自転車の補助輪無し、一般的に何歳で乗れるようになるの?

あなたのお子さんが

自転車に乗れるようになるタイミングって

何歳ぐらいだと考えていますか?

 

自転車を与えるのは何歳頃?

 

補助輪無しで乗れるようになるのは?

 

って

気になるところだと思います。

 

実際のところどうなんでしょう?

 

みんな何時頃からって気になりますよね

 

うちの長男は6歳ですが...

 

結局、三輪車は買わずに


【スポンサーリンク】

補助輪付きの自転車を

5歳の時に買いました。

 

我が家はマンションで、

自宅の周りは坂ばかり

車の往来もそれなりにあって

 

息子が一人で、

私や主人が付いていないときに

外で自転車に乗れる環境は

残念ながらありません。

 

自由に自転車で遊ばせるには

ちょっと離れた公園まで行く

必要があります。

 

そんなこんなで

私や主人の怠慢もあって

買った自転車も

乗る機会があまりない

というのが実際です。

 

年長のお友達は

既に補助輪無しで

スイスイ自転車に乗っている子もいます。

 

が...

 

都会育ちで

あまり外で走り回ることもなく育って

三輪車を漕ぐ機会もなかったので

 

今のところ足腰も他の子と比べて弱く

自転車を漕ぐにも

力が充分では無いようです。

 

私や主人がかなり奮起して

練習に付き合う覚悟がないと

あと半年で小学生ですが

それまでに補助輪外すのは

難しいかも知れません。

 

自転車なんてその気になれば何時でも乗れるようになる

 

あなたの住んでいる地域の環境

親であるあなた自身やご主人の都合

付き合ってるまわりの子供たち

お兄さんお姉さんがいる子、いない子

子供自身の興味や意欲

 

自転車に乗れるようになるのには

様々な要因が絡みますので

 

何歳から

 

とか

 

気にする必要はないような気がします。

 

時代が違いますが...

私自身は

自転車を買ってもらったのは小学2年生

 

親は一切関与なし

 

先生は近所のお姉さんお兄さんでした。

 

極端な話ですが...

 

中学校の同級生で

自転車に乗ったことが

無いって子もいました。

 

が...

 

その子

社会人になって久々に会ったら

中型のバイク買ったって...

 

「あなた自転車

乗れなかったじゃないの?」

 

って聞いたら

「今でも乗れないんじゃないかな?」

 

だって(笑)

 

私自身は

息子が自転車に乗れるようになるか

ならないか

って

 

あんまり

どうでもいいって思ってます。

 

ある意味

親の都合でもいいんじゃないの?

って

 

こういうと

なんか無責任な感じを

あなたは感じるかもしれませんけど...

 

みんながどうって...関係ないよね

うちの息子はどちらかというと

インドア派で

 

絵をかいたり、

本を見たり

YouTubeで動画を見たり

(最近、行き始めた

絵画教室が大好きです)

 

外で遊ぶのが

好きな子ではありません。

 

お陰で体が大きいわりに

他の子と比べて走るのが遅かったりで

何時も追いかけられて

泣いたりしてました。

 

私はそれに対して

何も言ってませんでしたが、

 

最近本人が

 

「もう 追いかけられても泣かない!」

「〇〇くんより

速く走れるようにがんばる!」

って言ってました。

 

本人は足が遅くて

悔しかったり、悲しかったり

そういう思いが


【スポンサーリンク】

あったのかも知れませんね。

 

だから私も

「凄いねー! 頑張るんだ!」

「じゃあ ママも協力するね!」

って

 

そんな感じです。

 

あなたもそうでしょうが...

親としてはどうしても

 

他の子のことが気になります。

私も同じです。

 

同じ年のお友だちが出来ているのに

うちの子は...

とか

 

普通はどうなんだろうか?

とか

 

うちの子は大丈夫なのかしら?

とか

 

でも私はそんな時

 

うちの子は、うちの子!

 

他の子は、他の子!

 

って思いなおすようにしています。

 

だって

そんな答えのないことで

あれこれ考えたって

仕方ないじゃないですか!

 

私自身も体力面で言うと

中学まで喘息もちで足も遅くて

学年でもビリに近い状態でした。

 

ところが、高校にはいってバ

スケットを初めて

短大でも続けた結果

社会人になるころには

 

「私のまわりに走って

私に勝てる人ってそういないよね」

って

思ってましたから(笑)

 

とにかく

あなたが、

お子さんを周りと比較しない!

これって重要です。

 

本人が自覚して自分で決めて

「僕もっ! 私もっ!」

ていうのなら協力してあげてください。

 

あなたは

悔しい思い、

悲しい思い、

恥ずかしい思い

 

「そういう思いを

我が子にはさせたくない!」

って思っているかも知れません。

 

私も同じでが...

でも

どんなにお金持ちの家で、

どんなに愛されて

どんなに好きなこといっぱいできて

 

育ったとしても

 

こういう思いって

あるんです。

 

だから人は

成長出来るんだと思うんです。

 

だから

いいじゃなですか?

あなたのお子さんが

そういう思いしても

 

そういうとき

「悔しかったねー」

「悲しかったねー」

「恥ずかしかったねー」

 

って

共感してあげてください。

 

そしたら、

あなたのお子さんは、

その子自身が持っている力で

 

幼くても幼いなりに

人間として成長出来るんだと思います。

 

道路交通法が改正されて自転車に厳しくなってます

自転車の話から

だいぶ話が外れてしまいましたが...

 

結論として

 

自転車に乗れるようになる年齢は

 

住んでる環境

まわりのお友達や、お姉さん、お兄さん

本人の希望や

親の都合

 

いろんなことで

違ってきます。

 

特に2015年の道路交通法の改正で

自転車対する取り締まりが

厳しくなっています。

 

あなたが、ある程度交通量の多い

地域にお住まいなら

 

あまり早くから お子さんが

自転車に乗れるように

なってしまうのも

リスクが大きいかも知れません。

 

小学生になって

そんなことも判るような

年齢になってからでも

遅くないかも知れませんね。

 

まとめ

 

1.自転車に乗れるようになる時期は

環境によって違っていい

2.その気になれば自転車は

何歳からでも乗れるようになる。

3.あまり他の子のことは

気にせず本人の意思や

家庭の都合でOK

4.お子さんそれぞれの成長には

違いがある、遅れてても気にしないこと

5.あまり早く乗れるようになっても

リスクが高い場合も

 

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*