ラメ入りゴムでできる千と千尋の神隠しの千尋がもらった髪留めの作り方

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の最後に

千尋が銭婆(ぜにーば)からもらった

お守りの髪留めがキラリと光ります。

 

私もこの髪留めが欲しい!という人続出。

なんとも神秘的な髪留めです。

 

お店に行けば、売ってるかな⁈

 

しかし、何処見ても、売ってない

ジブリのキャラクターグッズなら「どんぐり共和国」だよね。

と足を運んだけど、無い。

やっぱりネットか?とあらゆるサイトをのぞいても無い。


【スポンサーリンク】

有るのはキャラクターが描かれたくるみボタンの髪留め。

 

これも可愛いけど違う。

千尋が髪につけた、キラって光った髪留めが欲しい!

 

って、アレ銭婆が作った特別な物だし、それに…アニメだし。

まぁ、そんな夢も希望もない事言わないで…。

そうだ!無いなら作ればいいんだ!と、言う事で

 

髪留めを手作りしよう!

材料はカオナシ達が紡いだ糸なので有りません。

なので、それに近いキラキラしたものを探します。

キラキラしたものと言えば、ラメ!

ラメ入りのゴムかな⁈色は…紫っぽいので、紫のラメ入りゴムをチョイス。

そして、これを自分の使いやすい長さに切って、結ぶだけ。

出来上がり!

どうですか、なんとも簡単に出来上がりました。

 

えっ⁈ちょっと納得いかない感じ?では、もうひとつ別の作り方で

 

ビーズを使って作りましょう!

ビーズもキラキラ感があるかなって思うので、作ってみましょう。

ビーズはお店で色々なビーズが売られているので、これかな?って思う色を買ってくださいね。

ビーズの大きさにもよりますが、千尋が付けてた物からすると、あまり大きくないので

ゴムが通せないビーズになるのかなと思います。


【スポンサーリンク】

 

なので、ゴムテグスを使います。自分の使いやすい長さに切ってこれにビーズを通していきます。

出来上がりは、光の当たり具合で、キラキラしてます。

ビーズなので、取り扱いは優しくしてくださいね。

 

これはこれで素敵ですが、普段使いはちょっとしにくい感じですので

続いてはこんなのはどうでしょうか

 

ゴムに糸を巻きつけてみる

千尋のゴムは紡いだ糸なので、糸を使って作ってみましょう。

巻きつけるゴムは輪になっている細いヘアゴム。

 

ブレスレット用ワイヤーやゴムテグスもありますが

普段使いしたい場合はヘアゴムがいいかなと思いますが、お好みでどうぞ。

 

糸は刺繍糸、縫い糸、レース編み用の糸など自分の好みの物。

キラッと光ったので、ラメ入りの糸なんかがいいのかなぁって思います。

 

紫の糸に金糸を撚り合わせてはどうでしょう。

金糸は古墳時代から作られているそうなので、神秘的な髪留めに近づけそうですよ。

 

作り方は簡単で、ヘアゴムに糸を巻きつけてというか編んでいきますが

簡単に上下に普通に結ぶのを繰り返していきます。

ヘアゴムが隠れる様にぐるっと編みます。

 

結んでいく作業は大変ですが、出来上がりは千尋の髪留めの様で、嬉しさ倍増です。

 

ちょっと簡単すぎて…と、上級者の方は、アジア圏で使われている

実用性に富んだ結び方で古くから使われている方法で編んでいくといいと思います。

 

ゴム製の紐で編み、ほどけ難い性質の結び方です。

「アジアン紐」で検索すると、編み方が出てきます。

初心者の方も、動画があるのでチャレンジしてみてください。

 

出来上がった髪留めで、千尋になりきってくださいね。

 

まとめ

⒈どんぐり共和国でも、ネットでも売ってない

⒉どこにも売ってないので、ラメ入りのゴムで、手作りしよう

⒊ビーズでキラキラ髪留めを作ってみましょう

⒋糸をヘアゴムに巻きつける方法とゴム製の紐で編んでいく方法(アジアン紐)で作ってみましょう

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*