洗濯が面倒な理由を理解して劇的に時短しよう

洗濯は洗濯機がしてくれる仕事のはずなのに

なぜか面倒に感じますよね。

 

それは、洗濯と一口に言っても行う作業が

たくさんあるからではないでしょうか。

それぞれの作業を少しずつ簡略化して、時短家事を実現しましょう!

 

まずは洗濯に付随する作業を洗い出してみましょう。

・洗濯機に洗濯物を入れる

・洗濯物を干す

・洗濯物を取り込む

・洗濯物をたたむ


【スポンサーリンク】

・洗濯物を仕舞う

作業は少なくとも5つありました。それぞれの作業を細かく見ていき

面倒な理由をみていきましょう。

 

・洗濯機に洗濯物を入れる

ものによってはわざわざ裏返してから洗濯機に入れる必要があるもの

専用ネットに入れて洗うもの、家族が裏返しに脱いだ服を直してから入れる

のように洗濯機に入れるだけでも手間をかけなければなりません。

 

・洗濯物を干す

たくさんの洗濯物を一枚ずつ振りさばき

できるだけしわができないように干すというところに手間と気を遣う作業です。

 

・洗濯物を取り込む

たくさんの洗濯物を一度に取り込むので重たいです。

干してあった場所がたたむ場所まで遠いと、それだけでストレスにもなります。

 

・洗濯物をたたむ

最近ではたたまずにハンガーにかけて収納するという技もよく見聞きしますが

家の間取りなどによってはタンス派の人もまだまだたくさんいると思います。

たたみ方にも人それぞれのこだわりがあり、手間のかかる作業です。

 

・洗濯物を仕舞う

多くのご家庭では家族それぞれのタンスの引き出しにしまっていくと思います。

すでにたたんだものなので、途中でぐちゃぐちゃにならないよう気を遣ってしまっていきます。

上記に加え、もしも汚れやにおいが強い場合はつけ置きしたり予洗いしたりする必要がでてきます。

ここまで見てきた通り、洗濯にはかなりの手間がかかっていることがわかりました。

 

それでは面倒なこれらの作業を簡略化するためにはどうすればよいのでしょうか。

 

洗濯機に入れる前にできること

家族に協力してもらうことは時短家事への近道になります。

例えば、来ていた洋服を脱ぐ時点で、ポケットのあるジーンズなどは裏返しにして脱衣かごにいれる

靴下は裏返さない、などの脱衣時点でのルールを定め、家族に知らせます。


【スポンサーリンク】

 

すると、裏返しの手間を省くことができます。

また、脱衣所にネットを置いておき

ネットに入れて洗って欲しいものはネットに入れて脱衣かごにいれておいてもらうようにすれば

そのまま洗濯機に入れることができます。

 

動線を考えた干し方

洗濯物を干す際は、洗濯機または移動用のかごから一枚ずつ出して干すのではなく

先に全ての洗濯物を振りさばいて仮置き用の台の上に重ねて置いていき

全てを洗濯機またはかごから出してから

今度は一気にハンガーにかけたりピンチで挟んだりして干すようにします。

 

こうすることにより、まず洗濯機が早く空になるので

2回目以降の洗濯に早めに取り掛かることができます。

 

また、一気に干すことは同じ動作を続けて行うことになるので

バラバラの動作をするよりは動線が少なくて済みます。

 

洗濯を取り込む場所

洗濯物を取り込んでたたむ場所まで持っていくことや

たたんだものを仕舞うときなど、意外と移動も多く絡んできます。

 

そこで、たたむ場所は仕舞う場所のできるだけ近くにすれば

移動距離を短くすることができます。

 

しまう場所に合わせたたたみ方

たたみ方にも工夫ができます。洗濯物をしまいやすく取り出しやすい形にたたむとよいでしょう。

例えば、我が家ではバスタオルは2回折った後

くるくるとまいてかごの中に立てて収納するようにしています。

 

そうすることによって先出し後入れなどの仕舞い方も考慮せずに済み

どこにどんなタオルが入っているかも上から見て一目瞭然です。

 

我が家では大人の洋服と、子供の服とタオル、の2回に分けて洗濯しています。

ゴルフやジムなどへ行くとウェアの洗濯物が増えますし

タオルも日によっては何枚も使うこともあるので

洗濯回数が3回、4回になってしまうこともあります。

 

まずは前述の2分類用にかごを分けてそれぞれを洗濯します。

すでに分類ができているので、干すときも分類された状態で順番に干していきます。

 

取り込むときも干したときと同様に順番に取り込んでいくと

たたむときには分類の必要がありません。

 

煩雑な作業が伴う洗濯ですが、毎日やらなければならない、休めない家事の一つです。

それぞれの作業を少しずつでも簡略化して、面倒という意識をなくしていきましょう。
(ちびとまと)

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。