これで間違いなし!つけ置き洗いのつけ時間を知って上手に洗濯しよう!

皆さんはつけ置き洗いを

上手に活用していますか?

「このタオルお気に入りだけど、

もう臭いから捨てよう…。」

「パパのYシャツ汚れ落ちないから

新しいの買って来よう…。」

それ、もったいないですよ!

つけ置き洗いを上手に活用する事で、

洗濯物は頑固な汚れや臭いも

キレイにしてくれます。


【スポンサーリンク】

せっかくのお気に入りのタオル、

捨てたらもったいないです。

私もつけ置き洗いをしていなかった頃は、

臭くなってしまった

お気に入りのタオルを

捨ててしまっていました。

今は、つけ置き洗いをする事で、

衣類やタオルなど、

大切に長い間使えるようになりました。

そんな主婦歴10年、洗濯大好きな私が、

つけ置き洗いの上手な選択術を

教えちゃいます!

 

つけ置き洗いって難しいんでしょう?

つけ置き洗いは、

皆さんが思っているより、

とっても簡単です。

①バケツや桶にお湯を入れます。

②洗濯用洗剤をお湯に溶かします。

③数時間置いて、

脱水して洗濯をします。

基本はたったのこれだけです。

バケツや桶がなければ、

お風呂の浴槽でも大丈夫ですよ。

ただし、つけ置きした後は、

必ずキレイにお風呂を洗って下さいね。

 

詳しくつけ置き洗いについて教えて!

まずは、バケツや桶を用意しましょう。

そうしたら、

30度~40度くらいのお湯を

用意して下さい。

お水でも構いませんが、お湯の方が、

洗剤の溶け方も早く、衣類の繊維も

あまり傷つけませんので、

なるべくお湯を用意して下さいね。

次に、

衣類が浸かるくらいの量のお湯を入れ、

各洗剤に書かれている、

適量な量の洗剤を入れ、

よく溶かして下さい。

ここで注意!!

色物、柄物の衣類は

色素が落ちやすいので、

必ず別々につけ置きして下さい。

私もまだ、

つけ置き洗いに慣れていない頃、

白いシャツをピンクに

染めてしまった、

苦い経験があります。

あなたの、お気に入りの白いブラウスが、

色落ちで汚れてしまったら、

ショックですものね。


【スポンサーリンク】

 

つけ置き洗いのつけ時間は?

洗う衣類の「色」によって

時間が変わってきます。

白い衣類は2時間~6時間。

色物、柄物は2時間~3時間が

つけ置きの目安です。

つけ置きしている間に、洗剤の成分が、

衣類の繊維の奥まで浸透し、

頑固な汚れや、臭いを落としてくれます。

色物、柄物は、

長時間つけ置きし過ぎると、

色落ちしてくる事があるので、

なるべく手早くつけ置きして

洗いましょう。

時間が経ったら、お湯を入れたまま、

洗濯機に入れて、30秒~1分ほど、

脱水して下さい。

そうしたら、あとは洗剤を入れて、

いつものように洗濯機で洗って下さい。

洗濯が終わったら、いつもよりずっと

キレイな洗濯物で、

ビックリすあるはずですよ。

 

まとめ

①つけ置き洗いにはお湯を使う

②色物、柄物は別のバケツや桶を

使ってつけるのを分ける

③つけ置き洗いは「色」によって

つけ置き時間が違う

いつもよりキレイに洗濯できると、

自分で自分を

褒めてあげたくなっちゃいます。

つけ置き洗いは頑固な汚れや臭いを

キレイにしてくれます。

お気に入りのタオルや、

パパのYシャツに限らず、

お気に入りの服やお子さんの靴下など、

つけ置き洗いをする事で、

もっともっと大切に使えますよね。

いざとなったらつけ置き洗い!

覚えておいて下さいね。

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*