着替え袋のマチありの作り方をマスターして、新学期の準備はバッチリ‼︎

保育園、幼稚園、小学校と何かと使う着替え袋。

どこでも売ってるじゃん!なんて思っていたら

サイズ規定があったりして、手づくり確定な雰囲気。

なので、可愛い子どもの為にひと花咲かせましょう。

 

まずは、生地選び

子供と一緒に生地選びから始めましょう。

ママの好みもありますが、やっぱりママと一緒に選んだ生地.

ママが作ってくれた着替え袋だと、子供もテンション上がります!

 

手芸屋でも、入学準備コーナーが出来てるので、おすすめです。後は店員さんに

こんなの作りたいと言えば、親切に教えてもらえます。


【スポンサーリンク】

 

そのまま購入出来るように、どのくらい布地が必要かだけは、把握しておきます。

 

生地のサイズ

布地は90センチ巾、110センチ巾があります。

長さはだいたい10㎝単位でカットしてくれます。

(お店によって違いがあるので、確認してください)

 

気にしない人、模様が縦横のないものや無地は袋の大きさの横のサイズにプラス2㎝の長さ

きちんと縦横したい人は、縦の長さにプラス10㎝の長さの生地が必要です。

 

布地の必要の長さはわかったところで付属品もそろえましょう。

  • 巾着タイプなので紐です。太さがあるので、お好みで。あんまり太くない方が、子どもが閉めやすいのでオススメです。
  • 糸は布地合わせて選びます。(お店の人に聞いた方が早いです)

そして、生地が準備出来たら、道具です。

 

ミシンとアイロンも

アイロンは縫い代を折った時や割る時にかけておくと、ピチッとして縫いやすくなります。

出来上がりも綺麗になります。

ミシンは上糸と下糸の調子を合わせます。


【スポンサーリンク】

作る生地の端切れを使って、綺麗な縫目に合わせてください。

準備が整ったら、作りましょう!

 

着替え袋の作り方

*一般的なサイズとして縦35㎝×横30㎝マチ5㎝の巾着タイプ*

布地:横(巾)30㎝+両脇の縫い代(1㎝の縫い代なら2㎝)

       縦(長さ)出来上がりの2倍の長さ70㎝+縫い代と紐入れで5㎝(上下で10㎝)

紐:ワックスコードやカラーひも(太さは好み)80㎝

作り方:

⒈縦長の布を中央で二つに折り、底からミシンをかけ27.5㎝のところで返し縫い(あき止り2.5㎝)

⒉紐の通し口を作るので、縫ったところを真ん中で開いてアイロンで押さえます。上から(空いている口の所から)ミシンをかけて、もう片方の縫い代に続けて縫い上まで戻ります。(コの字)

⒊紐通し口を縫う。袋のビラビラしているところを縫い代代として1㎝折る。さらに2㎝のところで折る。そこをアイロンで押さえてミシンをかける。

⒋マチを縫う。脇の縫い代を開く。角を開き、底と脇の縫い目を合わせて三角形に折り、三角形のとがってるところから2.5㎝のところを縫う(反対側も同じく)

⒌返して、紐を通して完成。

 

まとめ

⒈子どもと生地を選びましょう

⒉生地のサイズを確認しておきましょう

⒊紐や糸も忘れずに

⒋ミシンで縫い目の調節をしてから、作りましょう

 

出来上がった着替え袋。

「保育園に早く行きたいな」なんて部屋の中をるんるんしている、子どもの顔が浮かんできますよね。

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*