新生児の体重増加の計算方法!ベビー用体重計いらずの量り方

ベビーの誕生おめでとうございます♪

 

 

 

もうすぐママさんになる方にも

生んだばかりのママさんにも

 

「新生児の体重」について心配になることを

私の体験を通してお話したいと思います。

 

新生児と呼ばれる期間は0ヶ月まで

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

1ヶ月検診までの間

つまり、生まれてから4週目までが

新生児の期間です。

 

母子手帳には平均的な体重増加の


【スポンサーリンク】

曲線グラフがありますね。

男の子、女の子別に

身長と体重の平均値が

大きく2つの線の間にありますが

平均はあくまで平均。

 

こんなに小さい・・・

こんなに大きい・・・

なんて気にせず

 

赤ちゃんごとの個体差があるのは

当たり前だと思って

体重についてみていきましょう。

 

出生時の体重は

差が大きいです。

 

私のいとこは子宮口が開かず

自然分娩を待ち続け

出産予定日より、3週間遅れても

まだおなかの中。

 

やむなく帝王切開で出産となり

生まれてきたら、なんと5200g!!

ベビーなのにヘビー級の赤ちゃんが生まれました。

 

b09d1aadc5dfd69999ecc90e97e44ab1_s

 

 

 

新生児の体重の計算方法

(出生体重)-(現在の体重)÷(出生時の体重)×100=%

 

生後3~4日経つと

体重は3~10%減少していきます。

まだお産の直後で病院にいるので

毎日体重測定をしますよね。

 

そこで助産師さんや看護師さんが

「生理現象だから減って当たり前なのよ~」

と言ってくれます。

 

ミルクや糖水を飲むよりも

消費される栄養の方が多いから。

うんちやおしっこになったり

体を作るために使われる組織液になります。

 

なので一時的に体重が減るのです。

 

母乳やミルクが足りないときは

糖水を足して飲ませたりします。

 

赤ちゃんが生まれたばかりのママも

まだ体が慣れていないので母乳が出ない場合も。

乳頭の形に、赤ちゃんが慣れなくて吸いづらいということも。

 

なので

「母乳の出が悪いのから糖水を足した」

なんて気に病まないようにしてくださいね。

 

母乳の出がよくないようなら

マンママッサージをうけたりします。

助産師さんはプロなので

 

ママがリラックスするよう

産後のデリケートな時期に

優しく対応してくれますよ。

 

赤ちゃんが吸いやすいよう

乳頭のマッサージのやり方も

母親学級で教えてもらい

妊娠8ヶ月からはじめますが

 

生まれてからも再度教えて

もらえます。

 

体重を計る事で

母乳が出なくても

ミルクがしっかり飲めているか

確認しているのですね。

 

・減って当たり前なのになぜ体重を気にするの?

 

理由がこちら

 

減少率が少ないと

「むくみ、尿の量を観察し病をさがすため」

 

減少率が多いと

10%以上だと要注意。

15%以上は危険。

脱水、尿の量を確認し治療がはじまります。

 

そのため入院中に

毎日体重をはかっていたのですね。

 

でも安心してください。

そこは病院

プロのいる場所。

 

気に病むことはありません。

黄疸が出るのもよくあることで

私は二人の子供のうち

二人目に黄疸がでました。

 

減少率が高い日は

糖水やミルクを足したことも

ありましたし

病院側の適切な対応で

心配しなくても自然と

体重が増加していきますよ。

 

生後2週間から体重が増える!

