乳癌かもしれない!?しこりの感触とチェックポイント

最近、TVやラジオなどのメディアでもよく取り上げられる

「乳癌」

小林真央さんの闘病を知り、真央さんの年齢や子どもがいることなど

自分に置き換えて他人事ではないなと感じた方も多いはず。

 

乳癌にはエストロゲンという

女性ホルモンが深く関係しています。

 

乳癌の原因は遺伝だけでなく環境や生活習慣、体質も影響があります。

「癌」と聞くと「死」をイメージする人も多いと思いますが

早期発見ですと9割以上の方が治る病気です。

そんな乳癌に関する早期発見のためのポイントを調べました。


【スポンサーリンク】

 

どんな人が乳癌にかかりやすいの?

乳癌にかかりやすい人は主にこの4つに該当する人です。

・遺伝:血のつながった家族や親戚に乳癌の人がいる

・月経:初潮が早く、閉経が55歳以降と遅い

・出産や授乳:高齢出産(35歳以上)、出産や授乳経験がない

・高脂肪の食生活や肥満などの生活習慣病のリスクがある人

 

どんな症状があるの?

初期には痛みやしこりなどの自覚症状がないこともありますが

多くは「しこり」や痛み、見た目の異常で気が付きます

乳房をみたときに次の4つの点を注意深くみてみましょう。

・乳房や脇の下にしこりがある

・乳房がひきつれたり、くぼんだりしている

・乳房や乳頭に湿疹やただれがある、また分泌物が出る

・乳房の腫れや痛み

 

必ずしも、しこりがあったからといって乳癌であるとも言えません。

同じような症状である乳腺症の場合も多くあります。

乳腺症についてはこちらの記事を参考にしてください。

乳腺症の痛みは冷やして治るの?治療法をまとめてみた
乳房が痛い、またはしこりのような物が触れる 乳頭から分泌物が出るなどの症状はありませんか? 乳がんかもしれないと不安になる...

 

早期であれば乳房をそのまま残す治療方法も選択出来るので

乳癌の早期発見は大事なポイントになります。

しこりを見つけたら、すぐに病院受診をしましょう

 

では、しこりを小さいうちに見つける為にはどうしたらいいのでしょうか?

それは・・・

 

 

「毎日触ること」です!

 

ただ触るだけではありません。

しこりの感触や大きさなどセルフチェック出来るポイントがあるのです。

私も実践しているセルフチェックの仕方を紹介したいと思います。

 

〜しながら出来る!?簡単3つのセルフチェックポイント

27ca6c3d0bb55621c21948cc25e2f2cc_s

1、お風呂に入りながら

ボディソープを付けた手と指で乳房を全体的に「の」の字を書きながら触っていきます。

リンパのある脇の下の方までしましょう。

 

2、着替えながら


【スポンサーリンク】

48e3fa745d446f8528d0f66d2e2c0815_s

入浴前や入浴後、着替える時に鏡の前でチェックします。

私は洗面所の鏡で洋服を脱いだときに

両手を挙げて乳房の左右差や湿疹、または乳頭から分泌物がないかをチェックしています。

 

3、寝ながら

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s

夜、寝る前に横になった時にストレッチをしながら行います。

チェックする方の腕を上げて、反対の手で指の腹を使いながらすべらすように触っていきます。

乳頭はやさしくつまみながら、軽くしぼってチェックします。

オイルやボディクリームを使用するとチェックしやすいです。

 

胸の大きさにもよりますが、しこりは1cm以上になると見つけやすくなると言われていますが

たまに触っている程度では分かりません。

 

毎日触ることで小さいしこりも見つけられるようになるのです

ただし、生理前や生理中は胸が張ったり痛みがある場合もあるので終わってからにしましょう。

 

しこりはどんな感触がするの?

種類によって違いはありますが、悪性であれば一般的には弾力はなく硬いと言われています。

また、しこりの境目がはっきりしており押しても動かないことが多いです

 

反対に良性のものであれば、消しゴムくらいの柔らかさで境目がはっきりせず動きます。

しかし、これだけで判断は出来ないので

レントゲンや超音波検査、マンモグラフィー検査を行う必要があります。

 

いつもと違うと感じたら・・・

セルフチェックを続けていると少しの違いも分かるようになります。

また、早く受診することで完治出来る可能性もアップします。

女性にとって乳房の検査となると、見られるのも恥ずかしい気持ちになると思います。

女性の医師がいる病院もあるので、ふだんから調べておくと慌てないで受診出来ます。

費用は自治体が負担してくれると1000円ほどで受けられます。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

 

セルフチェックだけでは診断は出来ません。

年に1回の乳癌検診と併せて行うことをぜひお勧めします。

(ももまる)

 

 

関連記事

乳がん検診は値が張るからちょっと・・

そう思ったあなたにおすすめしたいのが食事対策です。

 

がんを攻撃してくれる免疫細胞の60%が腸にあるといわれています。

腸内環境を改善すれば、乳がんだけでなく他のガンも攻撃してくれる

ナチュラルキラー細胞を活性化させてくれる働きがあります。

 

そんな腸内環境改善に役立つ「乳酸菌」について

健康だけではない嬉しい効果についてまとめてみました。

ラブレ乳酸菌5つのメリット!日常生活に取り入れて健康効果を体感しよう♬
「成功者の共通点 それは甚大な『体力』です」 ブロガーのちきりんさんが言っていました。 健康で体力があるからこそ行動が早く ...

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。