価値観の違いを結婚生活で感じる。別れたいと手遅れになる前に

別れの原因になりがちな’’価値観の違い’’。

 

「価値観が違ったので

お互い良く話し合った末、

別れました。」

芸能人の離婚会見に

よく聞くフレーズではありません?

 

そんな会見をみて

いつも思うことがあります。

いやいや、価値観は違って

当たり前と思いますがって。


【スポンサーリンク】

きっと他に理由があるんでしょ、

とも思います 笑)

 

違う環境で育ってきてる

別人なんだから価値観違う、

いや言ってみたら、

同じ環境で育つ兄弟姉妹だって

結構違います。

さらには同じ生年月日、ほぼ同時刻、

その後全く同じ環境で育つ

ふたごちゃん達だって違いますから。

それは赤の他人同士の価値観が

違うのは当然でしょう。

 

では価値観って何でしょう?

ズバリ、優先順位のことでしょう。

あなたが何を大切にするか、です。

こだわりとか、大事にしたいこと。

 

同じような価値観の人はいます。

しかし、価値観が100%同じと

言える人はいないでしょう。

 

価値観がまったく違う。

こんな友達がいたとします。

これはこれで結構面白いです。

価値観が違うからこそ、

自分が知らない世界を

見せてくれることもあるでしょう。

 

私もそんなことがありました。

自分もバンドをしていた友達に誘われ、

初めてライブハウスに行った時のことを

思い出しました。

原宿のクロコダイルというところでした。

それまでの行動範囲とは全く違った世界。

友達に誘われなかったら

行く機会があったかどうか分かりません。

でもその日はとても楽しく、

誘ってくれた友達に感謝しました。

 

では男女関係は?

価値観の違う異性と出逢って

付き合い始めました。

自分の世界と違う世界を

見せてくれる異性こそ、

わぁ~かっこいい~!

と、マンネリ化しやすいデートも

サプライズ感たっぷり。

そして、価値観が違うからこそ

お互いの欠点が見えにくい面も

あるでしょう。

 

ところが、価値観がまったく違う人とは

結婚に至らないのが

常ではないでしょうか?

 

その後、価値観が似た

パートナーに出逢いました。

性格や結婚までのお付き合いの

長さなどによって違いますが、

価値観が全然違う人より似た

価値観を持ったパートナーのほうが

メリットは多いのではないでしょうか?

 

例えば、

①似たもの同士ならではの気楽さ

似たもの同士だと、

刺激は少ないものの、

なんとなく気楽で一緒にいて

居心地が良いものです。

育ってきた環境も似ている場合も多く、

それが結婚につながっていくことも

あるでしょう。

 

②楽しく時間を共有できる

楽しいと思うことが似ているので、

それこそ趣味が一緒で出逢った

というパターンも多いでしょう。

その後も一緒に趣味を楽しんだりと、

楽しく時間の共有できるところは

大きなメリットです。

そして晴れて結婚。

新婚時代は人生でも

一番に良い時期とも言われています。

環境の全てが新しく楽観的に

物事に接することができる時期なので、

ちょっと違った相手の意見でも

受け入れることが容易です。

 

それでもあるんですね。

日々一緒に過ごすことで気づいていく、

ちょっとした小さな価値観の違い。

成田離婚という言葉さえあるハネムーン。

早いところではハネムーンで

その価値観の違いから

けんかする新婚さんもいるでしょう。

ハネムーンでは期待値がMAXになり、

思い出をたくさん残そうと

無理をしがちになります。

あなたは朝も早起きして

1日をめいっぱい楽しみたい、

夫は、朝はゆっくりしようよ~

あれあれ?こんな調子が続くと

怪しい雲ゆきに、、、

ハネムーンという特別感が

普段のお互いの似た価値観を上回り、

連日のイベントで疲れは最高潮になり、

余裕の無さプラス予期せぬ出来事などで

ストレスがかかってしまいます。

そしてけんか勃発です。

 

昔勤めていた会社で、上司が結婚し、

ハネムーンはヨーロッパ5ヶ国。

その日程は10日間でした 汗)

奥様のことは知りませんが、

上司にとっては

このハネムーンが初海外旅行。

そして1ヶ国2日という

強行スケジュールを終えて

オフィスに戻ってきた彼は

相当疲れていました。

奥様とけんかをしたかは知りませんが、

小さな価値観の違いが

あったかもしれません。

 

多くの人が結婚してから気づいた、

夫と妻で大きく違った

4つの価値観です。

①金銭感覚

②食事の価値観

③家事・育児のやり方

④休日の過ごし方

日常生活の中で価値観の違いから

結婚した夫婦が別れる決心を

しなければならないまでに

至ってしまうこともあります。


【スポンサーリンク】

これという大きな理由が

あるわけではないんだけれど、

いくつもの小さなことが重なって、、、

このような事って多いのでは

ないでしょうか?

