水いぼができたらプールは入れない?

暑い夏がやってくると

子供たちの一番のお楽しみといえば

もちろんプールですよね!

 

私の息子も毎日朝起きて

外が晴れているのを確認しては

おおはしゃぎしています。

 

天気や水温だけでなく、水に入る子供自身の体調でプールに入れなかったりもしますね。

下痢や皮膚疾患があると感染のリスクがあるためプールには入れません。

その中ですこし判断に悩むのが、水いぼ。

 

水いぼとは?

夏に流行する、特に子供がかかりやすい皮膚疾患です。


【スポンサーリンク】

光沢のあるいぼができて、掻きこわしてしまうと広がってしまいます。

人に感染するので、園によってはプールに入れない場合もあるようですが

一応「学校保健安全法」によると発疹が多い場合はビート板や浮き輪の共用をしない

と書いてあるのみなのでプールの参加そのものは禁止されていないようです。

 

ちなみに私の子供が通っている保育園では、水いぼができてもプールに入ってもOKでしたが

いくつか条件がありました。

まだジュクジュクしているような水いぼには小さな絆創膏

(ネットで見つけた、病院で注射のあとに貼るような小さな四角い絆創膏がとっても便利でした)

を貼り、上からTシャツを着ればプールに入ってもOKでした。

 

水いぼは放っておいても完治はするそうなのですが、半年〜1年くらいの長いスパンの話になります。

 

プールは真夏の間しか入れないので、早めに治してあげたい気持ちも山々なのですが

治療法はピンセットなどで地道に潰していくしかありません。

しかもこれがとんでもなく激痛なのだそうで…

私の息子が4歳の時に水いぼがひどく、しばらく皮膚科に通って

飲み薬の処方とつぶす処置をしていましたが、つぶしてもつぶしても完治しないわ


【スポンサーリンク】

子供は痛がって泣き叫ぶわで、全くいいことなしでした。

 

処置の前に麻酔のシールなども使ってくれたようですが、息子の様子を見ると無意味なようでした。

長く処方されていた飲み薬も全く効果が感じられず、毎日保育園にも薬を渡していましたが

そのうち「ずいぶん長く飲んでるみたいだけどあまり良くならないみたいだし・・」

とやんわり薬を持ってくるのを拒否されてしまったほどです・・。

 

私の経験上ですが、治っていなくても条件さえクリアすればプールに入れるのならば

そのうち自然治癒するんですし

わざわざ痛い思いをして治療しなくてもいいのではないかと思います。

 

また、園によってプールに入れる・入れないはもちろん、水いぼの症状の度合いにより

判断が変わるかと思いますのでそれぞれの園に確認して一番いい方法で

水いぼと向き合っていくといいですね。

 

自分で水いぼをつぶせれば病院に通う必要はないのかもしれませんが

下手につぶすと余計に広がってしまったりします。

(何より私は子供が痛がって泣き叫ぶのを無理やり押さえつけてつぶすなんで

かわいそうなことはできませんでしたが・・)

もしも、つぶして治療すると決めた場合は、自己判断せずにお医者さんに診てもらってくださいね。

 

まとめ

①水いぼができても学校保健安全法的に問題なくプールには入れる。

②早く治したい場合はつぶしたり飲み薬を処方されたりはするが劇的な効果は感じられない。


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*