これが改善ポイント!要領の悪い人の悪いクセの直し方

後から後から何かしらすることがあって、

家事は本当にキリないですね~!

 

特に毎日の3食のことは

外食やお惣菜を買えば別ですが、

平日も週末も祝日も待ったなし。

 

メニューを考えて買い物をして、

調理して、後片付けしての繰り返しですね。

 

健康を考えたご飯で家族の健康を維持したり、

美味しいと言ってくれる

笑顔を見るのは嬉しいですが、


【スポンサーリンク】

要領悪くやっていたら、

時間がかかって仕方ないですね。

 

さて、私のことになりますが、

自分で思うには、

結構要領が良いんです笑)

 

時間の無駄遣いが大嫌い、

やることができていないと

リラックスできない、

という性格なので、

どうやったら、効果的に

いくつかの家事を同時にこなせるか、

結構考えています。

 

例えば、

朝の次に忙しい時間帯になる夕方。

まず洗濯を始めます。

そして、調理の準備を始めます。

ご飯も炊き始めます。

 

例えば唐揚げの日は、フライパンに油を注ぎ、

油の温度があがるのを待つうちに、

数時間漬け込んでおいた鶏肉に

片栗粉をまぶします。

(洗濯はあと15分くらいで終わります。)

 

1度目揚げ始めた横で、

付け合せやお味噌汁用の野菜を切ります。

そして2度揚げしている間に

ご飯がほぼ炊きあがります。

ご飯を蒸らす時間に、

ご飯を炊いていたガス台で

お味噌汁用の出汁を取り始めます。

(洗濯が終わり、

合間合間に干し始めます。)

 

そして唐揚げが出来上がり、

ご飯が蒸しあがり、お味噌汁も出来、

全てが熱々のご飯を食べることができます。

 

ご飯やお味噌汁を再度温める必要もなく、

時間もガス代も無駄にしません。

 

我が家はキッチンと洗濯機が近いので、

キッチンの作業の間のちょっとした空き時間に、

洗濯物を干したりできます。

 

キッチンでの作業、洗濯の作業を

一緒の時間にすることで、

別々に作業したら使う部屋間の

移動の時間を短くするのです。

 

そして、12時間干しておいた洗濯物は

夜中のうちにある程度乾き、

朝洗濯して干すより早く乾いて、

翌日自分の都合良い時にいつでも

たたんでしまうことができる、

というわけで、常に時間を意識しているのです。

2

反対に夫は要領が悪いです。

剣道道場を運営していると

お話ししたことがありますが、

実際のお稽古以外にもすることが

たくさんあります。

 

たくさんすることがある時こそ、

する順序を考えたり、事前準備を

しっかりするべきだと思うのですが、

夫は今、目の前にあるものを

したがるクセがあります。

 

例えばメンバーへの大会お知らせメール、

メンバーのための剣道着オーダー、

剣道合宿に関しての提案書、

この3つがあるとします。

 

私なら、短い時間で済ませられる

メールやオーダーをやってしまってから、

一番時間のかかる提案書に集中するでしょう。

ところが、夫はまず

提案書を作りたいと思うと、

メールやオーダーをおいといて、

何時間もかかる提案書に

取り掛かるのです。

 

するべきことがたくさん後回しになるより、

どんどん片付けて、

残るは大物だけするべきもの、

という状況にしたほうが、

精神的にも良いと思うのですが、、、

3

こう考えていくと、

「要領が悪い」というのは「段取りが悪い」

ということではないでしょうか?

 

夫の例のように、

一番時間のかかる提案書に手をつけ、


【スポンサーリンク】

他のものを後回しにする、

そうやっているうちに、

実は違う用事も発生するのが常です。

そうすると、小さいするべきことが増え、

やっと提案書を作りあげた時には、

小さなことが数が増え小さなことでは

済まなくなります。

 

そして、焦って作業をすると、

こういう時にこそ間違いが起こり、

当初かけるべき時間以上の

時間をかける結末が待っていたりします。

時間を必要以上に要し、

また精神的にもよくない、

ということになってしまうのです。

 

要領の悪さを変えられる改善ポイント

 

「要領が悪い」というのは「段取りが悪い」

からが大きな理由ではないでしょうか?

では「段取りが悪い」に差し替えると

するべきことが見えてきます。

「段取りが悪い」ということは、

「段取りが良い」状況に変えれば

良いだけなのです。

 

段取りを良くするには、

まず、物事を整理しましょう。

 

そのためには「To-Doリスト」の

作成が絶対におすすめです。

 

とりあえず何かを始める前に

リストを作るということは

そのための時間を使わなければいけない、

と一瞬思うかもしれませんが、

ここでしっかりリストを作ることで、

その後の流れがそれ以上に

スムーズにいくからです。

頭の整理にも大変有効です。

 

そうなると、どのように

「To-Doリスト」を作るのでしょうか?

 

1.作業の重要度を判断する

2.締め切りなど、いつまでにしないと

いけないものなのか把握する

3.これらができたら、家庭のこと、

学校のこと、その他、など

グループ分けする

4. 各グループ内で、

優先順位を考えてリストを作る

5.済んだものは消していき、

常にアップデートする

 

スマートフォンのスケジュール管理の

アプリを利用しても良いですが、

ここでは全てが一目で

見れるようにするのがポイントです。

 

To-Doリストの例はこういう感じで作ってみよう

 

<剣道To-Doリスト>

⚪︎月⚪︎日

⑴メンバーに大会参加不参加を聞く

メール発信

⑵第2回ビギネーズコース希望者への

メール配信

⑶今週締め切り分剣道関連のオーダー

 

⚪︎月⚪︎日

⑴ビギナーズコース参加者用竹刀オーダー

⑵10月グレーディング用メンバーリスト

&お知らせメール

⑶合宿提案書提出

 

その他

⑴2018チャリティイベント

⑵2018ビギナーズコース

 

<その他To-Doリスト>

⑴⚪︎君のお誕生日カードとプレゼントを買う

⑵歯医者予約

⑶三者面談希望日を連絡

⑷大会用小物の補充(

マスキングテープ、ペンなど)

4

リスト作りや判断には、

その作業にかかる時間を把握したり、

するべきことと、そうでないことの

優先順位をつける、

などのことが重要になります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

日々生活していれば、

予測しなかったものが発生したりして、

リスト通りにいかないことはよくあります。

絶対にリスト通りに進めなくては、

という思い込みはよくありません。

リストはあくまでもあなたが作ったもので、

誰かに作られたものではありません。

ある程度は柔軟に構えて、

頭を整理し、段取りを良くするクセを

つけることを目的としましょう。

 

私が段取りよく生活しようと

心がけている理由は、

実は、早く家事や他のことをやっつけて、

自分が好きなことをする時間を持つためです。

メリハリをつけて、

自分や家族との時間を増やせたらいいですね!

 

ここまでお読みいただき、

ありがとうございました。

 

(椿)

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*