知らないと怖い!!o-157の発生は夏場だけじゃない!予防・消毒法は!?

誰もが知る食中毒の代表格と言えば、o-157です。

食中毒の時期は、

食べ物の傷みやすい夏場が多いですが、

o-157に関しては秋口や更に真冬にまで

起こったりするものですから油断なりません。

o-157の名前は知っているけど、

実際は予防法や消毒の仕方はよく分かっていない…

そういう人、多いのではないでしょうか?

o-157はかかってしまうと最悪死亡する恐れのある

怖い食中毒ですが、その性質を知っていれば


【スポンサーリンク】

感染を予防することは可能です。

いざという時に慌てないためにも、

o-157のことをよく理解しておきましょう。

 

o-157の特徴・症状

 

 

人間や動物の体内には大腸菌が存在していて、

そのほとんどは無害ですが、

このうち「病原性大腸菌」と呼ばれるものは

下痢を起こすことがあります。

o-157は「腸管出血性大腸菌」という病原菌の代表格です。

 

特徴や症状を簡単に説明しますと、

以下のようになります。

 

・潜伏期間4~8日間の後、

激しい腹痛を起こし水っぽい下痢(水様便)が

複数回続き、その後、血便が出ます。

※大人の場合はこの症状が軽かったり、

症状が出ない場合もありますが、

感染しているからには排泄物に菌が

混じっていますので、感染を広げないよう

細心の注意を払う必要があります。

 

・発熱がありますが、一過性で

高熱になる場合は少ないです。

 

以下の合併症を起こし、

最悪死亡する場合もあります。

・下痢・腹痛の数日~2週間後に、

溶血性尿毒症症候群(HUS)になる。

 

HUSの徴候

1.赤血球が壊れ貧血になる

2.血小板(血液を固める働きをする)の

数が少なくなり、出血しやすくなる

3.腎機能の働きが低下する

これらが確認されると、HUSの可能性が高いです。

 

・脳症

予兆として頭痛や幻覚、多弁などが起こり、

数時間~12時間後にけいれんや昏睡状態になる。

 

感染時期や経路

 


【スポンサーリンク】

 

一般的な食中毒は初夏~初秋にかけて

起こりやすいですが、

o-157は感染力が非常に強く、100個程度の数が

体内に入っただけでも感染します。

(多くの食中毒は、

100万個以上でないと食中毒は起こらない)

そのため、暑い季節に限らず

涼しい秋や真冬でも感染することがあります。

 

感染経路は、牛・豚・羊などの家畜の糞便から

水や食べ物を介して感染したり、

感染者から人へ感染することもあります。

加熱が不十分な食材から感染することが

ありますので、食材にはしっかりと火を通し、

生レバーやユッケなどは避けましょう。

(美味しいんですけどね…)

 

o-157の予防法・消毒法は?

 

 

こまめな手洗いを心がけましょう。

外出先から帰ってきた時はもちろんのこと、

トイレの後、調理前、食事前、

とくに感染した人の世話をした後は

しっかりと石鹸で洗いましょう。

石鹸で洗った後、アルコールスプレーなどで

除菌すると効果は上がります。

 

肉・魚・野菜など食材別にまな板を替えたり、

包丁は都度洗いましょう。

私は牛乳パックを洗って干した後に切り開いて、

肉や魚を切る時のまな板代わりに使っています。

使用後はさっと水ですすいで捨てれば良いので、

衛生的にも安心です。

また買い物の袋詰めの際にも、

肉や魚の汁が他の食材につかないよう

ナイロン袋に入れましょう。

 

o-157は熱に弱く、75℃に1分間いると死滅します。

加熱の際は高温でじっくり焼き、食器は食洗機で洗えば

滅菌・消毒の効果は高いでしょう。

 

まとめ

 

1.o-157に感染した場合、激しい腹痛と下痢、

血便・発熱を起こす場合がある。

悪化するとHUSや脳症といった合併症を伴い、

最悪の場合は死に至る

2.感染時期は夏場に限らず、

気温の低い時期でも感染する

3.こまめな手洗い、清潔な調理器具、

高温での殺菌消毒で予防、消毒を心がける

 

自分はもちろん、

大事な家族が感染しては大変です。

o-157に関する知識をしっかり持ち、

もしもの場合にはすぐに適切な処置ができるように

心がけておきましょう。

おかしいと思ったらすぐ病院へ!

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*