毎日ご飯の用意が「めんどくさい!」その原因と、そこから抜け出す方法

「あーあ。今日もご飯の用意。めんどくさい」

「何するか考えるのもめんどくさい」

 

とまあ

 

私も良く思うんです...

 

とにかくご飯の用意は「めんどくさい」

メニュー考えるのもめんどくさい。

さらに、

お財布のなかみとも相談って...

あーもー「めんどくさい」

なりますよね。


【スポンサーリンク】

 

生活にも波があるんで、

体や心がしんどい時ならなおさらです。

 

まっ、逆に考えてみると...

そんな「めんどくさい」

やる気のない人に

ご飯を作ってもらって

食べさせられる方も迷惑な話ですけど...

 

もし、あなたがズーッと、

ズーッと

「めんどくさい病」から抜け出せない

ほとんど毎日「めんどくさい」

という事なら、ちょっとそれ本当に

「めんどくさい」かも(笑)

 

家庭内にそういう

負のエネルギーが蔓延してしまっていると

「ヤバイ」です

 

あなたのところは大丈夫ですか?

 

「めんどくさい」の正体は?

「めんどくさい」

「めんどくさい」って

何が原因なのか?

 

あなたの場合はどうでしょうか?

原因、ちゃんと分かってますか?

 

なんとなーくって?

 

ご飯だけじゃなく

生活全体に「めんどくさい」が

蔓延してしまっていることはないですか?

 

そういう場合は

体の不調や心の不調を

疑った方がいいかもしれません。

軽度な「うつ」ってことも

ありますからね。

 

専門のお医者さんなり

カウンセラーへの相談を

お勧めします。

 

今回は、ご飯の用意が

「めんどくさい」

メニュー考えるのが

「めんどくさい」

この話をしていきましょう。

 

先ず原因を分けてみると

 

あなたの問題?

食べる人の問題?

 

どっちでしょうか?

 

自分に合っていないときは

 

あなたが、

「とにかくご飯つくるのが嫌い!」

今までも、これからも ズーッと「嫌い」

という確信があるんであれば、

 

仕方ありません。

それを「しなくてもいい方法」を

考えましょう。

人間やっぱり

得意、不得意がありますんで、

どうしても好きになれないことも

ありますよね。

 

今すぐ、でなくても

3年後、5年後に

「しなくてよくなる方法」を考えて、

実現するために行動を起こす。

これしかありません。

 

私の場合は

お金のやりくりが下手で、

それこそ「めんどくさい!」

ということで、

結婚して3年目くらいに諦めました。

それから以降は

旦那がお金を管理しています。

 

今は毎月、食費その他諸々を

各々の口座に入金してもらって

用途に応じてそこから使うだけです。

 

確かに家計はすぐに移行が出来ますが...

ご飯の用意はそう簡単ではないでしょう

 

・あなたが外で働いて、

ご主人に主夫してもらう

・家政婦さんを雇う

・お子さんに任せる

どれもハードルが高いです。

 

でも、今のままほったらかし、

「嫌い!」「めんどくさい!」では

あなたも、ご家族も不幸ですよね?

ご主人やお子さんが

ある程度大きければ

お子さんも入れて

しっかり今後のことを家族で話し合う、

そこから始めるしかありません。

 

もう一つの場合は

完璧主義者が陥るパターンです。

 

何時も自分のつくったご飯に

納得がいかない。手抜きが出来ず、

3種類以上おかずを出さないと

気がすまない

 

つまり、

自分の状況を考慮出来ない人です。

 

あなたがこのパターンの場合は、

 

自分の作ったご飯に不満、

で自分を責める。

余裕がないのに無理して、

いっぱい、いっぱいになってしまう。

自分を責めて、

疲れて、

やる気が出ない

ご飯をつくることに

メンタルブロック」

がかかってしまって

「めんどくさい」になってしまいます...

 

つまりこういう人は

一番大切なことが「自分の納得」

なんですね。

 

「あなたの納得」は

確かに必要かも知れません。

でも、

本当に大切なことは何でしょうか? 

