断乳予定のママ必見!乳腺炎にならないための予防法3つ

乳腺炎にかかると辛いよ・・・辛すぎる・・・!

ある朝目覚めていつもの授乳の時間

おっぱいを吸われると急激な痛みが

 

いでででててで

なんだろうこれ・・・

もしかして乳がん?と思い

病院に行くと

 

「乳腺炎ですね」

と言われました。

 

乳腺炎?なんだそりゃ?

136083


【スポンサーリンク】

このとき私はまだ乳腺炎の本当の恐ろしさを

知りませんでした。

 

朝は授乳中以外はそれほどでもなかった痛みが

夜になると眠れないほどの痛みが走る。


自分のことだけでも精一杯なのに

熱が出ていても家に居るのは私一人。

赤ちゃんのことを見なければならなかったのも辛い。

 

授乳中でもとにかく痛い。

胸がズキズキする。

飲んでもらわないと治らないのはわかっているけど、飲まれている間も痛い。

授乳している限り、子供の悪影響を考え、薬は服用できませんでした。

 

4日ほどたってようやく乳腺炎が治まり

ほっとしたのも束の間

 

今度は再発の不安にさいなまれることに。

一度かかってしまうと3日にまた再発

またか…と、やりきれない思いになり、泣いたことも多々ありました。

 

何度もかかかる中で、乳腺炎になりそうな予兆がわかれば良いのですが

始まるのはいつも突然

 

大丈夫なのか?いつくるか?

ヒヤヒヤハラハラしながら過ごす不安もありました。

 

断乳のつもりでしたが、乳腺炎になり

一旦中断。また吸わせるハメに。

 

こんな不安や激痛の痛みにならないためにも

乳腺炎の予防法を知っておくべきだとおもいます。

そこで今回は乳腺炎の予防法について書きました。

 

 

乳腺炎の予防法って何をすればいいの?

乳腺炎になる原因は2つ。

1つめは乳腺という母乳をつくるとこから乳首へ送るホースのような管に

母乳がたまってしまい詰まって炎症を起こす場合と

2つめは赤ちゃんなどから細菌が混じって炎症を起こしてしまうパターン

 

ですので断乳する際、乳腺炎になりやすい原因は

前者の詰まって炎症を起こすパターンになります。

 

そこで予防策は

・赤ちゃんが飲まないかわりに搾乳をする

・葛根湯の摂取

・食生活の改善

 

この3つが効果的です。

葛根湯は乳腺の血流、つまりホースの流れをよくしてくれる効果がありますので

断乳する際に摂取しておくことをおすすめします。

葛根湯について詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

授乳中の風邪で辛いママへ答えます!葛根湯の効果と服用の仕方
10ヶ月間の妊娠生活から、 陣痛の痛みを乗り越え出産。 そして次に待っているのが授乳。 特に出産後の授乳や不規則な授乳で ...

 

つぎに食生活の改善策について述べていきます。

 

ファーストフード・デザート系は基本NG

9396282a0476516b6af901dba9e9e4de_s

これもNG


【スポンサーリンク】

300c955538772721694df616caaebaa5_s

これもNG

3aaaa24d92874eabd60c312083bd76c1_s

これも・・・

 

唐揚げ、天ぷら、ポテトチップス、ピザ

などの脂質・塩分の高い食材に加え炭水化物のとりすぎも

血流をドロドロにしてしまうので控えたほうがいいです。

 

 

2872f4ca626ce516564c476c280c8a74_s

「そんなのいやァァー!」

 

 

と思う気持ちもわかりますが授乳中は

子供への健康も影響しますので我慢我慢・・・。

 

バランスのよい食事にするには和食がおすすめです。

和食の一汁三菜、ご飯と汁物、煮物、焼き魚にサラダが理想的なメニューになります。

 

しかし、毎日一汁三菜、理想的なメニューをとるのは手間もかかるし

何のメニューをつくろうか考えるのもめんどくさいですよね

 

そこで最近は献立を考えてくれるサイトも増えてきていますので

利用してみてはいかがでしょうか?

こちらのサイトは「高血圧予防」といった

病気予防のメニューの提案や目安の調理時間も書いてくれているので

健康によくてぱぱっと作れるメニューを簡単に作ることができます。

ohganic

 

 

 

無理なくすすめる慣らしが大事

いかがだったでしょうか?

乳腺炎の予防策の中でも

特に食生活の改善についてまとめてみました。

 

今までポテチが大好きでそんなこと急に言われてもやめられない!

そういった方もいるでしょう。

 

そういう方は一気になくすやり方ではなくて

徐々に減らしていくのはどうでしょうか?

 

一日一袋のポテチを二日で二袋にしておく。

今までの献立の中で加えて一品作る。

一週間、二週間続けられたらまた数を減らしていく

そういった工夫をしていくことでストレスがかかること

なく食生活を改善することができます。

 

これは登山と同じで体の「慣らし」が必要になります。

登山初めての人が一気に山頂を駆け上がると「高山病」という

酸素が薄くなる高度の環境に体がついていけなくなることで

かかる病気にかかってしまいます。

 

そのために2,3合目になったら休憩。ストレッチや深呼吸で体をほぐしていく

といった慣らしが必要となっていくのです。

 

 

断乳3日でなってしまった乳腺炎の場合

 

あるママが断乳を決意しました。

食生活に気をつけていたのに、

痛いところを押すと、

血の混ざった膿がでてきました 泣)

これを見て、出せるだけの母乳は出しました。

気をつけていても、

ママの体質が関係してしまうケースがあります。

 

そしてこのように化膿している場合は

セルフケアだけに頼らずに

助産院や母乳外来などを受診する選択もあります。

乳腺炎の処置をしてくれるだけでなく、

受診中、断乳、そして離乳食のことなど、

あなたの普段かかえている悩みを相談することもできます。

 

 

まずは自分のできそうな事から始めてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

断乳の時期の目安はいつ?赤ちゃんにもストレスのかからない進め方
赤ちゃんとお母さんの、二人の静かな時間…。 初めて赤ちゃんにおっぱいをあげた時は 感動もひとしおだったのではないでしょう...

 


【スポンサーリンク】

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*