溶けない氷にびっくり!100均でも買えるお役立ちグッズ

暑い日本の夏、

冷たい飲み物が美味しいですね。

それに比例して、

氷の消費も激しくなります。

 

だいぶ昔の話になりますが、

カルピスのコマーシャル。

カルピスの入ったグラス、

その中の氷がカランと動いて

それだけの絵なのに、

とっても涼しい気分になったのを


【スポンサーリンク】

思い出します。

 

製氷器は今や、四角い氷を

作るだけではありません。

IKEAなどで可愛いハートや

動物型の製氷器もたくさん売られていて、

涼をとるだけでなく、

見た目も楽しい飲み物になります。

お子さん達も喜びますね。

 

氷でさえ、どんどん進化する日本。

そして、またまた

日本のアイデア商品です。

その名も「溶けない氷」!

 

溶けない氷とは、

そのタイトルだけでもビックリです。

そして、100均で買える

というのですから

その値段にまたビックリ笑)

 

まずはどんなモノなのか

紹介していきましょう。

 

溶けない氷の正体は?

 

溶けない氷と言っても本物の氷ではありません。

冷やした石やステンレス・

ポリエチレンのキューブのことを

呼んでいるのです。

 

溶けない氷には、

・プラスティック製

・ステンレス製

・ストーン製

があります。

 

早速、溶けない氷を使う

メリットをみてみます。

 

メリット①飲み物が薄まらない

氷を入れるとどうしても

飲み物の味が薄まってしまいます。

麦茶はジュースはもちろん、

ビール、ワインなど

薄めたくないものでも

氷を入れたように

冷たくいただくことができます。

 

急にお友達家族が来て、

簡単なおつまみと軽い白ワインで

リラックスしたい時。

白ワインが冷えていなくても、

この溶けない氷さえあれば大丈夫!

話題性もあって

リラックス感倍増ですね。

 

メリット②保冷剤にも使える

グラスに入れる氷としてはもちろん、

保冷剤的に使うこともできます。

夏のスイカを桶で冷やす時、

氷をたくさん入れますがやっぱり溶ける。

追加でもっと入れたくでも

そんなにすぐには氷ができていない、、、

そこでこの溶けない氷です。

いろいろなデザインを浮かしたら

お祭り気分も盛り上がることでしょう。

 

そうめんや冷麦にも

カラフルな溶けない氷を使ったら

子ども達が喜びそうです。

 

それから今はマイボトルを

持ち歩くことが

定番になってきていますが、

マイボトルに

溶けない氷を入れておけば、

いつでも冷たい飲み物を飲めます。

暑い日、遠出する時などの


【スポンサーリンク】

水分補給にとても役に立ちます。

 

メリット③繰り返し使える

使い終わったら

また冷凍庫にもどします。

モノによっては冷蔵庫で

冷やすことができるものもあります。

冷凍庫のスペースを取らずに

氷が作れるのは嬉しいですね。

 

溶けない氷は100均でも買える

 

溶けない氷で人気は、

BRUNOアイスキューブです。

果物とスパークルの

たくさんの可愛いデザインが揃っていて

色もカラフル。

 

でも、ほんとのところ

どんな使いごこちなのか

気軽に試してみたい人には、

ダイソーやセリアといった

100均がオススメです。

便利グッズ+話のネタとして

購入するなら100円のものでも

十分かもしれません。

 

ワインと果物を合わせるサングリア、

ミントとライムのモヒート。

そして、ロンドン生まれのピムス。

 

このピムス、夏のロンドンでは

パブで家庭で大人気の飲み物です。

ロンドンでオイスターバーを

経営していたJames Pimm氏が、

彼のバーでジンをベースに、

ハーブやリキュールなど

独自のブレンドで作ったカクテルを

出していました。

消化を促すとも言われた

そのカクテルの評判が広まって、

他のバーでも扱いたいと

声が上がり始めました。

Pimm氏の後継者が誰でも

そのカクテルを作れるようにと、

1850年代に「Pimm’s No.1」を

商品化したのが始まりです。

ちょっと驚きですが

ピムスにはきゅうりを使うことが

必須です。

 

作り方をちょっとご紹介しましょう。

大きなジャーにPimm’sに入れ、

きゅうりの皮、

オレンジスライスやミントを加える。

そこにレモネードを加えたら

出来上がり!

 

この簡単なロンドンのピムスに

溶けない氷が最適ですね。

本来の味を薄めることなく、

冷たいピムスを楽しめます。

 

ロンドンの夏は30度になったら

ものすごく話題になるくらいですが、

多くの人が自宅の庭や

パブのピクニックエリアで

食事を楽しみます。

そんな時にこの可愛い優れものの

溶けない氷がお目見えしたら

ロンドンっ子は目が

釘付けになるでしょうね。

 

飲み物の温度は下げても、

濃度は下げない溶けない氷。

一度試してみる価値

大アリだと思います!

 

熱湯や煮沸消毒には

耐えられない商品もあります。

ご利用の場合は使用方法を確認し、

また小さいお子さんが

誤飲などしないよう

くれぐれもご注意ください。

 

ここまでお読みいただき、

ありがとうございました。

 

(椿)

 

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*