意地悪する子、される子、その心理、子供たちへの対処を間違わないで!

意地悪な子供の言動は

親やまわりの大人にも影響がおよびます。

 

子供同士のことと済ませられればいいですが...

 

幼稚園や学校など、先生との対応に悩んだり

親同士のトラブルに

発展してしまうこともあります。

 

意地悪されたり意地悪したり

 

あなたの子供が意地悪される側に

なってしまったら...

心配ですし、相手に対して


【スポンサーリンク】

不満や怒りを感じることもあるでしょう。

 

逆に我が子が意地悪している場合は、

状況の確認も必要です。

 

それから、

相手の子の親にどう対処していいの?

とか...

子供をしかるべきなのか?

なんて、

これはこれでいろいろ悩んでしまいます。

 

いずれにしても、

大人同士の対応で済ませてしまう。

そういう表面的な対応に気を取られて、

 

肝心の子供たちへの対応は

後回しになってしまったり。

 

特に意地悪される側の場合は、

相手の責任にしてしまって

済ませてしまうこともあるかも知れません。

 

トラブルが落ち着いたなら、

それはそれで良いのかもしれませんが...

 

こういったトラブルに直面したとき、

本当に優先すべきことって

 

案外気付いていないのかも知れません。

 

意地悪な言動をする子は...

 

 

身の回り、多くの場合は

家庭に何らかの事情があって

 

ストレスを抱えている

 

と考えた方が良いかも知れません。

 

下の子が産まれたばかりで寂しかったり

ママが忙しくて甘えられなかったり

理由はいろいろと考えられます。

 

ですから、あなたのお子さんが他の子に

意地悪しているという状況があるのなら...

 

言い聞かせたり、怒ったりする

 

これってあまり、

良い方法ではないかも知れません。

 

それでなくても、幼稚園や学校では

先生などから、

厳しく言われている可能性があります。

それに輪をかけて親から言われると、

 

子供は逃げ場がなくなります。

 

あなたは、躾の問題と

考えているかも知れませんが...

小学生低学年や幼稚園児は、

まだまだ相手の事を思いやったり、

相手の身になったり、

 

そういうことは難しいでしょう。

 

子供がどんなストレスを抱えて、

意地悪な言動が表面に出てしまうか

親としては理解することが重要です。

 

ママであるあなた自身はどうですか?

 

 

あなたが穏やかな毎日を

おくれているかどうか...

 

これも重要です。

子供は間違いなく

あなたの影響を受けていることを

忘れないでください。

 

勘違いしないでほしいのは、

 

「自分が悪い」

「自分の育て方に問題がある」

 

このように自分を責めることは、

さらに状況を悪化させてしまいます。

 

あなたは自分を責めるのでなく

 

自分の心の解放されていないところ

そこに目を向けましょう

 

あなた自身の親との関係、

ご主人との関係

また、その子以外のお子さんに

不安を抱えていたりしませんか?

 

私の息子の場合は...

 

今はもう小学生ですが

通っていた保育園に年少の時から

一緒だった女の子がいました。

 

他の子を引掻いたり、意地悪したり

落ち着きがなく注意されたり

少人数ですから

息子やその友達も当然巻き込まれて

引掻かれたりするわけです。

 

先生からも、

少し問題視されていたようで、

その子のママも度々その件で

報告を受けていたようです。

 

その女の子のママは、

その他のママとは気をつかって

お付き合いを避けていたいようですが...

私は息子が年長になってから

なぜかそのママと親しくさせてもらって

家に伺うようなことも度々だったんです。

 

そのママ、本当に素晴らしい人なんです。


【スポンサーリンク】

ある意味、「完璧!」

保育園のイベントも積極的に

ボランティアを買って出るし

一生懸命だし

 

父兄が参加するいちご狩りでは、

うちの息子がバスに酔って

気分が悪くなった時にも

ビニール袋やティッシュが”サッ”て出てくるし

 

「なんて 気が利くの!!」

ってもう感動です。

 

でも、家に伺って気付いたのは、

娘さんに対しては

 

「子供ならしょうがないよな~」

 

っていうような、歩き方のことや、

物の渡し方なんか

細かく注意してるんです。

 

こんなによく気の付くママなのに...

お話をしていると

いろんなことで自分のことを責めてるのかな?

ってところが...

例えば、

ご近所に、子供の遊ぶ声で

文句言ってくる人がいたり

そんなことでも

自分の責任にしてしまったり。

 

そのママ自身がストレスを抱えて、

自分自身を解放できていないような

気がしました。

 

結果、その影響が娘さんにも

及んでいたように思います。

もっとダメなママになればいいのに

私みたいに...

 

この女の子の場合、

一見加害者的な立場のように思いますけど

実は違います。

 

いつも、そんな感じで

まわりの子に危害を加えてるので

何かあれば、その女の子のせいにされる

なんてことも...

 

子供たちって遊んでると、

チョットしたことで

身体があたってこけちゃったり

あるじゃないですか?

そんなとき相手が誰か分からないのに

「あの子にやられたーっ」って

泣く子まで出てきて

 

他のママたちも何かあれば、

「また、あの子にやられたの?」って

思わず言ってしまう

 

実は私もその一人で...

 

ある時「ハッ!」っとして

「なんてこと、子供に言ってたんだろう!」って

 

チョット怖くなって

先生に相談したこともありました。

 

そんなふうでしたから

結局、その子も

仲間外れ的な状況があったり

辛い思いをしたと思います。

 

何が言いたいかというと...

 

 

とにかく、

意地悪する子

意地悪される子

 

どちらも同じ要素を持っているってこと

そういう子供たちは

ストレスを抱えているということ

 

意地悪する子は、

意地悪することでストレスを発散します。

意地悪される子は、

ストレスを抱えているので

それを跳ね除けるエネルギーが

ないのではないでしょうか?

 

そして、その原因はママ

自分を解放できず、

ママ自身がストレスを抱えている。

 

そう考えて見ると

普通、みんながやりそうな対処方法が

ずいぶんズレてる気がしませんか?

 

あなたが、出来ることは

やった、やられた どちらにしても

優先すべきことは、

相手に謝ることでも、

文句言うことでもありません。

 

もちろん、それも必要がなんでしょう。

 

でも本当に大切なのは...

 

あなたのお子さんが、

小さな心を痛めていることに

気が付いてあげること

 

そして、寄り添ってあげること

 

同時にあなた自身の心の状態に目を向けて、

 

あなた自身の気持ちに寄り添って、

心を解放してあげて欲しいんです。

 

今まで積み上げて来たものです

 

一度にクリアになることはありません。

 

心のケアに関しては

最近いろんな本も出ています。

先ずは、そういう本を一冊、

是非、手に取ってみてください。

 

そこから初めてみてはどうでしょう?

 

まとめ

 

意地悪な言動をする子は

ストレスを抱えている可能性がある。

ママのストレスが子供に

大きな影響を与える。

ママがしっかりし過ぎたり、

頑張りすぎると、子供はストレス

意地悪する子も、意地悪される子も、

同じものを持っている。

子供の心に気付いて寄り添ってあげて

ママ自身の心のケア、これが一番大切

 

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*