それが最優先でいいんでしょうか?

考えてみて、

家族の誰かに話してみるとか、

意見を聞いてみたらいかがでしょうか?

 

これもそのままでは

少し悲しい気がします。


【スポンサーリンク】

 

食べる側の問題

つくったご飯を食べてくれない、

勝手に外で食べてくる

つくったものに対する扱いが悪い

というようなことです。

 

どうなんでしょう?

まともに食べてくれないものを

あなたが用意する必要はありますか?

 

あなたは使用人や奴隷ではないんだから

 

ルールをしっかり決めて

それを守ってもらいましょう。

子供も10歳以上にもなれば

ルールは必要でしょう。

 

重要なのは、

誰かにルールをつくってもらうのでなく

まずは、

あなたに都合のいいルールを

家族に提示しましょう。

 

あなたの

自分勝手なルールでいいんです。

そしてみんなから

修正依頼があれば、

話し合いをするんです。

 

因みに私は、

食べるか食べないか分からない

食事は一切、

用意することはありません。

 

旦那が遅く帰ってきて

「何も食べてない」

ってこともありますが、

そんなときも適当に家にあるものを

勝手に食べてもらってます。

 

でも、このように極端な話は別として

 

黙って食べて、美味いも、不味いもない。

少なくとも喜んでくれてるようには見えない。

要するに反応が無い

 

という状況もあります。

 

家族のコミュニケーションは出来てますか?

相手の反応が見えない

これは、結局のところ

コミュニケーションが

取れていない状態ですね?

反応が無いのなら聞いてみましょう。

 

「黙って食べないで、

美味いとか、不味いとか

言いなさいよ!」

って言ってください。

 

どういう形であれ

お互いの気持ちを理解し合うことが

大切なんです。

ここまで、

「めんどくさい」の原因を見てみると。

全てに共通するのは、

「一人で問題を抱え込んでる」

「一人で我慢している」

ということではないでしょうか?

 

あなたの気持ちや考えを、

誰かに素直に打ち明けて相談したり

相手の意見を聞いたり。

ということが出来ていないんです。

 

何時も一人なんです。

だから「めんどくさい」に

なってしまうんです。

 

特に、ご主人との

コミュニケーションが

取れていない場合が多いです。

夫婦間の意思疎通ができていないと、

いろんな支障が出ます。

 

こう言われると...

「話を聞いてもらえない」とか

「時間がない」とか

いろんな言い訳が

あなたにはあるかも知れません。

 

でもはっきり言っておきます。

 

誰かのせいにして幸せを諦めるのも

十年、二十年、毎日「めんどくさい」

といいながら人生を送るのも

それはあなたの自由です。

 

あなた以外の誰かが、

何時か問題を解決してくれることは

ありません。

 

あなたを助けられるのは

あなたしかいないし、

あなたの目の前の問題を解決できるのは

あなたしかいません。

 

私たちは、

親からも、学校でも、

人間関係やコミュニケーションについて

教わることもなく

大人になってしまいました。

 

相手に話が通じなければ

「話が通じない人」

というレッテルを張ることは

いつの間にか学んでしまって...

 

どうしたら話が通じるか、

どうしたら聞いてもらえるか、

どうしたら良好な関係が築けるか

 

学びもせず、研究もせず、努力もしないで

 

「ま、人生なんてこんなもん」とか

「感謝が足りないのよ」とか

そういう話にすり替えられてしまっています。

 

でも、

あなたが諦めずに学び、

そしてそれを行動にうつし

日々、少しづつでも成長していったなら

今とは違う世界を見ることができるはずです。

 

私は今のままでは満足できないから

人としてもっと成長したい!

あなたはどうしたいですか?

これからも「めんどくさい」と

一緒に生活しますか?

さよならしたいですか?

 

まとめ

 

「めんどくさい」の原因を探ってみる。

あなたの問題? 

食べる人の問題?

問題が見えたら

そのことで家族と話をしてみましょう

一人で抱え込まず、

自分の気持ちや考えを伝えられるようになる。

諦めないで自分が成長することが

幸せへの道

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*