クミスクチンはダイエット、ガン、花粉症予防に効果あり!女性の万能薬!

もし、

 

花粉症が予防できる効果があるとしたら…。

ダイエットに効果があるとしたら…。

ガンを予防してくれる効果があるとしたら…。

 

今までも良くある話だとスルーしますか?

 

では、世界中で効果が認められ、

一部の国では薬として使われているとしたら?

 

沖縄三大野草のひとつだとしたら…?

気になりませんか?

クミスクチンとは何か。


【スポンサーリンク】

 

冒頭ではなした効果が実際にあるんです!

まずは、クミスクチンから得られる効果をお話します。

 

「腎臓、血圧、リウマチ」気になる方はクミスクチン

クミスクチンの優れた成分により

以下の方々に効果があります。

 

1)腎臓の病気を持つ人に。

・腎臓炎、膀胱炎、尿路結石に効果があると言われています。

 

2)高血圧に悩まされている人に。

・血圧を下げる効果があります。

 

3)むくみが気になる人に。

・水分や老廃物を排出して、むくみを軽減してくれます。

(よってダイエット効果も期待出来ます。)

 

4)お肌がつやつやになりたい人に。

・ニキビ、皮脂のテカリを抑えます。

 

5)血糖値が気になる人に。

・脂肪を溜め込みにくくするので糖尿病予防効果があります。

 

6)花粉症がひどい人に。

・副作用がないアレルギー軽減物質として期待されています。

 

7)関節炎、リウマチが気になる人に。

・痛風や関節炎、リウマチの治療にも使われています。

 

8)ガンを予防したい人に。

・ガンの予防に期待されています。

 

クミスクチンは、主に腎臓の動きを活発にしてくれます。

一部の国では腎臓の薬として使われているくらい優れた成分なのです。

 

人間の体の中でとても大切な機能である腎臓。

大きな役割としては下記が挙げられます。

 

1、老廃物や塩分を体の外へ追い出してくれます。

2、塩分と水分の排出量を調節して血圧を調節してくれます。

3、血液を作る命令を出す役割があります。


【スポンサーリンク】

4、健康的な骨を作る役割があります。

 

腎臓は人間の体を正常な状態にする働きがあるのです。

よって、腎臓の機能が弱まると、糖尿病や腎不全を始めあらゆる病気を引き起こします。

それだけ重要な機能なのです。悪くなれば最悪、死を招きかねません。

 

クミスクチンによって腎臓の働きを活発にして

健康的な生活を送れたら嬉しいですよね。

 

では、クミスクチンとはなんなのか。

どのように摂取できるのかをご紹介していきたいと思います。

 

クミスクチンはお茶でお手軽に摂取しよう

クミスクチンはシソ科の低木多年草です。

 

マレーシアやインドネシアでは

腎臓のお茶として愛飲されてきたそうです。

 

日本では主に沖縄で飲まれており、

ウコン・グァバに並んで三大薬草茶(三大野草)と呼ばれています。

 

肝心のお茶の味なのですが、

特にクセもなく、普通のお茶です。

草の香りが少し強いですが、比較的飲みやすいとされています。

 

様々な効果があるにも関わらず、

お茶として摂取できるのでお手軽ですね。

 

なかなかスーパーなどでは見かけないかもしれませんが、

今は通信販売で簡単に手に入ります。

 

たくさんの効果があるクミスクチン。

 

ノンカフェインなので、妊娠初期をのぞき、

妊婦さんでも安心して飲むことができます。

 

上手に摂取して健康的な体を手に入れて

人生をよりエンジョイしちゃいましょう。

(洋 柑寿喜)

 

関連記事

バテる原因は活性酸素にあった?!活性酸素に打ち勝つには?!
「なんだか最近バテるなぁ。」バテると、何をするにも億劫ですよね。 バテる、と聞くと思い浮かぶのは夏バテですよね。 夏バ...

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*