痛くて辛くないですか?アフタ性口内炎。その治し方と予防策3つ

いつの間にかできてしまう口内炎。

口内炎にも色々な種類があります。

壊痕性口内炎、カタル性口内炎、淋菌性口内炎…

などは発症率の低い口内炎。

最も発症率が高いのがアフタ性口内炎。

口内炎といえばほぼアフタ性口内炎と思っても

間違いないくらいです。

 

名前の説明はさておき、

口内炎は本当に辛いですよね。

「お醤油はしみるから…」


【スポンサーリンク】

「辛いものは今は食べれない…」

「熱いものを飲むと激痛が…」

食生活が制限されるのは、

食べることが大好きな私にはとても苦しいです。

 

一日でも早く治したい!

できるなら口内炎をできないように予防したい!

そう願う人は少なくないと思います。

 

そこで今回は、この厄介な存在の

アフタ性口内炎についてまとめてみました。

 

アフタ性口内炎の特徴

皮膚粘膜表面に

楕円形の灰色から黄白色に変色した

膜に覆われた炎症です。

5mm~6mm以下のものを「アフタ」と言い、

それ以上の大きさになると「潰瘍」と言います。

アフタは跡が残らず、

潰瘍は跡が残りやすいのが特徴です。

 

口腔内のいたるところで発症します。

 

アフタ性口内炎の発症原因

主な原因は細菌によるもので、

口腔内を噛んだり傷めたりしてできた傷口に

細菌が入り込み発症します。

 

口腔内の粘膜が弱っていたり、

ストレスや栄養不足からくる

免疫力低下でも発症したりします。

 

アフタ性口内炎の治療方法

通常、1週間から2週間くらいで完治しますが、

免疫力が弱かったり刺激物を摂取しすぎたりすると

2週間以上かかることがあります。

 

少しでも早く治すために必要なことは

まず大事なことは口腔内を清潔にすること。

舌などで幹部を触らないこと。

 

毎食後、歯磨きとうがいで口腔内を

清潔に保つようにしましょう。

うがい薬などを使うとより効果的です。

刺激物(辛いもの)をできるだけ

避けるようにしましょう。

 

口腔内を清潔に保ったあと、

口内炎用の塗り薬を使ってみるのも良いです。

市販でも売られていますし、

口腔内科などで診てもらえば処方してもらえます。

 

 

 

アフタ性口内炎の予防法

・歯磨きやうがいをして口腔内を常に清潔に保つ。

口腔内にはたくさんの細菌が潜んでいるので

できる限り繁殖を抑えるためにも

毎食後はかならず歯磨きをしましょう。

 

うがい薬でのうがいも効果的ですが、

口腔内の粘膜は刺激に弱いので

うがい薬をやりすぎるとうがい薬の刺激を受けて


【スポンサーリンク】

粘膜が弱ってしまう可能性があります。

 

うがい薬を使う際は、

一日に一回など回数を制限する方がいいでしょう。

そして、うがい薬でうがいをした後は

普通の水でうがいをして、

うがい薬を洗い流すことを忘れないように。

 

・口腔内を傷つけないようにする。

思わず噛んでしまうことがありますが、

できるだけ傷つけないように普段から気を付けましょう。

 

・粘膜が弱らないようにする。

口腔内の粘膜はストレスや食事に影響を受けやすいです。

あまりストレスを溜めず、

正しい生活習慣を送ることが

アフタ性口内炎予防につながります。

 

治癒が長引く場合や何度も再発を繰り返す時は注意が必要

ほとんどのアフタ性口内炎が跡も残らずに治りますが、

稀に長引くことがあります。

口内炎は内臓疾患のシグナルになることもあるので

あまりにも長引く時は

一度受診してみることをおすすめします。

 

また、何度も再発を繰り返す場合も注意が必要です。

こちらも稀ですが、ベーチェット病である可能性があります。

ベーチェット病は指定難病に指定されていて完治が難しい病気です。

ベーチェット病は全身性炎症性疾患で

目や皮膚にまで関わりが出てくる厄介な病気です。

いつもの口内炎と様子が違う気がしたら

受診してみることをおすすめします。

 

 

アフタ性口内炎にかかったときに食べやすい食べ物は?

 

さて、アフタ性口内炎にかかっても

食事はしなければなりません。

上で述べたように、

刺激物はいけません。

辛いもの、レモンなどの柑橘類は避けましょう。

 

逆に食べやすいものとは、

低刺激、柔らかい、ぬるめのものになります。

例えば、おじややうどん、

ヨーグルトやプリンなどなど。

いつもと同じメニューでも

このときは薄めの味付けにしてみることをおすすめします。

 

食事やおやつをとるときは、

ぬるめの白湯などと一緒にとりましょう。

ご自身でもお子さんでも、

食べられるもので辛い時期を乗り越えましょう。

 

 

口内炎ができるとそれだけでストレスになりますよね。

でも、その口内炎はストレスが原因で

できているかもしれないわけで…。

 

口腔内をできるだけ清潔に保って、

ストレスの少ない健康的な生活を送りたいですね。

 

(かなえ)

 

関連記事

授乳中の風邪で辛いママへ答えます!葛根湯の効果と服用の仕方
10ヶ月間の妊娠生活から、 陣痛の痛みを乗り越え出産。 そして次に待っているのが授乳。 特に出産後の授乳や不規則な授乳で ...

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*