保育参観のねらいとは?共働き夫婦は行ったほうがいい3つの理由

保育園や幼稚園に通っている我が子が

園でどのように過ごしているのか気になりますよね。

 

保育参観では、乳児の時は食事やトイレ、お昼寝など

普段の生活や幼児になるとお友達と仲良くしているか

団体行動が出来ているかなど

家で見られない子供の顔を見ることが出来ます。

 

園の先生達は子供の普段の生活を見て欲しい、そして成長を感じ取って欲しいというのがねらいです。

 

また、先生やお友達との関わりを見てパパやママに安心して

子供を預けて欲しいという気持ちもあります。

 

特に働いているママにとっては、昼間子供と接する時間が少なくて自分の子供のこながら


【スポンサーリンク】

よく分からないと思っている人も多いはず。

 

そんな中で、普段見れない子供の成長を見ることが出来るのは嬉しいこと。

 

私もそんなママの1人です。

 

そんなママの不安や心配も保育参観で解決出来るかも!?

 

保育参観のメリット

(1)子供の成長が見られる

家では見られない違う一面が見れる可能性も。

友達との接し方や幼児になると協調性が、親としては気になるところです。

 

私の息子は、家では怖くてトイレに座ることが出来なかったのですが、

保育園の  トイレでは楽しそうに座っていました。

家では危ないからと使わせていなかった はさみは、いつの間にか使えるようになっていました。

 

また、仲良しのお友達と遊んでいる姿や先生との手遊びなど

家では一人で出来ないこともみんなと一緒なら出来る効果を感じました。

 

(2)園の環境をゆっくり見れる

特に初めて通わせる場合は、部屋の中や物の配置を見るだけでも

園の教育方針が伝わります。

 

私が子供達を通わせていた保育園では、玄関に絵本のコーナーがあり

年齢別に   お勧めの本が置いてあります。

ミニテーブルとイスもあり、お迎えの時などに一緒に読むことも出来ます。

 

(3)先生や他の保護者と情報交換が出来る

 送り迎えの時に先生と体調のことや、今日あったことの報告を受けますが

 仕事の出勤前は時間もあまり取れません。

 

特に保育園ではシフト制であり担任の先生と毎日会えないこともあります。

保育参観などで先生と子供達の関わりを実際に見ることで、先生との信頼関係もでき

コミュニケーションが取りやすくなります。


【スポンサーリンク】

 

子供が仲良くしているママと話すことで情報交換も出来ます。

  

特に私が住んでいる地域は、小学校上がる前に1年間幼稚園に通わせる事があ

幼稚園児を受け入れてくれる学童を探すのが大変でしたが

もともと地元ではない私は、知り合いがいなかったので助かりました。

 

保育参観に参加しよう

普段は忙しくて子供とゆっくり接することが出来なくても保育園の先生から

「今日自分でスプーンを持って食べてましたよ」とか

「オマルに座ることが出来ましたよ」と教えてもらったのが嬉かったです。

 

 

子供の成長はあっという間。

 

私の子供たちも0歳児から保育園に入っていましたが

食事やトイレがいつの間にか出来るようになっていました。

 

2人とも保育園でオムツを外すトレーニングをしてもらい

自宅ではほとんど何もせずにいつの間にかパンツになっていました。

 

保育参観の時はコッソリトイレに座る息子を見てニヤッとしてました。

なので、私は2児のママでありながらオムツの外し方が分かりません(笑)

 

子供の得意なところを伸ばそう!

子供の性格もそれぞれであるように、好きな遊びや得意なものがあります。

息子は手先が器用で細かい作業も得意でした。

 

また、覚えるのが得意で人の名前は1度で覚えられる程でした。

これが勉強にも役立っていると思います。

 

下の娘はおしゃべりで体を動かすことが大好きですが、覚えるのは苦手・・・

でも保母さんのマネや私の仕事のマネは上手でした。

 

園での生活が遊びや興味の幅を広げ好奇心にも繋がっています。

保育園での生活があってこそ、今の子供達の生活と性格があるのだと思っています。

ぜひ保育参観に参加して今しか出来ない子供の成長を感じましょう!

(ももまる)

 

 

関連記事

仕事と育児の両立にはどうする? ①育児はこれが大事
子育てしながらの共働き。 仕事に育児に家事もして。 育児の面でのお付き合いに関しては パパよりもママのほうが ...

 

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*