子供を怒らないための方法〜叱らない工夫でみんな笑顔〜

皆さんはイライラしている時

つい子供を強く叱ってしまったりという経験はあるでしょうか?

 

後になり自分を責め反省をしたなんて事もあるでしょう。

もちろん叱らなくてはいけない時もあります。

 

しかしそれ以上に強い口調であったりと不適切な叱り方をしてしまう時

何故そうなってしまうのでしょうか。

 

それは日頃の育児ストレスであったり

生活環境、もしかしたらご主人への不満が積もっている証拠かもしれません。

 

なんだか最近イライラすることが多くなった。

ちょっとしたことで叱ってしまう


【スポンサーリンク】

物に当たってしまうなど自分をうまくコントロールできなくなってはいませんか?

 

その原因を探りストレスを解消するのではなく

ストレスを作らないようにする環境作りについて

育児相談をしたときの体験を踏まえながらまとめて行こうと思います。

 

a

 

イライラを作るもの

日頃の積もりに積もったストレスが原因だという場合がほとんどだと思います。

ストレスが溜まる事により、感情をうまくコントロールできなくなるのです。

私たち母親自身のストレスにより関係のない子供を巻き込んでしまうのは可哀想ですね。

 

それではイライラを引き起こすストレスの素とは何でしょうか?

 

よくあるストレスに感じること

育児をしていく中でストレスはつきものですね。

お母さん方が一度は感じた事があるだろう例をあげてみます。

 

・周りと見たときの自分の子の成長の遅れ(ストローが使えない、ハイハイをしない等々)

・食事の食べこぼし、食べない

・物を散らかす

・おむつ替えを嫌がる

・夜泣きによる寝不足

・1日のスケジュール通り物事が運ばないとき

 

思い当たるものはありましたか?

育児をしていく中で、こんなに頑張ったのに

とせっかく作った離乳食を投げ飛ばされたり

掃除したばかりのカーペットや床に色々な物を散らかしたりこぼしたり

頑張りが無駄になったときもストレスを感じてしまうと思います。

 

本当に細々としたことですがこれらが積み重なり大きなものになっていくのですね。

 

a

これらのストレスにはどう対処していけば良いか。

それは環境作りが大切になってきます。

 

ストレスの根源を無くす

そのストレスが起こりそうな状況をあらかじめ阻止する事が大切です。

例えば先ほどの例の場合

「食事の食べこぼしはこぼしてもいいようになにかを敷く」

「1日のスケジュールを決めずに出来たらこうしようを心がける」などです。

 

ストレスを阻止できるところから少しずつでいいので環境改善していきましょう。

棚の物を出してしまうのであれば棚の扉を開かないようにする。

 

触れさせたくないものは徹底的に見えないところに隠す。

このように些細なところからストレスを改善していくことが大切です。

 

この行動はストレスの根源を断つだけではなく、もう一つ良いことがあります。

それは子供を叱らずに済むという事です。

 

棚から何度も物を出されて叱る事も無くなれば

危険なものを触られて叱る事も無くなるのです。

 

お母さんにとってNGなことをそれが起こらないようにすることで子供を叱る回数も減ります。

ストレスを作らない工夫

それは子供を叱らない工夫でもあると育児相談で言われた事がとても心に残っています。

 

できれば褒めて成長させたいと思いますよね。

現実はそうもいかず、あれだめ、これだめと気づけばつい口にしてしまっています。

 

しかしそれを減らすことにより褒める事の方が多くなりますね。

褒められる事により子供はどんどん自ら成長していきます。

 

a

 

ストレスを作りやすい人

自分のハードルを高く設定している方はいないでしょうか?

自分を徹底的に追い込む完璧主義というタイプです。

決めたことはきちんとやり遂げないと気が済まない、常に高い目標を持っている。

 

そんな人は注意してください。

高い目標を持つ事は大切な事だと思います。

しかしそれが達成できなかった時にストレスが生じます。

 

自分はこうでなくてはならない、これを今日中にしなくてはならない、これができなくてはいけない…

自分のキャパシティを把握し超えられる目標を持つようにしましょう。

 

「〜だったらいいな、〜できたらいいな」これが大切です。

自分を追い込みすぎず、肩の力を抜いて日々を過ごしてみませんか?

