片付けられない?子供の成長を信じられない親の心理の危険な影響

我が家はリビングが

子供の遊び場になっています。

 

おもちゃで遊んで散らかしっぱなし。

見てるだけでいらだちますよね。

 

おまけに硬くてとがった

おもちゃの破片を

踏みつけてしまって。

「痛い!!」なんてことも

 

こうなるともう怒り心頭!

いい加減に片づけてー!!


【スポンサーリンク】

 

でも、うちの子たちは、

私の怒りもどこ吹く風

怒られた! 片付けよう!

ってことになるかなー

というこちらの期待は

ほとんどの場合裏切られます(笑)

仕方なくせっせと自分で片付けてます。

 

子供がちっとも片づけない。

おもちゃ出しっぱなし

 

ってお悩みのあなた

でも、その悩み

ちょっと危険かも知れませんよ!

 

子供は散らかすのが大好き

 

ところであなたのお子さんは

お幾つですか?

うちの子は 何とか たまーに

一人で片づけを

出来るようになったのは

5歳になってからです。

 

2歳や3歳で

一人で片付けられる子も

いるのかも知れませんが

普通は教えてもなかなかできないかな?

逆にこの歳でしっかり

片づけができたらちょっと怖いかも(笑)

 

私は子供の発達に関する

専門家ではありませんので

何とも言えませんが

少なくともうちの子はそうでした。

 

子供は散らかすのが大好きです。

それが普通じゃないですか?

 

私自身、片付けるのが上手な子ではありませんでした

もしあなたが

子供が片付けられないまま

大人になってしまったら大変!

 

なんて思う前に

あなた自身は子供のころどうでしたか?

友達や姉妹

あなたの周りの子はどうでしたか?

 

私自身が中学や高校でも

部屋が整然と片付けられている

なんてことはありませんでした。

本や雑誌やCDがいつも

グチャグチャ机の上に乱雑に置かれて

母親には「よくそんなところで

勉強できるね」って

呆れられていました。

もちろん、友達の家に行くと

ちゃんと部屋が

整頓出来てる子もいました。

でも私はには無理でした。

奇麗にできる子になりたい

ってのもあまりなかったですね。

 

でも、今のそんな我が家は

比較的奇麗になってると思います。

 

テーブルに書類やチラシなんかを

広げっぱなしにしていて

主人に文句言われることはあっても

 

家じゅうがごった返しているわけでは

ありません。

散らかっているときもあれば

片付いているときもあります。

 

あなたは

いつも、自分の部屋は

奇麗に整理整頓されましたか?

散らかして親に

怒られたことはありませんか?

 

今のあなたの家はどうなってますか?

 

子供の成長を信じてあげて欲しいんです

子供には未来があります。

彼らは少しづつ

いろんなことを身に付けていきます。

成長していきます。

身につくのが比較的早い子

遅い子がいて

人それぞれです。

 

もしあなたが、

この子は片付けられない子

という認識を

その子に持ってしまったら

 

その子は間違いなくそうなります。

 

あなたの認識の枠は子供を縛って 


【スポンサーリンク】

彼らはそこから

逃れることが出来ないんです。

 

あなたの思いは良きにせよ悪きにせよ

子供たちを支配しています。

 

それを口に出しても出さなくても

 

あなたが子供に対して

 

片付けられない

友達と一緒に遊べない

先生の話をじっとして聞けない

落ち着きがない

 

などなど

 

もし不安を抱えているとしたら

それは子供に対する不信です。

 

あなたに信じてもらえないその子は

将来少し苦労するかも知れませんよ

 

私は小さい頃

自己防衛心の強い子で

おもちゃを壊したりしたのを隠したり

「しらない」って嘘をついたり。

 

そんな私を父親は

「この子はよく嘘をつく」

という認識でみていました。

「お前はうそつきだ!」

と言われたことも何度もあります。

 

私はそのことで大人になってからも

かなり苦しみました。

親の認識が私の潜在意識に

しっかりと根をはっていたからです。

ちょっとしたことで

本当でないことを

ついつい口にしてしまう。

 

なんであんな嘘を

言ってしまうのだろう?

重要なことはしっかり

意識をしますのである程度防げますが

友達とかの他愛のない会話で

ついつい出てしまいます。

 

気が付いて修正するまでに

何年かかったでしょうか?

10年以上はかかったと思います、

本当に辛かったですね。

 

子供はまちがいなく成長します。

今はそうでも大丈夫、

成長の過程だから

 

そう思えないのは

あなた自身の問題かもしれません。

 

 

感情は出してもOK、子供と一緒に成長しよう

子供に対して

もう、頭にきた! いい加減にしてー!

って怒っちゃってもいいと思ってます。

 

無理していいお母さん演じて

感情を抑えて 我慢して 優しく

なんてのは

 

私は必要無いと思っています。

 

お母さんだって起こるのよ!

イライラするのよ!

 腹が立つこともあるのよ!

爆発するのよー!

というのが我が家のスタイルです。

 

気持ちに正直になって自分を偽らない。

自分の感情をしっかり認識する。

というのが

我が家の教育方針ですから

母親自ら実践しています(笑)

 

不安、怒り、イライラ

逆に癒されたり、愛おしさを感じたり

子育てしてるといろんな感情を抱きます。

 

あなたの子の仕草や

行動に不安感じたなら

子供に問題があるような

気がしてしまったら

 

そのことを誰かに打ち明けましょう

保育園や学校の先生でもいいし

友達でもいいです

 

「これこれこうで不安なんですよね。」

「このように思ってしますんです」って

 

子供に問題はありません。

彼らは成長します。

 

そして、あなた自身も

自分としっかり向き合っていけば

今の不安や子供に対しての

認識も変わっていくでしょう

 

あなたは我が子と共に

成長しているんです。

そのことを忘れないでください。

 

まとめ

 

1.子供は散らかすのが大好きです、

それが普通。

2.片づけが出来る、出来ないは

大した問題ではない。

3.子供の成長を信じてあげること、

これが重要。

4.いろんな思いをしながら、

子供と一緒に成長しよう。

 

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*