもしれませんね。

 

大切な事なのでもう一度いいますが、

1日の摂取目安量は「大さじ1」までですよ!

もしそれ以上摂ってしまったのなら、

他の食事の油の量を調節してください。

脂質の摂り過ぎは生活習慣病にも繋がります。

そうなると健康の為にと食べていても元も子もないです。

正しく使用することで、

これからの生活を生き生きと過ごせるはずです。

便秘が解消されればお肌の調子も整いますし

オリーブオイルの入っている栄養素も

アンチエイジング効果があるため

中からも外からも美しくなれますよ。

オリーブオイル習慣を毎日続けて健康的に、

綺麗に若返りましょう!

 

(このは)

 

 

関連記事

シナモンの効能! 摂取量を守って健康と美肌をゲット!
シナモンというとアップルパイやコーヒーなどに使う風味付けスパイスというイメージがあります。 でも実はシナモンには豊富な栄養成...

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*