熱中症対策。子供を楽しませて予防する方法

暑い夏が来るとテレビで騒がれる熱中症。

 

直射日光に当たらなければ

熱中症にはならないというわけではありません。

 

体の小さな子どもは熱中症になりやすいです。

親はしっかり異変がないか観察しておきましょう。

 

夏は大量の汗で体内の塩分と水分が失われます。

失われると体温調節が上手くできなくなり熱中症になってしまいます。

特に子供は体温調整が上手くいきません。

 

意識が無くなったり震えがとまらない時は

すぐに病院で受診してください。


【スポンサーリンク】

 

子どもを熱中症にさせない為にも、対策をとって夏を乗り切りたいですね。

 

とは言っても1日家で大人しくなんて無理な子どもたち。

子どもを楽しませながらできる対策を考えてみました。

 

・水分補給は手作りジュース

・外出時はお気に入りの帽子と水筒

・外遊びの休憩・合図はかき氷

・室内遊びも楽しむ

 

水分補給は手作りジュース

汗をかいても遊ぶのに夢中な子どもは

自主的に「のどがかわいた」とは言いません。

 

定期的に水分をあたえるようにしましょう。

お茶は最適なようですが、緑茶などは利尿作用があるので水や麦茶に。

 

私は簡単な手作りジュースを作って子どもたちに飲ませています。

 

作り方は簡単。

はちみつ、レモン、水。そこに少量の塩を混ぜるだけ。

レモンは果汁を使っても、生を絞って使ってもいいです。

a

 

私のお勧めは、はちみつのレモン漬け。

これを作っておけば水で割って塩を少量入れるだけ。

水の代わりに炭酸や紅茶にすると大人も楽しめます。

 

薄切りしたレモンをはちみつに浸けこんで

冷蔵庫に2晩程入れておくだけで完成します。

 

子どもは甘い飲み物が好きなので、

甘いはちみつレモンのジュースは喜んで飲みます。

 

昔からある、はちみつレモンは

疲労回復にも効果的なので試してみてください。

 

外出時はお気に入りの帽子と水筒

外出する時に困るのが帽子です。

子どもは何故か帽子を嫌がる事が多いです。

 

そういう時は、上に兄弟がいれば案外簡単に喜んでかぶるようになります。

「かっこいい(かわいい)帽子をかぶっているね~」と

お兄ちゃんやお姉ちゃんの帽子を褒めるだけ。

僕も(私も)かぶるとすすんでかぶるようになりますよ。

 

身近に年上の兄弟などいなければ

好きなアニメのキャラクターや動物の帽子。

 

手持ちの帽子にワッペンなど付ければ

お気に入りの帽子になります。

 

お気に入りになれば嫌がらずにかぶります。

 

そして水筒も持ち歩くようにしましょう。

 

子ども用の水筒はキャラクター物が勢ぞろいしています。

一緒に買物は大変ですが、

お店で自分で選ばせてあげるとお気に入りになります。

 

我が家の子どもは、

まだしゃべれない1歳になったばかりの頃から

上の子の水筒を持っては逃げていました。

毎度怒られているのが可哀そうで同じ物を買ってあげました。

 

すると外出時は私の所に持って来て

お茶を入れろと催促するようにまでなっていました。

 

外遊びの休憩・合図はかき氷

子どもが大好きな外遊び。

夏で暑くても外遊びは別なようで楽しそうに駆け回ります。


【スポンサーリンク】

 

休憩させようと声をかけてもいつまでも遊んでいて室内に戻る気は全くなさそう。

こんな経験を持つお母さんは多いでしょう。

 

そこで私は子どもをご褒美で釣る事にしました。

 

ご褒美といっても、おもちゃやお菓子を毎回与えるわけにはいきません。

何か喜ぶ事(物)で、他にも利点があるものって?

と考えた中で大成功だったものが、かき氷です。

a

かき氷なら簡単。

冷凍庫に氷と冷蔵庫にシロップを準備しておけばいつでも作れます。

 

かき氷器も安価で手に入ります。

氷を削っているのを見るのも、

自分でするのも子どもは楽しみ。

 

そして外遊びでたくさん汗をかいた体の水分補給にもなります。

 

 

我が家では外遊びの時間が長くなって休憩させたい時には

「かき氷食べる?」と声をかけると

子どもたちがうれしそうに走って部屋に戻ってきます。

 

室内遊びも楽しむ

少し涼しくなってきた夕方や早朝に外遊びは大丈夫ですが、

炎天下で子どもを遊ばせるのはできれば避けたい事です。

室内遊びも楽しめると熱中症になるリスクが減ってきます。

 

室内遊びといえば、おりがみ、お絵かき。

 

これでは楽しまないというお母さん。

少し工夫するだけで子どもは大喜びします。

 

おりがみの代わりに新聞。大きな何かを作れます。

お絵かきは画用紙を何枚も繋げてみると大きな画用紙になります。床一面にお絵かきもできます。

 

ビニールプールを室内に置いて中には風船を大量に!なんて子どもは目を輝かせます。

 

少し、手間はかかるけどお金はあまりかかりません。

めんどくさがらずに少しだけ手間をかけて遊ばせてあげる。

すると子どもは室内遊びも大好きになるかもしれません。

 

もちろん室内の温度管理はしっかりしましょう。

室内でも暑かったら外とかわりません。

 

エアコンや扇風機を使い、温度湿度にも注意してください。

 

暑い夏、

熱中症の看病で夏が終わったなんてならないように。

 

楽しく対策を取りながら

子どもたちの笑顔を守って過ごしましょう。

(ゆみ)

 

関連記事

自家製で作れる簡単かき氷シロップの作り方について紹介しています

主婦のためのお悩み情報局
家事・育児・人間関係などの様々な悩みを解決するための情報局

自宅のベランダで使える小型ビニールプール

についての注意点についてまとめています

小さい子供におすすめ激安ビニールプールの小型ベランダサイズはこれ!
梅雨が終わると暑い夏が始まります。 幼稚園や小学校は夏休みが始まり、 日中の暇をもてあまして子どもたちが騒ぎ出します。 ...

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*