すると視野が広がり、今まで気づかなかったこと、見えなかったことが発見できるかもしれません。

 

a


【スポンサーリンク】

最後に

叱らない工夫、これは本当に大切な事だと思います。

私も早速、危険なものを完全に息子から遠ざけ、全ての棚の扉にストッパーをかけました。

 

今までは、食器を割ってしまい怪我をしないか

ラックを倒して下敷きにならないかと様々な危険にびくびくしていましたが

今では安心して家事ができるようになり、実際に「こら!」や「だめ!」という回数もとても減ったと思います。

もっと早くやればよかったです…。

 

私も自分を追い込むタイプです。

周りのお母さん方はこれができているから私もしなきゃいけない

もっと要領良く家事ができなくてはいけない

周りの子より自分の子の成長が遅かったりと毎日焦っていました。

 

子供の成長の遅れにはやはり敏感になってしまいますよね。

自分の育児は間違っていないか、もしかして発達障害?

と考えてしまい不安になったり

 

うまくできないのは自分のせいだと自分自身を何回も責めた事もあります。

そのためか気を抜くとすぐにイライラしてしまうのです。

 

先日児童館に息子を遊ばせに行った時

偶然にも育児相談の予約が空いているということで

最近気になっていた息子の成長の遅れや

今まで自分がしてきた子育ては正しかったのかという内容について話を伺ってきました。

 

私「息子は産まれた時から体が大きめで首が座るのも腰が座るのも他の子よりも遅めでした。」

 「今は歩く練習を毎日していて、やっと最近片手だけ手を繋いで歩けるようになってきたところです。」

 「周りの子はもうみんな自由に歩き回っているのに

 どうしてうちの子は?私の今までの育児に問題がある?

 と毎日不安とプレッシャーで押し潰されそうです。」

 

自然と育児カウンセラーの方に全てを話していました。

この自分の中の葛藤を誰かに聞いてもらいたかったのかもしれません。

 

その方は二人のお子さんがいる方で

昔に自分がこうすれば良かったという事等をふまえて育児に関するアドバイスをしてくれます。

私の悩みに対するその方の考えに私の心は本当に救われました。

 

カウンセラー

 「子供自身のハードルをお母さんが上げてどうするの?

 子供はその子によって成長の早さはまったく違う、それこそ十人十色。

 

 それを他の子と比べたところで

 出来ないものは出来ないのだからお母さんが焦ってもしょうがないよ?

 子供のペースに合わせて見守ってあげなさい、出来ないからって誰のせいでもないんだから。」

 

そう言われた時には涙が止まりませんでした。

 

相談が終わった後

私の心から不安は消え自分の育児に自信を持ってもいいのだと思えるようになりました。

 

誰のせいでもないという言葉のおかげで

自分を追い込んでいた気持ちやストレスから解放されたように心が軽くなったのです。

 

同じ悩みを持つお母さんにこの言葉を届けたい

そう思ったのが今回この記事を書いた理由の一つでもあります。

 

育児相談を終え、リラックスして物事を考えるようになってからは本当に周りが見えるようになりました。

主人が会社で人間関係のストレス

転職について悩んでいた事

 

息子が拍手とバイバイをまねっこできるようになっていた事

に気づくことができました。

 

仕事が大変でも文句を言わず真っ直ぐ帰宅してくれる優しい主人。

育児の事で頭がいっぱいで彼の少しの変化にすぐ気づいてあげることができませんでした。

 

息子の小さな成長。でもその成長はちゃんと見守っていないと見逃してしまう。

見逃していた主人のサイン

息子からの成長というプレゼントをしっかりと受け止めることができたのは

自分の心に余裕が持てたからだと思います。

 

育児、家事はとても大変ですね。

お仕事もされている方ならなおさら。

しかしちょっと肩の力を抜いて、ピンっと張っている気をもう少し緩めましょう。

皆さん充分頑張っていますよ。

私は頑張っている人にいつもかける言葉があります。

 

「無理はしないでくださいね」

 

皆さんも無理せずリラックスして毎日過ごしてみましょう。

そして叱らない工夫をして笑顔いっぱいの我が家にしましょう。

a

(このは)

 

関連記事

自分を追い込みがちなあなたへ

【育児・家事疲れに】ちょっとした心のオアシスの作り方
毎日家事•または育児に追われている皆様、お疲れさまです。 主婦の方にとってお休みなんてないも同然ですよね。 土日祝日関係...

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*