焼き芋大好きな人必見!皮ごと食べるほうがいい?

秋になるとなんだか食べたくなる

ほくほく甘~い焼き芋、

わってみると中の黄色が綺麗で

食欲をそそられます。

 

その上にバターをたっぷり乗せて

熱々をいただくともう幸せ♬

 

今回は焼き芋大好きな人必見!

栄養や嬉しい効果についてお話ししていきましょう。

 

さて、江戸時代のサツマイモの料理集にも、

焼き芋が一番美味しい食べ方であると


【スポンサーリンク】

紹介されています。

昔から魅力的な料理とされている焼き芋。

 

しかし、皮って食べたほうが良いのか、

剥いたほうが良いのか

正直どっちが良いのか分からないですよね?

 

まずはサツマイモと焼き芋の栄養素の違いから。

一番気になるのがカロリーですよね。

サツマイモの生芋のカロリーは

100gあたり132キロカロリー

焼き芋のカロリーは163キロカロリーと増えています。

 

これは、焼き芋にする事により

生芋にはなかった麦芽糖が増えます。

この麦芽糖は甘みを増してくれるのですが

デンプンと麦芽で出来ているので

カロリーは増えてしまいます。

 

という事はカロリーを気にする人には向いてないの?

と思うかもしれませんが、

この麦芽糖は腸で吸収されないので

ダイエットにおすすめです。

 

そして腸の活動を活発にしてくれるので

便秘にも効果的。

赤ちゃんの便秘薬にも含まれる成分なので、

からだにやさしい成分なのです。

 

サツマイモといえば食物繊維。

生芋なら100gあたり

2.3gしか含まれていない食物繊維が

焼き芋にすると

3.5gまで増加するんです。

これは、体に良いとされている

玄米の2.5倍の量です。

 

この食物繊維には、

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があるのですが

特に不溶性食物繊維が1.6倍も増えます。

不溶性食物繊維の効果はなんといっても

腸の環境を整えてくれる事です。

 

体に有毒なものを排出してくれる

デトックス効果があります。

しかし、不溶性食物繊維のみを多く摂取すると

便が硬くなる事があるので、

必ず水分を沢山とりましょう。

 

便秘に良いからと

焼き芋ばかり食べていた時期がありまして

逆に悪化させてしまった経験があるのですが、

水分が少なかったのですね。

 

お肌にも良いビタミンCも多く含むのがサツマイモ。

 

生芋で100gあたり29ミリグラム、

焼き芋で23ミリグラムと減っていますが

熱による損失は他の野菜に比べるととても少なく

サツマイモは加熱しても

ビタミンCが壊れにくいという特徴があります。

 

そして部位別に見ても、

どの部位にも平均して

多くのビタミンCが含まれています。

つまり、皮にも多くのビタミンCが含まれています。

皮に一番多くビタミンCがある、

と勝手に思っていたのですが、

意外と内部に含まれる量と変わらないのですね。

 

結局皮は食べたほうが良いのか

焼き芋が美容に良い事はお判りいただけたと思いますが、

皮は食べたほうが良いのでしょうか。


【スポンサーリンク】

結論からいえば、

食べたほうがいいです。

 

ビタミンCが多くふくまれていることももちろんなのですが

実は中心部よりも

圧倒的に多く皮に多く含まれる栄養素があります。

 

それがワインなどに多く含まれている

ポリフェノールです。

熱に強く壊れにくい性質があるので、

加熱することで壊れることはありません。

 

老化を防いでくれたり、

ガンを予防してくれたり

糖尿病や高血圧の予防をしてくれたりと

美容だけではなく健康にも良いのです。

 

ちなみに、焼き芋の皮の匂いは、

何かの匂いに似ていると思いませんか?

焼き芋のポリフェノールの中には

コーヒー酸という成分が含まれています。

そのため、焦げた香ばしい香りは

コーヒーに似ていると言われています。

意識して焼き芋の皮を食べると、

ほんのりコーヒーの味が感じられるかもしれません。

 

しかし、元々は病気や害虫に強いと言われている野菜ですが、

最近は多くの農薬が使用されています。

これらの農薬の中には

発がん性が報告されているものもあります。

サツマイモの皮自体は多くの栄養素を含んでいるので

食べたいところではありますが

農薬は皮に集中するので、

このあたりは注意した方が良さそうです。

 

自宅で焼き芋を作る場合は、

サツマイモをくぼみについている泥まで

綺麗にスポンジ等で良く洗えば

農薬を落とすことができます。

 

焼き芋の皮を剥く人が増えたのは

戦後になってからだそうです。

昔の人は、少しでも栄養を取ろうと皮まで食べていました。

 

焼き芋が大好きだけど毎日は多い?

イギリスではジャケットポテトという食べものがあります。

焼いたじゃがいもの上にチーズやツナマヨや豆類、

自分の好きなものをなんでも乗せて

食べるのがランチに人気です。

これはこれで美味しいですが、

日本の甘いほくほくの焼き芋には出会えません泣)

 

美味しい焼き芋だからといって

毎日食べるのは多すぎなのでしょうか?

焼き芋1本(300g)の場合、

カロリーではお茶碗2杯とほぼ同じです。

ですから食事にプラスしての間食だとすると

ちょっと多いのです。

 

焼き芋の食物繊維と腹持ちの良さで主食にも

 

さつまいもはイモ類の中で含有量がトップです。

焼き芋にすることでさらに含有量が増え、

食物繊維の代表選手玄米と比べて2.5倍になるのです。

焼き芋はこのように食物繊維に優れ、

また腹持ちも良いので

主食としても非常に優れています。

 

江戸時代からある焼き芋。

焼き芋の調理方法が今まで残っているのは

美味しいのはもちろん

体に良い成分が沢山入っているからではないでしょうか。

 

(洋 柑寿喜)

 

 

関連記事

意外とおいしいどんぐりの食べ方と種類別選別方法 
秋になると公園にはどんぐりがたくさん落ちていますね。 こどもが拾って来たけどこれって食べられないのかな? そう思ったことは...

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*