幼児が熱で震えるのは何のサイン?すぐに病院に連れていくべき?

子供は熱を出しやすいものだと分かっていても、

高熱で震えているのを見ると

親としては気が気じゃありません。

この震え方は正常なのか異常なのか

判断がつかない…

もし手遅れになったら…

心配事は尽きませんね。

幼児が熱を出して震えている時の

大丈夫な場合とすぐに病院へ行くべき場合の

判断基準を抑えておいて、


【スポンサーリンク】

いざというときの判断に役立てましょう。

 

なぜ身体が震えるのか?

 

 

幼児にとっての「熱が出ている」状態は、

腋の下で計った時の37.5℃以上を指します。

熱が出るのは身体の中の免疫機能が

侵入してきたウィルスや細菌と

闘っているためであり、

それ自体は決して悪いことではありません。

また身体が震えるのは、

より免疫機能を高めようと

筋肉を震わせているからです。

つまり、これからもっと

熱が上がるというサインでもあります。

熱が上がるまでの間は

寒いようであれば布団を被せたり

部屋の温度を高くしたりして、

身体を温めてあげてください。

熱が上がりきれば、身体の震えは治まります。

今度は暑がるようになるので、

それ以上無理に汗を掻かせる必要はありません。

パジャマをこまめに着替えさせたり、

頸の後ろや腋の下、

そけい部(脚の付け根)など、

太い動脈の走っている部分を冷やします。

 

病院に連れていくかどうかの判断は?

 

 

熱があっても、元気だったりよく笑ったり食欲があれば、

すぐに病院に連れていく必要はありません。

一方、機嫌が悪くぐずったり、

食欲がなかったり、呼吸が苦しそうな時は

注意が必要です。早めの受診が望ましいです。

たくさん汗をかくと

脱水症状を起こしやすいので、

こまめに水分補給を行いましょう。

夜間に突然熱が出ても、しばらく様子を見て

急変しなければ翌日の受診で大丈夫です。


【スポンサーリンク】

ただし非常にグッタリしていたり

機嫌が悪かったり、嘔吐を繰り返すなどの

症状が見られれば、速やかに

夜間救急にかかるようにしてください。

解熱剤(座薬)は、一時的に熱を下げる目的で

使用するのは構いません。

熱が下がれば呼吸も楽になり、

食欲も出てくることもあります。

少し元気になれば水分補給もできます。

ただし熱が下がっても

病気が治るわけではありません。

身体に侵入してきた細菌やウィルスなどを

殺そうとして熱を上げているので、

発熱自体は正常な反応なのです。

熱があっても元気なら、

あえて解熱剤を使う必要はありません。

 

熱による震えと、熱性けいれんの違い

 

 

熱性けいれんとは、急激な発熱のために

全身がけいれんすることです。

生後6ヶ月~3歳頃の間でよく見られます。

熱性けいれんの症状は、

意識がなくなり、目は上を向いて

こちらの呼びかけには反応せず、

両手両足は突っ張ったままで

2~3分がくがくと震えます。

この時の対処法は、

衣服を緩めて身体を横にさせる。

口の中に何も入っていないことを確認し、

揺すったり刺激したりせず、

けいれんしている時間を計っておく。

数分で治まれば心配はいりません。

呼吸も戻ります。

逆に、5分以上けいれんが続いたり、

意識が戻らない場合は

ただちに医療機関にかかってください。

熱による震えは、

意識があり呼びかけにも反応し、目も動きます。

 

まとめ

 

1.発熱時に身体が震えるのは、

病原菌を殺すために

筋肉を震わせ発熱させているから

2.発熱時は身体を温め、

熱が上がりきったら冷やす

3.発熱時でも元気だったり

機嫌が良ければ、受診の必要はない。

一方、ひどくグッタリしていたり

呼吸が苦しそうだったり

嘔吐をくり返すようであれば、

早めの受診が望ましい

4.熱性けいれんは意識がなくなり

数分間けいれんする。

5分以上続くようであれば直ちに受診する

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*