いまいましいコバエ、対策には酢が大活躍!

暑くなってくると

コバエが気になりますね。

キッチンでブンブン飛ぶ

コバエを1匹でも見つけたら

気になって気になって仕方ありません。

 

私は退治しないといけないけど

触るのはイヤ、

コバエは絶対汚いに違いないですから。

見つけただけで不快感120%です。

 

キッチンカウンターに


【スポンサーリンク】

食べ物があったら即座に片付け

コバエには絶対

触れさせないようにします。

 

そして、コバエが

シンクあたりに来たら

水で流すようにしてみたり、

ハエたたきを使ってみたり。

でも、たたいて潰れたハエを

処理するのも

本当にイヤですよね!

 

そんなことをしている

自分を想像すると、

結構パニクってて

滑稽かもしれません 笑)

だけど、コバエ退治は

真剣そのものなのです。

2

それだけ、コバエはイヤな存在。

もし触ることなく、

潰すことなく退治できたら、

なんて思います。

 

コバエは1年中発生しますが、

特に4月~10月が最も活発に活動します。

 

そしてコバエは基本的に

「汚れた水」に集まる習性を

持っています。

 

例えば、

キッチンの三角コーナー、

お風呂の排水口、

 

ここはコバエには

絶好の巣になります。

 

さらに、

シンクに放置された洗い物、

常温保存の食材、

調味料、

空き缶、空きビン、空のペットボトル、

これらもコバエを

呼び寄せやすい場所になります。

 

コバエのお悩みは多くの家庭で

共通のようです。

スーパーマーケットや

ドラッグストアなどで

色々なコバエ対策の商品が

売られています。

 

幼虫駆除剤、殺虫スプレーや

排水口専用の駆除剤、

捕獲器、

などなど。

 

でもお子さんのいるママ達は

あまり強力なものは

使いたくなかったりしませんか?

 

そんなママに是非試していただきたい

方法があります。

「酢」でコバエ対策ができること

ご存知ですか?

3

コバエは「酢」でキャッチ!

 

コバエの好きな場所は

特にキッチンや食品周り、

薬品を使うことには抵抗があります。

 

そこで家にある「酢」で

コバエ対策ができます。

コバエを酢のにおいで


【スポンサーリンク】

おびき寄せるのです。

特に「りんご酢」など

果実酢に効果が見られます。

 

それでは早速、その方法を

ご紹介しましょう。

 

用意するもの:

ペットボトル

(カッターなどで半分に切ります)

酢大さじ3杯くらい

 

①半分に切ったペットボトルに

酢を入れます。

②水で薄めます。

③台所用洗剤を少したらします。

④コバエが来そうなところに

置いたらあとは待つだけ!

 

<注意点>

・小さいお子さんがいる家庭では、

間違って飲んでしまわないよう

置く場所を考えてください。

・まずは清潔にしてください。

酢でなく、他のにおいの元に

コバエが行ってしまいます。

・作った酢水は約1週間ほどで

処理してください。

新たなコバエが来るのを

避けるためです。

・コバエが入った酢水は

トイレに流しましょう。

 

これだったらすぐに始められますね。

 

それから、捨てても捨てても

溜まる生ゴミ。

ここにも「酢」が役立ちます。

 

生ゴミも「酢」が活躍

 

コバエが大好きなキッチン。

家族のために食事作りをすると、

生ゴミもたくさん出ますが、

ここが最もコバエの

お気に入りの場所。

 

なので、ここにも「酢」が

活用できます。

用意するものは、

スプレーボトル、酢、水のみ。

4

スプレーボトルに酢と水を

1:1の割合で混ぜ合わせます。

そして、生ゴミに吹きかけます。

または、袋の底に酢を染み込ませた

キッチンペーパーを敷いてから

生ゴミを捨てるようにします。

 

水分があると雑菌は

繁殖のスピードをあげるので、

キッチンペーパーで水分を吸い取り、

そして酢で殺菌すると良いのです。

 

コバエが活発になる時期は、

日頃から清潔な生活環境を

作ることも大事です。

生ゴミは早めに捨てる、

排水口周りの掃除をこまめにする、

など、コバエのわきやすい環境を

なるべく作らないようにします。

 

それでもコバエは発生します。

賢い主婦はこのように

アイデアを凝らして

コバエと戦いましょう。

「酢水作り」も「酢スプレー」も

一手間かかりますが、

キッチンにあるもので用意できるので

それほど負担にはならないですよね。

 

酢を使って、

コバエ退治に使う時間やエネルギーを

他の楽しいものに使いましょう!

 

ここまでお読みいただき、

ありがとうございました。

 

(椿)

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*