間違って覚えている!勤労感謝の日の本当の意味 子供にはどう教える?

11月23日は勤労感謝の日です。

勤労感謝の日はどんな日でしょう?

という問題が出たら、今の日本人で

本当の正解を答えられる人は

一体何人いるのでしょうか。

1割もいるのでしょうか。

「働いている人に感謝する日」

「働けることに感謝する日」

ほとんどの人はこう答えるでしょう。

それくらい、勤労感謝の日の意味を


【スポンサーリンク】

はき違えている日本人は多いです。

子供に「勤労感謝の日ってなに?」と

聞かれたら正しい答えを返してあげられるよう、

本当の意味を知ってもらいたいと思い、

まとめてみました。

 

元の祝日名は「新嘗祭(にいなめさい)」だった

 

 

今上天皇が傘寿(80歳)を迎えられた記念に

宮内庁が初めて一般公開を行ったことで

知った人も多いかと思いますが、

毎年11月23日に天皇陛下は宮中祭祀である

「新嘗祭(にいなめさい)」という

長時間に及ぶ非常に過酷な儀式に臨まれます。

これは「五穀豊穣(豊作の意味)と、

命の糧を授けてくださったことへの感謝を

神々に捧げる」という意味があり、

天皇が日本国民を代表して行う

日本の収穫祭なのです。

日本の祝日の中では戦前から続いている

最も古い日でもあり、それほど日本国にとって

重要な意味を持つ日なのですが、

現代の「勤労感謝の日」などという

全く意味の違う的外れな解釈を

むりやり当てはめたような祝日名に

変わってしまいました。

それはなぜなのでしょうか?

 

GHQの政策により、「勤労感謝の日」に変えられた

 

 

日本が大東亜戦争に敗戦しアメリカの占領下に置かれ、

GHQがやってきました。

GHQの一大ミッションは

「日本国民と天皇を切り離し、

日本人から天皇崇拝の精神を奪い、

愛国心をなくし自虐史観を植え付けること」

だったため、日本国民と天皇の最も重要な

行事であった新嘗祭を、

日本の祝日からなくすことにしたのです。

そのため、アメリカの祝日と

似たようなものをもってきて、

「勤労感謝の日」としたのです。

勤労感謝の日はアメリカに適当に作られた祝日であり、

昔から日本にあったものではありません。

本来は新嘗祭という、今となっては

天皇陛下がおひとりでなされている祭祀ですが、


【スポンサーリンク】

戦争以前は日本国民が天皇と

一緒に行ってきた非常に大切な日だったのです。

 

GHQの策略は見事に成功し、

今の日本人は日本の本当の歴史を知らず、

そして知らないことを疑問に思わず、

愛国心を持つことを恥ずかしいと

思うように育てられました。

最近になってやっと自国に誇りを持つべき

という風潮が少しずつ出てきましたが、

それでも「こんな意味のない勤労感謝の日

なんて名称はやめて、日本古来からの新嘗祭に戻すべき」

という声があることに対しては

まだ大半の人が「どっちでもいいじゃん」

「別に勤労感謝でもいいでしょ」と言うと思います。

これこそが、GHQの洗脳が成功している証拠です。

日本人は声を上げて自国の正義を貫き通すことを

恥と教育されたため、波風をたてるのを好まず

争いを避けるようになりました。だからこそ

「勤労感謝の日でも別にいい」となってしまうのです。

北方領土にしろ竹島にしろ、

侵略してくる国に対して

「そんなに欲しいならあげればいい」と

言ってしまえる骨抜きの状態にされてしまったのです。

これが日本の危機だと、

いい加減気づかなければいけません。

 

子供に勤労感謝の日の意味を伝えるには?

 

 

ですが、子供たちは幼稚園や学校で

「働いているお父さんお母さん、

そして働いている全ての人に感謝する日」と

教えられるでしょう。

その考え方も間違いではないけれど、

あえて新嘗祭をなくして

むりやりこじつけられた祝日だということも

知ってほしいと思います。

なので、「本当は勤労感謝の日じゃなくて、

新嘗祭というものだったんだよ。

昔はね、農作物が採れることはとても大切なことで、

秋になると無事たくさんのお米がとれたことを

神様に感謝する日だったの。

それが新嘗祭というものだったんだよ」

いう感じで教えてあげてほしいと思います。

そこから、

どうして新嘗祭だったのに勤労感謝の日に変わったの?」

という質問が子供から出てきたら、

正しい歴史を教えてあげてほしいのです。

 

まとめ

 

1.勤労感謝の日は、元は「新嘗祭」という

日本で非常に重要な行事の日だった

2.GHQによって、適当な祝日名に変えられた

3.未来を担う子供たちには、

勤労感謝の日の本当の意味、

元の新嘗祭のことを教えてあげることが

日本の未来につながる

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*