テレビの影響とコミュニケーション。テレビは使い方次第!

小さい子は本当にテレビが好きですね。

うちの子も「妖怪ウォッチ」や「はなかっぱ」といったアニメ番組が大好きです。

特に小さい子はNHKの子供向け番組をつけるとずっと集中して見ています。

 

お母さんとしては子供がテレビを見ている間は集中して家事ができたり、ホッと一息つける時間なのですよね。

なのでついついテレビをつけてしまいがち。

 

一方で「テレビって実は子供に悪影響なんじゃないの?」

と疑問に思うお母さんもいるのではないでしょうか。

今回はテレビが子供に及ぼす影響について考えていきます。

 

考えられる悪い影響

まずはテレビを長時間見て考えられる悪影響について考えます。

 

・テレビを長時間見ることにより、運動の機会が減って


【スポンサーリンク】

 体力の低下に、さらに体育の成績も下がってしまう。

・テレビの見過ぎによる視力の低下

 

この2つの影響はとくにテレビに限らず

マンガをよんでいたり

スマホを使っている場合も同じことが言えるので

テレビが悪だ!とは言い切れません。

 

最も問題なのは以下の2点です。

・親とのコミュニケーションの機会が減る

親子との話す機会が一番多いのは

夜飯どきの一家団欒ではないでしょうか?

 

そんな一家団欒の時間帯でもテレビを見て

全員無言。

次第には親とあまり会話をする機会が減ってくる。

 

親と会話してこなかったせいで、周りの同級生と

どう仲良くしたり、話しかけたほうがいいのかわからなくなってしまうので

周りのコミュニケーションがとれなくなる。

 

 

・テレビをの情報は自分から意見を言うのではなく

ただ見たり聞いたりするだけなので頭を使わない。

 

これらだけを見ると子供にテレビは見せないほうが良さそう、という結論になりそうです。

ですが、最近の研究ではそれほど悪影響ではないという声もあります。

 

驚愕の事実。実は子供はそんなにテレビに興味がなかった!?

実は子供は、そんなにテレビに興味がないということが最近の研究で分かりました。

1歳までの子供のテレビとの接触時間は平均で3時間。

 

そのうち子供だけでテレビを見ている時間はわずか30分。

6分の1という結果になりました。

 

その他は大人と一緒になんとなく見ているのであって、興味がなくなればすぐ違う遊びに行きます。

そう言われて改めて私の1歳になったばかりの姪っ子を観察してみました。

 

確かにこまめに興味が他ことにいっているようで

自分の興味がある番組には食いついていましたが、ほとんどが違う遊びをしていました。

子供がずっとテレビを見ているように感じたのは実は大人がテレビをつけていたからだったのですね。


【スポンサーリンク】

14_1815_4

(引用元:http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=1815&page=4)

生まれてから1年、上の子はテレビを見せませんでした。

下の子供は生まれてからすぐにテレビを見ていましたが、二人の成長に大きく目立って変わるところはありません。

 

私の結論としては『テレビの使い方に気をつければさほど問題はない。』

 

うちでは夕方のご飯をつくっている間と、朝のニュースです。

時間にすると約3時間だけというルールにしています。

私と一緒に見ています。

 

むしろ最近ではテレビを見てわからない言葉を聞かれて教えたり

今回の熊本地震のニュースでは防災の話題について

 

話すきっかけになるなど

むしろテレビを通して家族間のコミュニケーションを増やすようにしています。

 

テレビは”悪”という結論を安易に出すよりも

どうしたら教育のために生かせるか?を考えた方が有意義ではないでしょうか。

 

まとめ

テレビが子供に対して完全に”悪”ではないことがご理解いただけましたか?

私も一人目が生まれてしばらくは周りの言葉を信じてテレビは一切見せませんでした。

一切見せないのは不自然と実母に指摘されて、しぶしぶ見せたのがきっかけです。

 

今ではコミュニケーションツールの一つとして、視聴しています。

ちなみにうちの子たちは最近

旦那の見るプロレス番組を一緒に見て「オカダカズチカかっこいい!」と言っています。

 

いつかプロレスごっこと言って本気で技をかけられないか、身の危険を感じています(笑)

でも旦那と楽しそうにプロレス話をしているので、よしとしましょう。

(tumura)

 

関連記事

無関心な親ほど子供は何も考えない!考える力をつける教育
私は人間観察が好きで 様々なタイプの人と 友人や知り合いになっています。 その友人の中に まったく自分の主張の...

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*