75010c2ed7c16ba4bf9c4ce19c636cef_s

 

生後2週間ごろから増える体重

1日平均体重増加量20g~30g増えていきます。

 

 

ベビー用の体重計をレンタルするママもいますが

そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

 

産後は特にいつもの精神状態とは違い

お産という大きな仕事を終え

 

ハイテンションになったり

涙もろくなったり

気張りすぎてしまったりと

 

ママ自身がうまく心のコントロールができていないことも。

 

ホルモンバランスの関係なのですが

 

自分では普通のつもりでも

周りから見れば

妊婦の時との違いがわかります。

 

私は産後に産着を着せるにしても


【スポンサーリンク】

「糸くず一本でも、赤ちゃんが不快になったらどうしよう」

と思って着せる前に何度も何度も確認していました

 

その様子を見ていた母親に

私「体重が気になるからベビー用の体重計がほしい」

 

母親「飲めてるし、排泄もしっかりできてるんだから

そこまでしなくても大丈夫。

すぐ使わなくなるよ」

 

私「それでも不安でしょうがないのよ。

念のためでも体重計がほしいのに。」

 

今度は看護師をしていた祖母が

「おしっこの量をみなさい」

とアドバイスをくれました。

 

少なければ脱水。

むくんでいたら、排泄に問題があるためです。

 

祖母「そんなことばかり気にしてたらお乳の出が悪くなる。

そっちのほうが赤ん坊が、おやげねぇ(方言でかわいそう)」

 

 

「ずっと泣いてておかしいと思うなら 病院に行けばいいんだよ」

 

そりゃそうですよね。

そんなに神経質になる必要は

ないのですよ。

 

いざとなったら

病院があるのですから。

祖母に言われてはっと気づきました。

 

 

赤ちゃん用体重計がなくても普通の体重計で計算できる方法!

f5700e07627d8e9501d0e555dee8b4bc_s

赤ちゃん用の体重計がなくても

だいたいですが、

赤ちゃんの体重をはかる方法として

 

裸の自分の体重を計ったあとに

裸の赤ちゃんを抱いて計る

方法です。

 

デジタル体重計なら55.0と

小数点以下も出るので

だいたいの目安でわかります。

 

ママが55.0で

赤ちゃんを抱っこして

体重計に乗り58.8なら

赤ちゃんは3800グラムです。

 

1日20~30g増えるので5日に1回ずつはかって

前回よりも100g~150g増えていれば順調です。

一ヵ月後検診では体重はどのくらい増えていればOK?

1ヶ月検診で生まれた時の体重から

700~1,000グラム増えていれば

母乳やミルクを十分に飲めていることになります。   

 

「順調ですよ」

この言葉に

安心をするママも多いでしょう。

 

私「黄疸が治ってないのですが?」

 

先生「心配ないよ。

二ヶ月たってもまだあるならまた来なさい」

 

 

黄疸は1ヵ月半を過ぎた頃になくなりました。

 

・体重増加に関係する授乳のときの一工夫

退院をしてからの授乳や

ミルクの時間は

2~3時間おき。

 

夜中でも泣き始めたら

「ねむ~い。またか~」

目をこすりながらの授乳。

 

母乳とミルクの混合であげていたのですが

あげている時の姿勢でおすすめなのが

 

ママが壁などによりかかること。

 

大きめなクッションによりかかり

腰の部分にも筒型のクッションを当てると

楽な姿勢であげられます。

 

さらに、新生児はまだまだ小さく

上手にすえなくて時間もかかります。

 

軽いとはいえ慣れなくて

肩に変な力が入ったり腕が疲れるので

赤ちゃんの下にもクッションか枕を置いて

腕の力だけで支える負担を少なくしましょう。

 

 

座ってクッションで楽な姿勢であげていると

いつの間にかママも寝てしまう、なんてこともありました。

 

まとめ

8e6b3419cc4dabeac56d63a3d8c94b0d_s

赤ちゃんの成長は人それぞれ。

 

身長の割には体重が少ない

頭囲が大きくて。

など、気にしていたら

キリがありません。

 

ママも母乳が出る出ない。

ミルクと混合。

育て方も様々です。

 

平均の中にいないからと不安にならずに

目安どおりの体重の増え方を

していれば安心と思ってください。

 

(みみみ3)

 

関連記事

新生児がおとなしいのは病気?どれくらい気にするべき?
元気な産声をあげて生まれてきてくれた赤ちゃん。 とってもかわいいですよね。 出産後の我が子との触れ合いはなんとも言えない幸...

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*