子育てのイライラ解消法! 小学生にも負けない元気な心を持とう

赤ちゃんだと思っていたのも束の間、あっという間に小学校に入学し、

子供の成長に喜びもひとしおかと思います。

 

けれども、幼稚園時代にはなかった宿題が始まり、

学年が上がるごとに増える勉強量と

高まっていく自己弁護能力・・・。

 

褒めて伸ばすという言葉も忘れてしまう程に

イライラしてしまったという経験は

私を始め、小学生のお子さんを持つ母であれば誰でも経験したことでしょう。

 

そこで、溜めがちなイライラをどこかで解消すべく

いくつかの方法を提案したいと思います!


【スポンサーリンク】

 

まずは、イライラする原因を知ろう。

自分の子供が憎くて叱る人はいません。

子供を危険から守るため、知らないでいると困るからなど、

子供のためを思って母として注意するわけではありますが・・・

子供といえども相手は一人の人間です。

いつまでも小さい子供の様に素直ではいられないですよね。

 

でも、そこで「言うことを聞かない、なぜ反抗するの?」

という視点に変わってしまえば、

それは母側の勝手な苛立ちであり、しつけからは離れてしまいます。

 

ですから、自分がイライラしている対象は子供なのか、

それともむしゃくしゃしている自分なのかをよく知ることも大切であると言えます。

 

子供のやり方を尊重し、見守る立場に

子供がやらなければならないことを後回しにする原因の一つとして、

「誰かがなんとかしてくれる」という気持ちがあると思います。

 

もちろん、子供という立場において当たり前の感情ですから、

その気持ちを責めることは出来ませんが、

あまりにこちらの言うことに反発するようであれば

さじを投げるまではいかないものの、一度子供に一人でやらせてみてはどうでしょうか。

「困ったことがあったら声を掛けてね」と一声添えて見守ることで、

いつもの雰囲気と違うことを子供は感じ取ると思います。

 

どんな人にも自分のペースがあり、

一人で頑張っている姿は、イライラを忘れさせてくれて応援したくなります。

 

その間、自分も家事や趣味の時間に使えて、

「ちゃんと出来たよ」の子供の一言は

きっとなによりのイライラ解消に違いありません。

 

イライラしてしまう理由を子育ての大先輩に聞いてもらう


【スポンサーリンク】

子育ての相談は、何もママ友間だけで話すものではありません。

 

例えば自分の母や夫の母を始めとした、

自分よりうんと年上の子育ての大先輩達に聞いてもらうことで、

窮屈になった心では見えてこなかった面をアドバイスしてもらったり

自分の幼少期を知っている人であれば、「あなたはもっとこうだったのよ」

なんて話も聞けたりすると、「自分も通った道なんだ」と感じ、

これまで気を張っていた気持ちが楽になるかもしれません。

 

それをきっかけに、子供との向き合い方が変わることも

長い目でみると大きなストレス解消法となります。

 

イライラする気持ちをため込んでいては、子供に対してだけでなく、

夫婦間のトラブルにも繋がりかねませんから、

小さな解消法をところどころで取り入れて、

肩の力を抜ける瞬間を大切にしてみてはどうでしょうか。

 

家族の協力のもと、子供から離れる

 

イライラしてどうしようもない、もう爆発寸前だと感じる時・・・

私にも経験があります。

その当時は「子供相手に情けない」とふさぎ込んでいましたが、

今思えば、我慢すればする程に悪循環を作っていたように思います。

 

ですから、今悩んでいる方は、自分が悪いと思い詰めることなく

「今は何をやっても上手くいかないんだ!」と割りきって

1時間でもいいので家のことを家族の誰かにお願いし、

思い切って子供や子育ての環境から離れてみて下さい。

 

買い物でも、ドライブでも、散歩でも

離れてみると不思議とイライラした気持ちは一旦収まります。

 

そして、おさまった頃に思い出すのは、やっぱり子供のことですよね、

 

どれだけ怒っても、気持ちがそこに帰って行くはずです。

イライラしても、笑っていても、自分はいつも子供のことを真剣に考えているからなんだと、改めて感じてほしいです。

 

まとめ

イライラする本当の原因は?八つ当たりでは何も解決しないことを知る

子供に任せて字の如く、木の上で立って見る法で自分の時間も上手に見つける

 

母は強しだが、母の母は偉大なり。時には甘えても良いのです。

誰だって最悪だと思う状況にぶつかります。

 

けれどもほんの少しの時間が、

ピークに達したイライラを解消してくれることもあります。

逃げたなんて思わずに!

あと十年したら、きっとそんな日も大切な家族の記録になりますよ。

 

子供の成長は、全てが良いことだらけなんてことはあり得ません。

大きくなるにつれて外の世界との繋がりも増え、

子供だって四苦八苦しながら成長していると思います。

 

お金や時間を大量に消費することでストレス発散をしたとしても、

私たち母の子育ての日々は、まだ先が長いものです。

 

今回は誰にでもいつでも出来て大金も掛けない!

そして重要な、「続けていける」小さな解消法を紹介させていただきました。

 

いつも笑顔で、なんて思わなくて良いのです。

完璧である必要はありません。

 

親として子供の側にいる母の心が、笑顔を忘れるはずが無いのですから。


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*