 

では、価値観が違うことで

別れることを防ぐためには

どうしたら良いのでしょう。

 

側にいる夫・妻こそ一番リスペクトするべき存在ということ

 

状況・物事を良い方向へ導く全ては

この意識によるものでは

無いでしょうか。

 

いや、言葉でいうのは簡単、

でも忙しい日常生活で

リスペクトも何もないわ。

だって夫のすることなすこと

私の邪魔してるんだから!

 

というあなた、

あなたにあなたなりの

価値観があるのと同様、

あなたのご主人にも

彼の価値観があります。

もしかしたら夫婦といえども

理解しえない価値観の場合も。

 

たしかにいつも側にいるからこそ

リスペクトが難しい

ということもあるでしょう。

ただし、あなたが変だと

思っているご主人の価値観、

これはあなたからの見解。

ご主人にとっては

それが価値観なのです。

 

私の夫はイギリス人ですが

前世は日本人だっただろうと、

本人も周りも言うほど日本大好き。

剣道と居合道、

以前は合気道も教えていて、

心は正しくニッポン人です。

 

でも、生まれてから育った

この国イギリス、

そしてイギリス人の血は

消せないものですね。

 

例えば、パブへご飯を食べにいく時。

こちらでは食事が終わったら

スタッフに声をかけて

伝票を席まで持ってきてもらいます。

支払いはそのまま席でします。

 

ここで日本人の私との

価値観の違いが露呈します。

私なら自分が払いたいと思ったら

「すみませーん、伝票お願いします」

と、あっちのほうにいる

スタッフに声をかけるところ、

夫の価値観では忙しくしている

遠くのスタッフに声をあげて

頼むものではない。

自分達の席近くにくるまで

声かけは待つべき、です。

そこには相手を優先する

価値観があります。

それがその後の予定まで

時間があまり無い時にでも出るので、

私はなんてのんびりしてるんだ!

とイライラ。

 

ここで考えてみます。

夫はイギリス人で

これが彼のやり方であり、

また私はイギリスに住んでいるわけで

無理やり日本式を持ち込むことを

するべきではないんだ。

夫に会計を頼むなら頼み方も

彼のやり方にさせるのがリスペクト。

 

我が家の場合、夫が外国人ということで

価値観なんて違って当たり前!

と割と簡単に思えるから

ラッキーかもしれませんね。

 

ただ、日本人同士だろうが

外国人だろうが

価値観が100%一緒の人は

いないということを

はっきりと認識したほうが良いのです。

 

今晩何食べるか、

のような些細なことから、

子どもは中高一貫、いやのんびりでいい、

または、

持ち家を買いたい、賃貸でいいでしょう、

などなど、一緒に暮らす

パートナーだからこそぶつかります。

 

でも、価値観が一緒のはず

なんてないんだから

お互いそれぞれの道行けばいいじゃない、

というのも違いますね。

それでは一緒にいる意味がない。

 

別れるというところまでいく夫婦とそうでない夫婦の違いは1つだけ

 

価値観が違うところを

同じじゃないといけないと思うと

これがストレスの始まりになります。

はて、ではお互い干渉せずに

と思うのも寂しすぎる。

そしてこのような思いは

放置すればするほど

大きな壁になってしまいます。

 

このような状況になった場合に

お互いの関係をベターにできるのか、

別れることになってしまうのか、

 

違いは1つだけ。

すれ違いが始まった時に

どんな対応をするか、という点です。

 

円満に目の前の問題を解決するには、

お互いが普段思っていることを

伝え合うに限ります。

 

コミュニケーションを取る中、

家事のやり方など

小さいことには目をつぶって

大きいことはお互いに

折り合いをつけましょう。

折り合いとはリスペクトを持って、

譲り合うところは

譲り合うことが必要です。

好きで結婚した相手が

大切にしているもの、

優先順位が高いものについては

あなたにとって

何てことのないものでも

リスペクトするよう努力してください。

リスペクトしないまでも

否定するのは止めましょう。

男性と女性の違いも

考慮するべきですね。

 

私も夫が剣道剣道と

色んなスケジュールを

入れようとすることについては

剣道が夫にとってとても

大切なものだと理解し、

5つ言ってきたらそのうち2つはどうぞ!

と言ってあげられるよう

努力しようかなと思います 笑)

 

そして価値観が

似たもの同士のメリットです!

①似たもの同士ならではの気楽さ

②楽しく時間を共有できる

 

出逢った頃に戻って、

どうしてこの人と結婚したのか

思い出してみれば、

パートナーが

可愛く見えたりしてきませんか?

いがみ合って暮らすより、

お互いが成長するような

関係のほうが人生絶対、

お得と思います!

 

ここまでお読みいただき、

ありがとうございました。

 

(椿)

 

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*